治験コーディネーター 転職 薬剤師 未経験

Pick up news !!

治験コーディネーターへの転職、薬剤師からなれる?未経験は?

「治験コーディネーターへの転職!【※薬剤師からなれる?未経験は?】」がイメージ出来る画像01

 

薬剤師が活躍する仕事の中で治験コーディネーターと言う仕事があります。新薬を開発する為の治験をサポートする仕事なのですが、専門的な知識が必要で、未経験で転職するにはハードルが高いイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?

 

今回は薬剤師の資格を持っていれば転職することが出来る、治験コーディネーターについてまとめてみました。

治験コーディネーターの仕事内容は?
治験コーディネーターって未経験でも大丈夫?
治験コーディネーターになるには資格や経験が必要?
薬剤師から治験コーディネーターになる為の近道は?
薬剤師から治験コーディネーターへの転職、メリットとデメリットは?

薬剤師の中には単調な調剤作業にうんざりしていたり、職場の人間関係に悩んでいたり、給料や休日に不満があったりと今の職場で良いのだろうかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

もしあなたも今現在転職を考えていて、治験コーディネーターと言う仕事に少しでも興味があると言う事なら、是非参考にして貰えればと思います。


治験コーディネーターへの転職は未経験でも可能?

求人などでたまに見かける治験コーディネーターの仕事。調剤や服薬指導とは全く異なった職種で、興味を持っていても自分に出来るのだろうかと、尻込みをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

まずは、この治験コーディネーターの仕事についてや、未経験でも採用されるのか?について説明していきます。

治験コーディネーター(CRA)とは?

治験とは新薬の開発の際の最後の段階で、その有効性や安全性を人を対象に行う試験のことで、治験コーディネーターCRC(Clinical Research Coordinator)は患者さんや医師、臨床開発モニターなど治験に関わる人たちや依頼主である製薬会社と連携をとり、治験業務が円滑に進むようにサポートする仕事です。

 

具体的な業務は

治験に参加する患者さんへの説明やサポート
治験資材の確認
症例報告書(CRF)の作成補助
医師が作成した症例報告書のチェック
有害事象への対応
検査データの収集および管理

などがあります。

 

治験コーディネーター(CRC)には、

治験支援機関である”SMO企業に所属する治験コーディネーター”として医療機関へ派遣される形
医療機関に看護師や臨床検査技師、薬剤師として所属し、治験コーディネーター業務を行う「院内CRC」

があります。

 

治験コーディネーターは未経験でも転職可能?

主に看護師、臨床検査技師、薬剤師といった医療系資格や病院での臨床経験を持っている方がその知識を生かして活躍していますが、必ず看護師や薬剤師といった国家資格がいるかというとそうではありません。

 

しかし仕事の性質上医療の知識がない人が採用される事は無く募集要項にも「薬剤師・看護師資格を持っている」「社会人経験が何年以上」といった応募資格を設けている所がほとんどです。

 

実際に≪マイナビ薬剤師≫で治験コーディネーターの求人を調べると・・・

株式会社綜合臨床サイエンス
【未経験者歓迎!】 
医薬品などの治験支援を実施する会社(SMO)です。

 

【仕事概要】
■医薬品の臨床試験支援業務を行っていただきます。

 

【業務内容】
■担当する治験に関する業務フローの作成
■被験者の来院日時の調整、検査スケジュールの確認
■治験依頼者への報告 など

 

【応募条件】
■専門学校卒以上
■看護師、准看護師、薬剤師、臨床検査技師いずれかの資格を持っている方
■普通自動車運転資格
■年収 381万円〜388万円 程度
■就業時間 9時00分〜17時30分 09時00分〜17時30分(休憩60分)
CRCはフレックスタイム制を適用しているので、始業時間が早い医療施設を担当する場合は終業も早くしたり、土曜出勤の可能性もあります。

 

このように応募条件が「看護師、准看護師、薬剤師、臨床検査技師いずれかの資格を持っている方」となっています。

 

また、≪マイナビ薬剤師≫の求人検索で「治験コーディネーター」「未経験者も応募可能」にチェックを入れて検索すると、「未経験者歓迎」「未経験者のフォロー体制が整っています」という求人がたくさん出てくるので、薬剤師の資格を持っていれば病院などでの臨床経験がなく、未経験でも転職する事が可能です。

治験コーディネーターになるには資格や経験が必要?

