薬剤師 転職回数 多い 不利

Pick up news !!

薬剤師の転職事情!転職回数が多いと不利になるって本当!?

「薬剤師の転職【転職回数が多いと不利になる!?】」がイメージ出来る画像01

 

薬剤師は国家資格でありますし、まだまだ人材不足である為、他の職業に比べて転職には有利といわれています。

 

今の職場に不満があるとか、結婚や出産、転職してキャリアアップしたい、など様々な理由で転職を考える薬剤師は多くいます。中には転職を繰り返して、転職回数が多い薬剤師も少なくありません。

 

一般の企業では通常転職回数が多いと「すぐ辞めてしまうのではないか」と不信感を持たれて転職には不利になってしまいがちですが、薬剤師も転職回数が多いと不利になるのでしょうか。

 

実際に転職を繰り返す時、下記のような疑問や悩みをもつ薬剤師が多いようです。

 

転職回数は何回からが多い?
転職回数が多いと転職には不利になる?
転職回数が多い時の転職活動で注意する点は?
転職回数が多くても印象を良くするには!?

 

転職しても実際に働いてみたら環境が劣悪だった・・・、転職して働いていたけど他にやりたいと思う分野が見つかった、などなど様々な理由で転職を繰り返す事があると思います。

 

そこで今回は≪薬剤師は転職回数が多いと不利になるのかどうか≫という事について記事をまとめてみました。これから転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。


薬剤師の転職回数に関する悩みや疑問まとめ!

 

薬剤師の方の中には転職を重ねてキャリアアップに成功している、という方もたくさんいます。しかし、あまりに転職回数が多いと採用されにくいのではないかと不安になりますよね。

 

薬剤師の転職回数に関する悩みや疑問に対する回答をまとめてみました。

薬剤師の転職回数に関する悩みや疑問まとめ!

転職回数は何回からが多い?

 

「薬剤師の転職【転職回数が多いと不利になる!?】」がイメージ出来る画像01

2013年のリクルートによる日本の平均転職回数の調査では、20代では転職なしが圧倒的に多いですが、30代になると転職回数1回が32%、2回が20.7%と転職する人が増えてきます。30代になると2回以上転職していると言う人が36.7%で、3人に1人は2回以上の転職歴があると言う事になります。

「薬剤師の転職【転職回数が多いと不利になる!?】」がイメージ出来る画像002

また、転職サイトリクナビ薬剤師の調査で、「転職歴は何回目ぐらいから気になりますか?」という質問に対して、企業人事の方とキャリアアドバイザーに回答を求めた所、3回が36%と一番多く、次に5回が18%という結果になりました。1回、2回は8%と少なく、気にしないという回答も11%見られ、1〜2回の転職歴はあまり気にしないと言う結果が出ています。

 

転職する年代にもよりますが、だいたい3回以上の転職歴があると「転職回数が多い」と思われる可能性が高くなります。

 

転職回数が多いとやっぱり不利?

 

日本は海外に比べて、転職回数が多い事は不利になりがちです。その理由は「すぐに辞めてしまうのではないか」という不信感を抱かれてしまう為です。

 

せっかく雇ってもすぐに辞めてしまっては、仕事を教育した分無駄になりますし、また新たに人員を雇う為に広告費などを払わなくてはいけないので、雇用側は出来るだけ長く働いて欲しいと考えています。例えば転職回数が多く、その雇用期間がどの職場も短いと、そういった不信感が大きくなります。

 

しかし、雇用期間が1〜2年以上あり、転職の理由もしっかりしていれば転職に不利になる事はありません。むしろ資格をもつ薬剤師は経験や実績を優遇されて、多少転職回数が多くても雇用側は気にしない考えても良いでしょう。

 

平成18年の厚生労働省の転職者実態調査で一般正社員の転職者を優先して採用する理由について、「特定の能力を持つ人材が欲しいから」(67.9%)、「正社員の育成の手間を省くため」(29.2%)、「一般正社員の転職者の方が定着率が高いため」(22.2%)などがあげられました。

「薬剤師の転職【転職回数が多いと不利になる!?】」がイメージ出来る画像004

更に医療・福祉関係でみると「特定の能力を持つ人材が欲しいから」が90.6%とほとんどの割合を占めており、反対に「一般正社員の転職者の方が定着率が高いため」という理由が10%と低くなっていることから医療関係の転職者はその能力により転職しやすく、転職者も多いと言う事が分かります。

 

薬剤師は資格をもち、前の職場での経験があるので、転職の際に仕事に対しての意欲があれば、転職回数が多くても不利になることはありません。

 

転職回数が増えるとどんどん雇用条件は悪くなる?

