薬剤師 休み 土日

Pick up news !!

薬剤師の休みまとめ!【土日休める勤務先は?休みがない場合の対処】

薬剤師の休みまとめ!【土日休める勤務先は?休みがない場合の対処】

 

薬剤師のお休みには、土日祝日が休みになるところ、シフト制で不規則なところ、主に平日の休みが多い所、長期休暇が取れないところなどさまざまです。

 

調剤薬局やドラッグストア、病院、企業や学校などの勤め先によっても、薬剤師の休みは全く違ったものになります。

 

もう少し具体的に薬剤師の休みについて知りたい、と思っている方も多いと思いますので、今回は《薬剤師の休み》について詳しくまとめてみました。

 

「薬剤師の休みは多い?少ない?」
「休みやすい薬局はある?連休が取りやすい所ってない?」
「休みが多かったり、土日休みだと給料は低いのかな?」
「土日休みの薬局はどうやって探すの?」

 

こういった疑問についてお答えしていきたいと思います。

 

この記事を読めば、薬剤師を目指す方にはどういう所で働けば自分の理想的なライフスタイルになるのか、イメージしやすくなるでしょう。

 

現在薬剤師として働いている方も、「自分の職場の休みは平均的なのか」、「他の職場の休みはどんな感じか」、など気になる点がチェックできればと思います。

 

また、「休みがない!」と転職を考えている方の参考にもなりますよ。ぜひご覧ください。

 

 


薬剤師で休みが多い勤務先はどこ?長期休暇が取りやすいのは?

薬剤師で休みが多い勤務先はどこ?長期休暇が取りやすいのは?

 

休みの多い勤務先を見る前に、休みが少ないと言われている勤務先を見ていきましょう。

 

薬剤師の職場の中でも休みが少ないのは、夜勤や日直のある病院薬剤師だと言われています。

 

基本的に病院薬剤師の勤務形態は4週8休と言われています。

 

1か月に8日休みがある計算なので、

年間休日=「8日×12か月+年末年始・お盆休み」=105日程度

の病院が多いようです。

 

実際に病院薬剤師として働いた人の例をあげると、「年間休日は105日で、当直は月に3回、夏期休暇は1年目1日、2年目3日、3年目以降は4日」とされていたと言います。

 

また、病院では勉強会や研究会が勤務時間外に行われることが多く、休みが規定通りにとれないこともあるようです。全体的に、『病院では年間休日が104日〜110日』になっています。

 

それでは、続いて休みの多い薬剤師の勤務先を紹介します。

 

薬剤師の休みが多い勤務先は?

薬剤師の休みが多い勤務先は?

 

休みが多いのは、『企業で働く薬剤師』です。企業で働く薬剤師の仕事にはいろいろあります。

 

新薬の開発、学術、研究、薬事に携わったり、企業内診療所で働く薬剤師もいます。企業の管理薬剤師もいます。

 

また、品質管理の仕事ならば医療関係の企業だけでなくコスメメーカーや食品関係の企業にも勤務先はあります。こういった企業は一般に福利厚生がよく、『年間休日は120日を超える』ところが多いです。

 

一般企業は年間休日120〜126日程度ですので、それと同じと言えるでしょう。

 

調剤薬局やドラッグストアの休みは多い?

 

調剤薬局やドラッグストアの休みは多い?

 

『調剤薬局やドラッグストアの年間休日は106日〜120日』と言われています。

 

これらをふまえると、休日の多さは、企業>調剤薬局・ドラッグストア>病院という順になっています。

 

しかし、一般的な傾向としての順番であって、実際にはそれぞれの職場によって勤務形態は様々です。

 

例えば、ドラッグストアで大手のチェーン店なら人員も豊富で、他店の薬剤師のヘルプを頼むなどして休日を確保できるのに対して、人員が少ない所では規定通りに休みがとれない所もあります。

 