治験コーディネーターになるための「治験コーディネーター資格」といったものは無く、基本的に資格は必要ありません。『看護師』『薬剤師』『臨床検査技師』の資格を持っていれば、未経験でも治験コーディネーターに転職することが出来ます。

 

他には治験コーディネーターになる為の必須の資格では無いのですが、治験コーディネーターの資質を保持したりスキルを磨く為、学会や業界団体が実施しているCRC認定資格がいくつかあります。

治験コーディネーターの為の資格まとめ!

日本SMO協会 公認CRC

 

【受験資格】
・日本SMO協会が定める導入教育研修を修了している。
・導入教育研修修了日より、2年以上の実務経験が必要。
【受験料】10,000円
【受験日】年1回
2005年から実施された「公認CRC試験」で現在最も多く取得されています。第5回目である2009年には合格者が1700名以上と着実に増え続けている資格試験です。

 

日本臨床薬理学会認定CRC

 

【受験資格】
・専任CRCとして2年以上の実務経験があること
・CRCとしての活動実績を所属長や責任医師が証明できる事
・学会が指定しているCRC研修会、会議、学術総会に参加している
【受験料】20,000円
【受験日】年1回
2003年から実施された認定試験でCRC認定試験の中で最も取得が難しい資格と言われています。歴史と権威のある日本臨床薬理学会が実施しており、多くのCRCが目指す資格です。

 

SMONAのCRC試験(協同組合 臨床開発支援ネットワーク)

 

【受験資格】
・1年6ヶ月以上のCRC経験が必要
・SMONAが実施している基礎講習を受講していること。
・SMO(治験施設支援機関)各社毎に実施している自社内研修を修了していること。
SMONAは行政庁より、唯一の協同組合として設立が認可された法人です。比較的ハードルが低くCRC入門者向けの資格であるといえます。1年に1回、10人程度、CRCがSMONAが提携している米国SMOの研修カリキュラムに参加する事が出来ます。

 

これらは治験コーディネーターの必須資格ではありませんが、取得を昇進の条件にしたり、資格手当がついたりすることがあるので、治験コーディネーターを目指すなら持っておいても損はない資格です。

 

CRC認定資格を持つ薬剤師はまだまだ少ないので、薬の専門家である薬剤師は治験にとって欠かせず重宝される役割となるでしょう。

薬剤師から治験コーディネーターになる為の近道は?

治験コーディネーターに転職するには、一般的に薬剤師の国家資格を取得後、病院や調剤薬局、製薬会社などで経験を積み、20代後半〜30代の間に治験コーディネーターへと転職する方が多いのが現状です。

 

中には薬学部で勉強をする中で治験コーディネーターに興味を持ち、資格取得後そのままCRCとして働く方もいます。治験コーディネーターの求人は調剤薬局やドラッグストア、病院などに比べ求人数は少なく、一般のハローワークや求人誌では見付けにくくなっています。

 

ですので求人を探す際は≪薬剤師専門の転職サイト≫などを活用する事がおすすめで、実際に≪薬剤師専門の転職サイト≫の≪マイナビ薬剤師≫で探してみると、治験コーディネーターの求人が50件以上ありました。

 

これは一般には公開されていない好条件の非公開求人は含まれておらず、無料で登録するともっとたくさんの求人を見る事が出来ますし、コンサルタントにも相談できるため、より良い条件の求人を早く見付ける事が出来ます。

薬剤師から治験コーディネーターへの転職、メリットとデメリットは?