 

転職をすると前の職場より給料や雇用条件が悪くなる場合もあります。

 

平成18年の厚生労働省による転職者実態調査の一般正社員の転職者の労働条件(賃金・労働時間)の変化では、賃金が「増加した」が38.9%、「減少した」が37.0%、「変わらない」が23.7%となっています。また労働時間については「増加した」が36.0%、「変わらない」が34.7%、「減少した」が28.8%との結果が出ています。

「薬剤師の転職【転職回数が多いと不利になる!?】」がイメージ出来る画像003

この結果で、給与や労働時間について良くなったものもいれば、悪くなったものも同じくらいあり、うまく転職活動を行えば、今の職場より条件のよい職場への転職は可能になります。実際に転職を重ねてキャリアを積み、管理薬剤師やマネージャーなどの役職につき、給料が格段にアップしたと言う方もたくさんいます。

 

なんとなく転職をして、妥協してしまうと雇用条件はどんどん悪くなってしまいますが、しっかりとキャリアプランを持って転職を重ねれば、より良い条件で転職することは可能です。

転職回数が多くても不利にならない!上手な転職の仕方とは?

「転職回数が多くても不利にならない!上手な転職の仕方とは?」がイメージ出来る画像003

 

薬剤師はその資格から転職しやすく、転職回数が多くてもあまり不利にはならない事が分かりましたが、やはり転職時の印象では失敗する事もあります。

 

そこで転職回数が多くても失敗しない上手な転職の仕方を紹介したいと思います。

転職回数が多くても不利にならない転職の仕方!

薬剤師飽和などど言われていますが、まだまだ薬剤師は売り手市場です。経験のある薬剤師を獲得したいと考える薬局や病院、企業などはたくさんあります。

 

一般の企業だと転職回数が多いと不利になりがちですが、薬剤師はその資格でよほどの理由や印象の悪さが無い限り、転職回数はあまり重視されません。

 

それでもやはり、同じ雇うなら転職回数が少ない方が長く働いてもらえるのでは?という気持ちを面接官に抱かせてしまう可能性もあります。転職回数が多い方はポイントを押さえて上手に転職活動を行いましょう。

 

転職回数が多いからとネガティブにならない

転職回数が多い事を自分自身でネガティブに捉えてしまうと、面接官や転職先の雇用主にも悪い印象を与えてしまいます。

 

転職回数=経験や実績とポジティブにとらえて、自分はどんな事を経験してきたか、その経験を生かして転職先でどのように働けるかをアピールすることが重要です。

 

離職理由の受け答えをしっかりと考えておく

転職回数が多いと、離職理由を詳しく聞かれることがあります。その際、どのように聞かれても大丈夫なように、ネガティブに捉えられないような離職理由を考えておきましょう。

 

例えば離職理由が人間関係のトラブルや会社に対する不満であったとしても、そのまま伝えては悪い印象を与えてしまいます。離職理由は「キャリアアップを考えて」「違う分野への興味」「もっと勉強出来る環境を目指して転職」など、将来へつながるような理由の方がよい印象与えます。

 

転職の際は離職理由を聞かれてもしっかりと答えられるように、考えておきましょう。

 

自分のキャリアプランを明確にしておく

雇用側は転職回数よりもこの会社で長年働いてくれるか、仕事をする上で有用な人間か、と言う事を見ています。そして、自分自身も何となく不満があるからと転職をくりかえしていては、経験も身に付きませんし、将来へつながる転職をする事が出来ません。

 

自分自身がどのような薬剤師になりたいか、どのくらい収入を得て、どのような仕事がしたいかはっきりとしたキャリアプランを立てる事が大切です。そのように明確な意思があれば、転職回数が多くても、しっかりとした薬剤師で仕事に対しても熱心であるという印象を与える事が出来ます。

 

 

 

転職回数が多い薬剤師の方でもうまく離職理由や転職先でどのように自分の経験が生かせるかをアピールできれば、転職も不利になる事はありません。

 

転職の際は、転職サイトのキャリアコンサルタントに離職理由の上手な伝え方を相談してみるのもよいでしょう。

 