また、個人クリニックの薬剤師などは、院長の予定によってクリニックが休業となるため、比較的休みが多い傾向にあるでしょう。

 

薬局は規模や周辺の病院・診療所の数、営業時間の長さ、人員数などの様々な要因によって薬剤師の休みの多さも変わります。

 

休みの多さは「年間休日120日」を目安にする

 

「年間休日120日」というのはよく基準にあげられます。それは、週休2日で1年を計算する時、1年52週×2日=104日と、国民休日16日で120日になるからです。

 

「年間休日120日以上」ならば、それに加えてさらに有休をとれる計算になるので十分休みが多いと考えられるのですね。

 

薬剤師が長期休暇を取りやすい職場は?

薬剤師が長期休暇を取りやすい職場は?

 

長期休暇については、日本のどの職種でも100%消化できていないのが現状です。

 

厚生労働省が平成29年度に行った就労条件総合調査の結果では、49.4%しか有給を取得していませんでした。

 

就労条件総合調査の結果

≪出典:平成29年度就労条件総合調査の結果/厚生労働省≫

 

また、企業規模が大きいほど取得率が多いことから、薬剤師でも大手であるほど、人員数が豊富であるほど有給が取得しやすいという事は容易に推測できますね。

 

職場で薬剤師は自分一人というような環境の場合、長期休暇を取ることはまず不可能であると考えてよいと思います。

 

ただ稀に、個人経営の診療所などで働く薬剤師の場合、院長が長期休暇を取るのに合わせて診療所も休みになり、自分も休暇を取れるという可能性もあります。

 

薬剤師の多い職場、連続休暇制度のある職場を探す

 

最も確実にできるだけ長い休みを取りたいというならば、『薬剤師が多く働いている大手の企業』や、『長期連続休暇制度を採用しているドラッグストア、調剤薬局など』を探すとよいでしょう。

 

そう簡単には見つかりませんが、ないわけではありません。

 

年1回の7日以上の連続休暇、年2回の4日以上の連続休暇などを規定しているところ、シフト制のドラッグストアで年末年始に出勤する代わりに最長20日間の長期休暇を取れるようにしているところなど、稀にあるようです。

 

穴場なのがドラッグストア

 

そして、ドラッグストアは年中無休で休みがとりづらいのではないかと思いがちですが、最近では人員が増えて、休みが取りやすくなっているところも増えてきているようです。

 

例えば、「子供が3歳まで育児休暇を取れる」という規定や「子供が高学年までは時短勤務ができる」という社内規定があったり、「育児休暇取得率が90%のところもある」など、ドラッグストアは意外に働きやすいという声も聞かれます。

 

シフト制なので普段土日勤務をする代わりに数日連続休暇を希望するなど多少は融通がきくとも言えます。

 

休みが多い薬剤師は給料が少ない?

休みが多い薬剤師は給料が少ない?

 

休みの多い仕事がいいけれど、給料が少なくなってしまうのは嫌、というのは誰しも考えることだと思います。

 

休みの多い薬剤師は給料も少ないのでしょうか?当然ながら、時給で働いている薬剤師の場合、やはり勤務時間が少ないと給料も減ってしまいます。

 

製薬会社薬剤師、公務員薬剤師は休みも保障、給料もいい

 

厚生省が実施した平成29年賃金構造基本統計調査によると、「薬剤師のきまって支給する現金給与額の平均が38万8300円、年間賞与その他特別給与額の平均は77万8600円」なので、『薬剤師全体の平均年収は543万8200円』でした。

 

それに対して、『製薬会社の年収額は800万〜1000万円』で、特に外資系の製薬会社の給料は高いです。

 

休みに関する規定もしっかり守られるため休みも多い傾向にあります。また公務員も、初任給は低いが勤続年数によって上がっていく昇給制度により、『公務員薬剤師全体の平均年収は600万円以上』となっています。

 

休みもしっかりとれ、給料もよく、安定しているのでこれらの仕事は人気があり、募集数が少ないことも相まってとても競争率が高くなっています。

 

給料と休みの関係は?