治験コーディネーターの仕事は一般的な薬剤師の仕事である調剤や服薬指導などとは全く異なり、治験がうまく進むようにサポートする”縁の下の力持ち”といった役割の仕事です。

 

そこで、薬剤師が治験コーディネーターとして働くメリットとデメリットをまとめてみました。

治験コーディネーターとして働くメリット、デメリットは?

メリット

 

やりがいのある仕事

新薬の開発に関わる事の出来るやりがいのある仕事です。担当の治験がスムーズに進行したり、自分の関わった治験の新薬が発売されたときにはかなりの達成感を得られます。

 

視野を広げる事が出来る

薬剤師の仕事は院内の狭い範囲での仕事になりがちですが、治験コーディネーターは医療機関の医師や看護師、製薬会社の担当者や関係者と多くの人とコミュニケーションを取ります。多くの人と関わる事によって視野が広がり、人間的にも成長することが出来ます。

 

土日休める

治験コーディネーターの仕事は基本的に土日休みの週休二日で固定給が取れ、育児中の女性も多く、家事との両立もしやすい職種です。また、ゴールデンウィークや年末年始などカレンダー通りに休みが取りやすいです。

 

体力的な負担が少ない

調剤薬局や病院は立ち仕事で意外とハードワークですが、治験のサポート業務以外は事務仕事が多く、体力的にも負担が少ない職業です。

 

デメリット

 

医療行為がない

治験コーディネーターは、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの有資格者が活躍していますが、調剤や医療行為を行う事も無く、薬剤師のスキルが衰えてしまう事もあります。

 

精神的なストレス

被験者のスケジュール管理や医師、看護師とのコミュニケーションなど板挟みになる事も多く、全体的なサポートをしなければいけないという精神的なストレスを抱えています。コミュニケーションが苦手な方にはつらい仕事になるかもしれません。

 

勤務時間が長い時がある

書類作成や事務作業など効率よく作業をこなせないと残業も多くなったり、勤務地や治験の内容によっては早く出勤する必要があるので、勤務時間が長くなる場合があります。

 

勤務地が選べない

SMO企業の治験コーディネーターの場合担当する施設が自分で選べない為、遠方に通ったりしなければいけない時があります。

 

 

 

薬剤師は未経験でも治験コーディネーターに転職出来ると言う事が、今回まとめた記事によりご理解頂けたのではないかと思います。

 

多くの会社が未経験でも応募可能という求人を提示していますし、中には未経験のサポート体制がしっかり整っている所があり、一から教育してくれます。

 

薬剤師として今の職場に不満があったり、デスクワークがしたい、給料を上げたい、もっとキャリアアップしたいと考えているなら治験コーディネーターの仕事にチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