転職回数が多くても、どんどんキャリアアップしている薬剤師はたくさんいます。ネガティブにならず、自分の強みに変えて良い転職先を見つけて下さい。


薬剤師の転職事情!【※転職回数が多いと不利になるって本当!?】関連ページ

転職成功への12のポイント!
薬剤師の転職に関して、失敗しない為の方法や、成功する為に必要な事などをご紹介しています。特に転職未経験の場合は、思わぬ所で入職後公開する事もあるので、是非一度目を通して頂き、転職や復職活動をする前に
薬剤師の転職とハローワーク
薬剤師の転職方法として、求人広告を見たり、ネットで検索したりする他に、地域のハローワークで探すと言う方法もあります。ただ、初めての転職の場合は、どこで探せばいいのか迷ってしまいます。そこで当記事では薬剤師の転職とハローワークについてをまとめてみました。
高収入の求人を見つける方法
薬剤師が転職する際に考える条件として、優先順位が高いのは高収入、好条件ではないかと思います。ただ、普通に探しても中々希望に沿った高収入の求人案件は見つかりません。そこで当記事では、高収入求人を見つけるコツやポイントをお伝えしていきます。もし近い将来転職をする予定があるなら、是非一度チェックしておいて下さいね。
お祝い金が貰える仕組みは?
薬剤師の転職で、転職求人サービスを利用するとお祝い金が貰える場合もあります。今回は、このお祝い金や転職支援金について、何故貰えるのか?などの仕組みと、お祝い金が実際に貰えるサービスについてまとめてみました。今後転職を考えている薬剤師さんは目を通しておかないと損をするかも!?
調剤未経験40代の転職
40代の薬剤師でもOTCしか経験がなければ、調剤は未経験となり、転職についても不安になってしまいます。今回は、調剤未経験の40代薬剤師の求人や転職についてまとめてみました。転職前に心がけたい事や、求人の有無についてご紹介していますので、同じような状況の薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
薬剤師の企業への転職まとめ!
薬剤師の転職先や就職先としては、様々な業種がありますが、今回は企業への転職についてをまとめてみました。福利厚生がしっかりしていて、土日祝も休めるイメージが強い企業への転職ですが、そのメリットやデメリット、実際に求人はあるのか?など、よくある疑問と回答をまとめましたので、今後企業への転職を考えているなら、是非一度目を通しておいて下さいね!
薬剤師のデスクワーク求人!
薬剤師の仕事は立ちっぱなしの所も多く、腰痛持ちの人や、立ち仕事が苦手な人からすると、デスクワーク、いわゆる座ったまま出来る仕事を探している薬剤師も少なくありません。そこで今回は薬剤師の職種の中でも、デスクワークに特化して、求人の探し方や募集要項についてまとめてみました。今後転職を考えていて、デスクワークの仕事に興味があるようでしたら、是非参考にしてもらえればと思います。
転職サイトは複数登録すべき?
薬剤師が転職する際に利用するものと言えば、コンビニで購入する事が出来る紙媒体のフロムAや、DODA、ハローワークなどが有名ですが、最近はネットから薬剤師転職求人サイトを利用する人も増えてきています。ただ、この薬剤師転職求人サイトですが、『複数に登録する方が良い求人が見つかる!』と言う噂を良く耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?今回はそんな薬剤師転職サイトの複数登録について、メリットやデメリットをまとめてみました。
臨床開発モニターへの転職
薬剤師の活躍場所として、臨床開発モニターが挙げられますが、この臨床開発モニターの詳しい仕事内容や年収などについてはあまり知らない人も多いかもしれません。そこで今回はこの臨床開発モニターのやりがいやメリット、デメリット、年収や月収に関してまとめましたので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。臨床開発モニターは未経験でも転職出来るのか?など気になる情報も併せてまとめてみました。
治験コーディネーターへの転職
転職先の一つとして治験コーディネーターがありますが、薬剤師から治験コーディネーターへはなれるのか?治験コーディネーターになる為の資格や経験などについてまとめてみました。また、転職するにあたってのメリットやデメリットに関してもまとめていますので、今後転職先の候補として考えている人は是非参考にしてもらえればと思います。
新人薬剤師の転職と退職