 

これに対して、『病院・調剤薬局の平均年収は400〜600万』、『ドラッグストアの平均年収は400〜700万』となっています。

 

求人を見ていると、休暇に関する規定のしっかりしているところは給料が低い所が多く、逆に給料の高いドラッグストアなどは、シフト制で繁忙期の休日やGW、年末年始も出勤しなければならない、などどこかで妥協しなければならないように感じます。

 

ただ、大手の薬局やドラッグストアでは、休暇も取りやすくそれなりの給料をもらうこともできます。また、よく探せば自分の希望に沿った勤務先を見つけることも可能です。

 

転職サイトに相談することでも非公開で条件の良い職場を紹介してもらえることもあります。それぞれの勤務先の休暇に対する規定や制度、有給消化率を良く知っておくことが大切です。

 

派遣薬剤師として働く方法もある

 

ボーナスや手当は期待できませんが、派遣として働く方法もあります。

 

自分の都合の良い日、時間帯に合わせて勤務できるので、育児中や介護中の薬剤師にぴったりです。

 

契約なのでずっと働き続けることはできませんし、いつ契約を切られるか予想できないのがデメリットですが、給料はよいです。

 

「時給3000円〜4000円が相場」なので、1日8時間、月に20日(週約5日)働くと、年間休日125日で「年収576万円〜768万円」になります。十分に休みながら高収入が可能ですね。

 


薬剤師の休みに関する気になる質問!休みの取りやすさは?

薬剤師の休みに関する気になる質問!休みの取りやすさは?

 

今までは休みの多い薬剤師の仕事場について述べてきましたが、休みが多いのと休みが取りやすいのとは違いますね。

 

ここでは、私用であらかじめ決めた日に休みを取りたい、または急な休みを取りたいときに都合のいい勤務先はどこかを探っていきます。

 

大手調剤薬局だと休みは取りやすい?

調剤薬局の中でも、個人経営の小さな薬局より、大手の薬局の方が休みは取りやすい傾向はありますが、一概には言えません。

 

その薬局の規模やお客さんの出入り状況に見合う十分な人員が確保されているかによって変わってくるからです。

 

大手の方が薬剤師の数も多い傾向があるので休みは取りやすそうですが、忙しい薬局なら一人でも欠けると困るという場合もあるかもしれません。

 

また逆に、小さな薬局にあなたしか薬剤師がいなくても、経営者に薬剤師の免許があれば休みは取りやすい状況だとも言えます。

 

また、管理薬剤師など通常の仕事以外にも締め切りのある書類提出の仕事があったりすると、当然休みは取りにくくなります。

 

薬局によっては、従業員の仲が良く誰か出られない時は代わりに出勤して自然に助け合えるところもあるでしょうし、そういった雰囲気でないところもあるでしょう。

 

有給休暇に関しても同様です。転職や就職を考えているのなら、こういった職場の雰囲気や有休消化率、残業時間、薬剤師の数などもあらかじめ確認しておくとよいですね。

 

ドラッグストア(調剤なし)は調剤薬局と比べて休みが取りにくい?

ドラッグストア(調剤なし)は調剤薬局と比べて休みが取りにくい?

 

ドラッグストアは年中無休のところも多く、営業時間が長いため、シフト制の勤務体制になっているところが多いようです。

 

それに対して調剤薬局はフルタイムの正社員のみであったり、正社員プラス早番や遅番のパートや派遣など、この時間はこの人の担当というような形態のところが多いようです。

 

そのため、シフトを組む前の段階であれば、希望日を届けられるシフト制の方が比較的休みやすいようです。

 

もちろん、まとまった休暇や、土日ばかりの希望、沢山すぎる希望など、公平さに欠けるような偏った待遇はできないので、節度をもっての申請に限られます。

 

急な休みに関しては、自分の代わりに働いてくれる人員がいるかによって休みのとりやすさは変わってくるでしょう。

 

チェーン展開しているドラッグストアなどでは他店からの応援を呼ぶことで急な休みに対応してくれるところもあります。

 

また、職場内に気心の知れた同僚の薬剤師がいれば、自分で頼んで代わりに出勤してもらうことも可能でしょう。どちらにしても、自分の代わりがいないような状況ほど休みは取りにくくなります。

 

病院薬剤師は休日が少なく休みが取りにくい?