治験コーディネーターへの転職!【※薬剤師からなれる?未経験は?】関連ページ

転職成功への12のポイント!
薬剤師の転職に関して、失敗しない為の方法や、成功する為に必要な事などをご紹介しています。特に転職未経験の場合は、思わぬ所で入職後公開する事もあるので、是非一度目を通して頂き、転職や復職活動をする前に
薬剤師の転職とハローワーク
薬剤師の転職方法として、求人広告を見たり、ネットで検索したりする他に、地域のハローワークで探すと言う方法もあります。ただ、初めての転職の場合は、どこで探せばいいのか迷ってしまいます。そこで当記事では薬剤師の転職とハローワークについてをまとめてみました。
高収入の求人を見つける方法
薬剤師が転職する際に考える条件として、優先順位が高いのは高収入、好条件ではないかと思います。ただ、普通に探しても中々希望に沿った高収入の求人案件は見つかりません。そこで当記事では、高収入求人を見つけるコツやポイントをお伝えしていきます。もし近い将来転職をする予定があるなら、是非一度チェックしておいて下さいね。
お祝い金が貰える仕組みは?
薬剤師の転職で、転職求人サービスを利用するとお祝い金が貰える場合もあります。今回は、このお祝い金や転職支援金について、何故貰えるのか?などの仕組みと、お祝い金が実際に貰えるサービスについてまとめてみました。今後転職を考えている薬剤師さんは目を通しておかないと損をするかも!?
調剤未経験40代の転職
40代の薬剤師でもOTCしか経験がなければ、調剤は未経験となり、転職についても不安になってしまいます。今回は、調剤未経験の40代薬剤師の求人や転職についてまとめてみました。転職前に心がけたい事や、求人の有無についてご紹介していますので、同じような状況の薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
薬剤師の企業への転職まとめ!
薬剤師の転職先や就職先としては、様々な業種がありますが、今回は企業への転職についてをまとめてみました。福利厚生がしっかりしていて、土日祝も休めるイメージが強い企業への転職ですが、そのメリットやデメリット、実際に求人はあるのか?など、よくある疑問と回答をまとめましたので、今後企業への転職を考えているなら、是非一度目を通しておいて下さいね!
薬剤師のデスクワーク求人!
薬剤師の仕事は立ちっぱなしの所も多く、腰痛持ちの人や、立ち仕事が苦手な人からすると、デスクワーク、いわゆる座ったまま出来る仕事を探している薬剤師も少なくありません。そこで今回は薬剤師の職種の中でも、デスクワークに特化して、求人の探し方や募集要項についてまとめてみました。今後転職を考えていて、デスクワークの仕事に興味があるようでしたら、是非参考にしてもらえればと思います。
転職サイトは複数登録すべき?
薬剤師が転職する際に利用するものと言えば、コンビニで購入する事が出来る紙媒体のフロムAや、DODA、ハローワークなどが有名ですが、最近はネットから薬剤師転職求人サイトを利用する人も増えてきています。ただ、この薬剤師転職求人サイトですが、『複数に登録する方が良い求人が見つかる!』と言う噂を良く耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?今回はそんな薬剤師転職サイトの複数登録について、メリットやデメリットをまとめてみました。
臨床開発モニターへの転職
薬剤師の活躍場所として、臨床開発モニターが挙げられますが、この臨床開発モニターの詳しい仕事内容や年収などについてはあまり知らない人も多いかもしれません。そこで今回はこの臨床開発モニターのやりがいやメリット、デメリット、年収や月収に関してまとめましたので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。臨床開発モニターは未経験でも転職出来るのか?など気になる情報も併せてまとめてみました。
新人薬剤師の転職と退職
新人薬剤師でも様々な理由により退職を考えてしまいます。しかし、新人と言う事もあり、転職出来るのか?また退職した後、再就職するのに苦労しないのか?などは気になる所ではないでしょうか。そこで今回は新人薬剤師の転職と退職に関してまとめてみました。今現在転職や退職を考えている新人薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
新卒向けの就職先&転職先!