新人薬剤師でも様々な理由により退職を考えてしまいます。しかし、新人と言う事もあり、転職出来るのか?また退職した後、再就職するのに苦労しないのか?などは気になる所ではないでしょうか。そこで今回は新人薬剤師の転職と退職に関してまとめてみました。今現在転職や退職を考えている新人薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
新卒向けの就職先&転職先!
新卒で入職予定の薬学生や、新卒で入職した薬剤師にとって、「自分にあった就職先や転職先」を見つける事が、プライベートの充実にもつながります。そう考えると、あまり勉強してこなかった所や、新卒薬剤師には難しい所で働くよりも、自分にあった働き先を見つけたいと考えるのが一般的です。そこで今回は新卒薬剤師にオススメの就職先や、今現在の職場が合わないと感じている薬剤師の転職先をまとめてみました。オススメの理由なども記載しているので、是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師1年目での転職はOK?
薬剤師1年目の新人薬剤師でも、様々な理由で辞めたいと感じてしまいます。そんな時、転職するのは業界的にOKなのでしょうか?また辞めたいと思ってしまった場合、どのように対処するのが良いでしょうか?今回はこちらに関してまとめてみました。今現在新人薬剤師として働いて1年目で、退職や転職を考えていると言う人は是非チェックしてみてくださいね。
3年目での転職と退職まとめ!
薬剤師3年目ともなると、業務になれてきて余裕がでるものの、マンネリ化や昇給しない事から転職や退職を考える人も少なくありません。今回は薬剤師3年目で辞めたくなる理由とその対処法、更に転職や退職する事でのメリットやデメリットなどもまとめておりますので、今現在3年目で職場に不満や不安を抱えているなら、是非積極的にチェックしてみてくださいね!
調剤薬局から病院への転職
薬剤師としてのスキルアップを目指したり、医療への参画の為に調剤薬局から病院へ転職を希望する薬剤師が増えています。調剤薬局と病院では仕事内容や勤務体制、給料などが異なります。その違いや、転職の際に準備すべき事、転職に失敗しない為にしておくことなどを紹介しています。
病院からドラックストアへの転職
病院薬剤師からドラックストアへの転職は様々なメリットやデメリットがあります。転職で失敗しない為に必要な事とは?病院薬剤師とドラッグストアの仕事内容の違いや給料、やりがいについて紹介しているので転職の際は是非参考にして下さい。
失敗しない転職方法!
薬剤師は様々な理由で転職を考えます。しかし転職先でも同じような失敗を繰り返すと言った薬剤師も少なくありません。せっかく転職をするのならより良い職場で働きたいですよね。ここでは薬剤師の転職の失敗例や転職に失敗しない為に知っておきたい事を紹介しています。
大手チェーンの給料やメリット
薬剤師の大手チェーンへの転職は研修やサポート体制によって薬剤師としてのスキルを磨くと言うメリットもありますし、将来的な安定と言うメリットもあります。しかし給料が下がる場合もありデメリットがあるのも事実です。大手チェーンへ転職するメリット・デメリット、給料などについて紹介しています。
薬剤師の転職事情と最新状況
薬剤師はその国家資格から転職しやすい職業です。現在でも数多くの薬剤師が転職を考えています。そんな薬剤師の転職の最新事情やその状況はどうなっているのでしょう。薬剤師が転職を考える事情や職種別の募集状況など詳しくまとめています。
薬剤師の転職の流れ
転職したい!と考える薬剤師はたくさんいます。しかしいざ転職と考えても何から始めたらいいの?と悩む人も多いと思います。そんな方の為に円満に退職するコツや転職までの流れ、転職支援サービスを受ける流れをまとめていますので是非参考にしてみて下さい。
年収アップのコツ!1000万への道
薬剤師として働いていたら、一度は転職して年収アップしたいと考えるのではないでしょうか。また、年収1000万稼ぎたいと考える人もたくさんいます。そこで転職して年収アップする為のコツや年収1000万稼ぐための方法など詳しく紹介しています。転職して年収アップを考えている人は是非参考にしてみて下さい。
調剤未経験の転職
調剤未経験での転職は仕事についていけるのか?採用されにくいのではないか?といったような不安がつきものです。そこで調剤未経験での転職で良くある疑問やおすすめの転職先、上手な転職先の探し方などを紹介します。調剤未経験で転職をためらっている方は是非参考にしてみて下さい。
採用される薬剤師