病院薬剤師は休日が少なく休みが取りにくい?

 

病院薬剤師は比較的休みが少なく、年間休日が104日〜110日ほどであるというのは前に述べました。

 

しかし、病院にも様々な形態があり、特に救急を扱う病院なのかどうかは、休みの多さをチェックする重要なポイントです。

 

救急を扱う病院は夜間の薬剤師の当直が必要な病院です。

 

そういった病院では、勤務時間の基本は外来の対応時間である朝8時半ごろから午後5時ごろまでですが、休日や祝日、夜間も誰かが交代で勤務する必要があります。

 

月に2,3回はそういった時間外勤務につくため、勤務時間もシフト制になっているようです。1か月以上前から希望を出しておけば、休みを取ることも可能ですが、比較的休日が少ないことは否めません。

 

救急を扱わない病院は外来の受付時間を過ぎれば勤務も終了してしまいますから、比較的規則的な生活を送ることができます。

 

休みに関しては、薬剤師の人数が多いほど、休みやすいという構図であるようです。

 

調剤薬局事務に平日休みはある?

調剤薬局事務は調剤薬局で受付や事務をする仕事です。薬局は周辺の病院や診療所の診察時間に合わせて営業されるためいろいろです。

 

総合病院の門前薬局ならば一般に土日休業、平日は休みなしのスタイルですが、クリニックの診療時間に合わせた営業をしている薬局では休日が日曜と木曜や、火曜午後と土曜午後と日・祝日などとなっているところもあります。

 

平日の休みが欲しい薬局事務や薬剤師の方は、こういったところを探すとよいですね。


薬剤師で土日休める勤務先はある?土日休みは無理?

薬剤師で土日休める勤務先はある?土日休みは無理?

 

土日休みの求人を探している薬剤師は多いです。家族の休みにあわせて家族でお出かけを楽しんだり、家でゆっくりしたいのは皆同じですからね。

 

この章では、どの勤務先を選べば土日を休めるのかについて、見ていきたいと思います。

 

薬剤師が土日休める勤務先はどこ?

土日が休める薬剤師の勤務先には以下のものがあります。

 

公務員薬剤師

 

一般の公務員と同じように土日祝日の休みが保障されています。

 

しかし、公務員の資格は必須ですし、募集も少なく、3年のサイクルで異動を繰り返すため勤務先を自分で選べないといったデメリットがあります。

 

製薬会社など企業で働く薬剤師

 

大手の企業では基本的に土日祝・年末年始・夏季休暇・年末年始などの休みが規定されています。ただし、忙しい時期は土日出勤を余儀なくされる場合もあります。

 

また例外として、電話でお薬相談にのるなどのコールセンターなどに務めている場合、土日も夜間もシフト制という事もあります。

 

土日休診の病院、そういう病院に併設の薬局

 

公立病院、赤十字病院などは土日休みであることが多く、総合病院でも土日休みのところもあります。

 

それに併設されている門前薬局も、病院の診療時間に合わせてお休みになります。

 

オフィスビル内やオフィス街にある調剤薬局

 

企業がほぼ全体を占める高層オフィスビルやオフィス街にある調剤薬局は、企業が休みになる土日は営業しないところも多くあります。

 

ドラッグストアや調剤薬局で土日休みは無理?

ドラッグストアや調剤薬局で土日休みは無理?