新卒で入職予定の薬学生や、新卒で入職した薬剤師にとって、「自分にあった就職先や転職先」を見つける事が、プライベートの充実にもつながります。そう考えると、あまり勉強してこなかった所や、新卒薬剤師には難しい所で働くよりも、自分にあった働き先を見つけたいと考えるのが一般的です。そこで今回は新卒薬剤師にオススメの就職先や、今現在の職場が合わないと感じている薬剤師の転職先をまとめてみました。オススメの理由なども記載しているので、是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師1年目での転職はOK?
薬剤師1年目の新人薬剤師でも、様々な理由で辞めたいと感じてしまいます。そんな時、転職するのは業界的にOKなのでしょうか?また辞めたいと思ってしまった場合、どのように対処するのが良いでしょうか?今回はこちらに関してまとめてみました。今現在新人薬剤師として働いて1年目で、退職や転職を考えていると言う人は是非チェックしてみてくださいね。
3年目での転職と退職まとめ!
薬剤師3年目ともなると、業務になれてきて余裕がでるものの、マンネリ化や昇給しない事から転職や退職を考える人も少なくありません。今回は薬剤師3年目で辞めたくなる理由とその対処法、更に転職や退職する事でのメリットやデメリットなどもまとめておりますので、今現在3年目で職場に不満や不安を抱えているなら、是非積極的にチェックしてみてくださいね!
調剤薬局から病院への転職
薬剤師としてのスキルアップを目指したり、医療への参画の為に調剤薬局から病院へ転職を希望する薬剤師が増えています。調剤薬局と病院では仕事内容や勤務体制、給料などが異なります。その違いや、転職の際に準備すべき事、転職に失敗しない為にしておくことなどを紹介しています。
病院からドラックストアへの転職
病院薬剤師からドラックストアへの転職は様々なメリットやデメリットがあります。転職で失敗しない為に必要な事とは?病院薬剤師とドラッグストアの仕事内容の違いや給料、やりがいについて紹介しているので転職の際は是非参考にして下さい。
失敗しない転職方法!
薬剤師は様々な理由で転職を考えます。しかし転職先でも同じような失敗を繰り返すと言った薬剤師も少なくありません。せっかく転職をするのならより良い職場で働きたいですよね。ここでは薬剤師の転職の失敗例や転職に失敗しない為に知っておきたい事を紹介しています。
大手チェーンの給料やメリット
薬剤師の大手チェーンへの転職は研修やサポート体制によって薬剤師としてのスキルを磨くと言うメリットもありますし、将来的な安定と言うメリットもあります。しかし給料が下がる場合もありデメリットがあるのも事実です。大手チェーンへ転職するメリット・デメリット、給料などについて紹介しています。
薬剤師の転職事情と最新状況
薬剤師はその国家資格から転職しやすい職業です。現在でも数多くの薬剤師が転職を考えています。そんな薬剤師の転職の最新事情やその状況はどうなっているのでしょう。薬剤師が転職を考える事情や職種別の募集状況など詳しくまとめています。
薬剤師の転職の流れ
転職したい!と考える薬剤師はたくさんいます。しかしいざ転職と考えても何から始めたらいいの?と悩む人も多いと思います。そんな方の為に円満に退職するコツや転職までの流れ、転職支援サービスを受ける流れをまとめていますので是非参考にしてみて下さい。
年収アップのコツ!1000万への道
薬剤師として働いていたら、一度は転職して年収アップしたいと考えるのではないでしょうか。また、年収1000万稼ぎたいと考える人もたくさんいます。そこで転職して年収アップする為のコツや年収1000万稼ぐための方法など詳しく紹介しています。転職して年収アップを考えている人は是非参考にしてみて下さい。
調剤未経験の転職
調剤未経験での転職は仕事についていけるのか?採用されにくいのではないか?といったような不安がつきものです。そこで調剤未経験での転職で良くある疑問やおすすめの転職先、上手な転職先の探し方などを紹介します。調剤未経験で転職をためらっている方は是非参考にしてみて下さい。
転職回数が多いと不利?
薬剤師の転職や求人に関する役に立つ情報を随時紹介して行きます!転職にはハローワークか求人サイトどちらが良いか?また転職サイトの比較や、高収入の求人情報を得る方法などを紹介していきます。今現在職場に不満を抱いている薬剤師は是非チェックしてくださいね!
採用される薬剤師