薬剤師は転職しやすい職業と言われていますが、最近は薬剤師飽和などと言われ、転職活動を行っても不採用になる薬剤師もたくさんいます。転職で採用されやすい面接のコツや不採用になる薬剤師の特徴などについて記事をまとめました。これから転職を考えている人は是非参考にしてみて下さい。
企業薬剤師への転職
様々な働き方がある薬剤師ですが、中でも今回は企業薬剤師にスポットをあてて紹介させて頂きます。これから企業に転職を考えている薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
ボーナス後の転職と相場
転職をする際にはボーナス後が良いといいますが、その理由や注意する点などはあるのでしょうか?今回は薬剤師のボーナスと、ボーナス後の転職に関してまとめてみました。
薬剤師の休日まとめ!
今回は薬剤師の休日に関してまとめてみました。これからずっと会社に勤める事を考えると、ずっと土日出勤がある所で働いていていいのか?土日出勤のない求人ってあるのか?は気になる所です。是非こういった場合はチェックしてみてくださいね。
保険薬局の求人や転職
今回は薬剤師の中でも”保険薬剤師”や”保険薬局”の求人に関してまとめてみました。保険薬局と調剤薬局の違い、保険薬剤師にしかできない事とは?などについて紹介していますので、もし今現在保険薬剤師や保険薬局に興味があると言う事なら是非参考にしてくださいね。
専門薬剤師の給料や転職
専門領域に特化した知識や経験を活かす事の出来る専門薬剤師について、今回は給料や手当、なる為の方法や求人などについてまとめてみました。今後専門薬剤師を目指そうと考えていたり、今現在専門薬剤師として転職を考えていると言う事なら是非チェックしてくださいね。
薬剤師の派遣まとめ!
今回は派遣薬剤師に関して、派遣という働き方のメリットとデメリット、さらに高時給求人を見つけやすいおすすめの転職サイトなどをまとめてみました。今現在派遣で働いていたり、これから派遣薬剤師として働こうと考えている方はぜひチェックしてくださいね。
薬剤師の面接まとめ!
薬剤師として転職を考えた場合、面接の際の志望動機や採用される受け答えについては悩んでしまいます。そこで今回は薬剤師の面接に特化し、志望動機の具体例や逆質問に対する回答などをまとめてみました。
薬剤師に人気の転職先!
薬剤師の転職に関して、人気のある大手企業やチェーン薬局などをまとめてみました。今後転職を考える際には、人気のある企業や薬局も検討するかと思いますので、是非参考にしてくださいね。
子育て中のベストな働き方
結婚して子供がいるママさん薬剤師にとって、子育てと仕事の両立は切っても切り離せない問題です。今回はそんなママ薬剤師におすすめの職場や働き方に関してまとめてみました。
転職にベストな時期とタイミング
転職のタイミングや人それぞれですが、自分にとって一番ベストな時期やタイミングに関して迷う人も多いのではないでしょうか?今回はそんな転職のタイミングに迷う薬剤師に役立つ内容をまとめてみました。
認定薬剤師の転職や手当!
今回は薬剤師の中でも認定薬剤師をピックアップして、平均給与や手当、求人情報の探し方などについてまとめてみました。今現在認定薬剤師の方や、これから認定薬剤師の資格を検討している方は是非参考にしてくださいね。
クリニックの年収や仕事内容は?
薬剤師の活躍する職場の一つにクリニックがあります。家庭との両立やスキルアップの為、クリニックに転職する薬剤師は多いようです。クリニックで働く薬剤師の年収や給料相場、仕事内容や高待遇の求人の探し方などをまとめています。クリニックへの転職を考えている薬剤師の方は是非参考にしてください。
転職サイトは新卒でも登録可能?
薬剤師の方が転職する時、薬剤師専門の転職サイトを活用すると言う人が増えています。そういった薬剤師専門の転職サイトは新卒や新人の薬剤師でも利用可能なのでしょうか。新卒が登録するサイト注意事項や新卒が転職サイトを活用するメリット、転職先などについて紹介しています。
薬剤師の派遣求人の探し方
薬剤師は社員や長期勤務パートとして勤めると言う方が多いですが、中には派遣や短期、単発での勤務を希望している方や求人を出している企業があります。派遣として勤務する薬剤師の仕事の探し方や短期勤務の求人、高額時給の求人を紹介しています。短期や派遣の仕事をお探しの方は是非参考にしてください。
転職相談とアドバイスについて
転職で成功するには、ちょっとしたコツや秘訣を知っておく必要があります。今回は薬剤師の転職相談やアドバイス、転職成功のコツなどをわかりやすくまとめてみました。今現在転職を考えている薬剤師の方は是非参考にしてみてくださいね。