 

ドラッグストアは年中無休や営業時間が長いのが一般ですから、勤務形態はシフトによって決められるところが多いです。

 

パートや派遣ならば、平日はフルタイムで働くかわりに土日は休むという事もできますが、正社員はまず無理でしょう。

 

調剤薬局にはよく探せば土日休みのところも見つけることができます。土日休診の病院の門前薬局や、オフィスビル・オフィス街の薬局などです。

 

病院薬剤師の土日休みは日直で変わる?

病院にもいろいろあり、土日に外来受付しない病院、中小規模の病院では土日の薬剤師を必要としないところもあります。

 

また逆に、入院患者だけでも常に薬剤師を配置している病院もあります。土日祝日や夜間は交代で薬剤師が勤務するところが多く、1か月に1回〜3回ほど当直勤務があたります。


休みが多い薬剤師求人の探し方!

休みが多い薬剤師求人の探し方!

 

薬剤師の休みについて見てきましたが、やはり「今の職場は平均よりも休みが少ない!」「土日休める所に転職したい!」とお考えの方もいるかもしれません。そういう場合、どのように対処したらよいでしょう?

 

休みが多い薬局や病院はどうやって探すの?

休みが多い薬局や病院を探したいなら、まずは薬剤師転職求人サイトで求人を見てみることをおすすめします。

 

求人サイトでは、どこでも自分の希望を絞って検索する機能がついているので、簡単に調べることができます。「こだわり条件」や「希望条件」にある、「年間休日120日以上」にチェックを入れて絞り込みます。

 

転職サイトの中でも、「リクナビ薬剤師」と「薬キャリ」は、絞り込み後の一覧画面に年間休日情報が出ており、見やすくぱっと比較しやすいのでおすすめです。 

 

『リクナビ薬剤師』で検索してみる

 

リクナビ薬剤師公開求人検索のトップページで、自分の働きたいエリアを選択し、希望条件の「年間休日120日以上」という欄にチェックをつけ、「この条件で検索する」というボタンをクリックします。

 

リクナビ薬剤師公開求人の検索方法

 

すると、このように絞り込んだ求人が一覧で出てきます。

 

リクナビ薬剤師公開求人の検索方法2

 

希望条件は複数選択できるので、同時に「土日休み」にもチェックを入れ、『年間の休日が多く、土日休み』の求人を探してみるのもいいですね。

 

「リクナビ薬剤師の公式サイトはコチラ!」がイメージ出来る画像02

 

『薬キャリ』で検索してみる

 

薬キャリのトップページで、「詳細検索はこちら」という所をクリックします。

 

薬キャリの検索方法

 

その後こだわり条件の「年間休日120日以上」の欄にチェックを入れると絞り込まれます。エリアの設定もしてみましょう。

 

薬キャリの検索方法2

 

検索後の一覧では、「給与」「勤務時間」「休日」の情報が丸わかりなので比較しやすくなっています。

 

薬キャリの検索方法3

 

こちらも、こだわり条件は複数選択可能なので、同時に「土日休み」にチェックを入れてもいいですね。

 

「薬キャリの公式サイトはこちら!」がイメージ出来る画像01

 

薬剤師専門の転職エージェントを利用する方法!

薬剤師専門の転職エージェントを利用する方法!

 

このように検索していくと、公開求人情報から薬局名や病院名までわかることもあります。

 

その場合、直接勤務先に就職の面談などを掛け合うことも可能ですが、サイトを運営している転職エージェントに登録するともっといろんなメリットがあります。

 

例えば、転職エージェントはそれぞれの職場についてより詳しい情報があります。

 

自分が休む場合代わりに働いてくれる薬剤師の有無や有給消化率、休暇制度など教えてくれることもありますし、事前に職場見学をさせてくれるところもあるので、職場の雰囲気をつかめるでしょう。

 

また、休みや給料などの交渉も代わりに行ってくれるほか、公開されていない非公開求人情報がある可能性もあります。登録は無料で、自分の希望の求人を紹介してくれるので利用すると便利ですよ。

 

薬剤師専門の転職エージェントには上述した「リクナビ薬剤師」「薬キャリ」のほか、下記のランキング内でも紹介している「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」などがあります。

 

休みの多いところ、土日休みのところ、まとまった休暇が取れるところに転職したいなら、登録して相談してみてはいかがでしょう?