薬剤師は転職しやすい職業と言われていますが、最近は薬剤師飽和などと言われ、転職活動を行っても不採用になる薬剤師もたくさんいます。転職で採用されやすい面接のコツや不採用になる薬剤師の特徴などについて記事をまとめました。これから転職を考えている人は是非参考にしてみて下さい。
企業薬剤師への転職
様々な働き方がある薬剤師ですが、中でも今回は企業薬剤師にスポットをあてて紹介させて頂きます。これから企業に転職を考えている薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
ボーナス後の転職と相場
転職をする際にはボーナス後が良いといいますが、その理由や注意する点などはあるのでしょうか?今回は薬剤師のボーナスと、ボーナス後の転職に関してまとめてみました。
薬剤師の休日まとめ!
今回は薬剤師の休日に関してまとめてみました。これからずっと会社に勤める事を考えると、ずっと土日出勤がある所で働いていていいのか?土日出勤のない求人ってあるのか?は気になる所です。是非こういった場合はチェックしてみてくださいね。
保険薬局の求人や転職
今回は薬剤師の中でも”保険薬剤師”や”保険薬局”の求人に関してまとめてみました。保険薬局と調剤薬局の違い、保険薬剤師にしかできない事とは?などについて紹介していますので、もし今現在保険薬剤師や保険薬局に興味があると言う事なら是非参考にしてくださいね。
専門薬剤師の給料や転職
専門領域に特化した知識や経験を活かす事の出来る専門薬剤師について、今回は給料や手当、なる為の方法や求人などについてまとめてみました。今後専門薬剤師を目指そうと考えていたり、今現在専門薬剤師として転職を考えていると言う事なら是非チェックしてくださいね。
薬剤師の派遣まとめ!
今回は派遣薬剤師に関して、派遣という働き方のメリットとデメリット、さらに高時給求人を見つけやすいおすすめの転職サイトなどをまとめてみました。今現在派遣で働いていたり、これから派遣薬剤師として働こうと考えている方はぜひチェックしてくださいね。
薬剤師の面接まとめ!
薬剤師として転職を考えた場合、面接の際の志望動機や採用される受け答えについては悩んでしまいます。そこで今回は薬剤師の面接に特化し、志望動機の具体例や逆質問に対する回答などをまとめてみました。
薬剤師に人気の転職先!
薬剤師の転職に関して、人気のある大手企業やチェーン薬局などをまとめてみました。今後転職を考える際には、人気のある企業や薬局も検討するかと思いますので、是非参考にしてくださいね。
子育て中のベストな働き方
結婚して子供がいるママさん薬剤師にとって、子育てと仕事の両立は切っても切り離せない問題です。今回はそんなママ薬剤師におすすめの職場や働き方に関してまとめてみました。
転職にベストな時期とタイミング
転職のタイミングや人それぞれですが、自分にとって一番ベストな時期やタイミングに関して迷う人も多いのではないでしょうか?今回はそんな転職のタイミングに迷う薬剤師に役立つ内容をまとめてみました。
認定薬剤師の転職や手当!
今回は薬剤師の中でも認定薬剤師をピックアップして、平均給与や手当、求人情報の探し方などについてまとめてみました。今現在認定薬剤師の方や、これから認定薬剤師の資格を検討している方は是非参考にしてくださいね。
クリニックの年収や仕事内容は?
薬剤師の活躍する職場の一つにクリニックがあります。家庭との両立やスキルアップの為、クリニックに転職する薬剤師は多いようです。クリニックで働く薬剤師の年収や給料相場、仕事内容や高待遇の求人の探し方などをまとめています。クリニックへの転職を考えている薬剤師の方は是非参考にしてください。
転職サイトは新卒でも登録可能?
薬剤師の方が転職する時、薬剤師専門の転職サイトを活用すると言う人が増えています。そういった薬剤師専門の転職サイトは新卒や新人の薬剤師でも利用可能なのでしょうか。新卒が登録するサイト注意事項や新卒が転職サイトを活用するメリット、転職先などについて紹介しています。
薬剤師の派遣求人の探し方
薬剤師は社員や長期勤務パートとして勤めると言う方が多いですが、中には派遣や短期、単発での勤務を希望している方や求人を出している企業があります。派遣として勤務する薬剤師の仕事の探し方や短期勤務の求人、高額時給の求人を紹介しています。短期や派遣の仕事をお探しの方は是非参考にしてください。
転職相談とアドバイスについて
転職で成功するには、ちょっとしたコツや秘訣を知っておく必要があります。今回は薬剤師の転職相談やアドバイス、転職成功のコツなどをわかりやすくまとめてみました。今現在転職を考えている薬剤師の方は是非参考にしてみてくださいね。