 

薬剤師の休みまとめ!【土日休める勤務先は?休みがない場合の対処】関連ページ

薬剤師のスキルアップまとめ!
薬剤師のスキルアップやキャリアアップに関する情報をまとめました。薬剤師に参考になる本や資格、スキルアップの為に何から始めれば良いかわからない・・・と言う方へ向けて役立つ情報をお伝えしていきます。今後、薬剤師としてスキルアップや給料アップを考えているなら、是非チェックしておいて下さいね!
薬剤師の転職理由で多いのは?
薬剤師の転職理由として多いのは、一体どんな理由なのでしょうか?今現在転職しようか迷っているけど「こんな理由で転職を考える人っているのかな・・・」なんて悩んでいる人も多いようです。そこで当記事では薬剤師の転職理由についてまとめてみました。近い将来転職を考えているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師がつらい理由と解決策
資格が必要な薬剤師と言う仕事、長い薬学生時代を終えて苦労して就いた仕事なだけに簡単に辞める事は出来ません。しかし、勤務して行く中でどうしても辛いと感じてしまう事はあります。今回はこの≪薬剤師のつらい≫についてまとめてみました。つらいと感じる理由や解決策は?また転職も考えた方が良いのか?等を紹介していますので、今現在つらいと感じている薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師に疲れた場合は?
苦労して入職した薬剤師の仕事、でも色々な理由により疲れてしまい、朝起きるのも苦痛に感じる人も少なくありません。そんな場合は退職するべきでしょうか?続けるメリットはあるのでしょうか?こちらについて今回はまとめてみました。場合によっては転職した方が良い時もありますので、今後について悩んでいるなら是非目を通してみて下さいね。
人間関係の悩み解消法!
薬剤師に多い悩みとして人間関係の悪さが挙げられる事が良くあります。あまりに人間関係が悪いと悩んでいると毎日仕事に行くのも苦痛で仕方なくなり、転職を考えてしまうかもしれません。そんな薬剤師の方へ向けて、人間関係の構築法や転職に関してをまとめてみました。今現在人間関係で悩んでいる薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね。
薬剤師の副業まとめ!
薬剤師でも仕事の状況や収入、家庭状況によっては、副業をしたいと考える人も少なくありません。はたして薬剤師は副業する事は可能なのでしょうか?また非常勤のような形で勤務する学校薬剤師は副業になるのでしょうか?これらについてまとめましたので、副業に興味がある薬剤師の方は是非チェックしてみて下さいね。
薬剤師に求められるものは?
薬剤師をしていると、「薬剤師に求められているものって何だろう・・・」とふと考え込んでしまう事もあります。入職した当初はやりがいやモチベーションに溢れていましたが、仕事がマンネリ化すると、どうしてもこのように自問自答してしまいます。そこで今回は”薬剤師に求められるもの”をまとめてみました。まずは絶対に抑えておきたい3つのポイントをしっかりと理解し、今後の仕事に役立ててもらえればと思います。
薬剤師の勤務時間は?
薬剤師として働いて、「自分は働き過ぎじゃない!?他の薬剤師はどれぐらい働いているの?」と気になるかもしれません。また、転職を考える際には、他の職種の勤務時間や労働時間は気になる所です。そこで今回は薬剤師の勤務時間に関してまとめてみました。もし他の業種や職種の薬剤師の勤務時間が気になる場合には是非チェックしてみてくださいね。
薬剤師の在宅ワークまとめ
薬剤師の仕事をしていても、給料面で不満があったり、将来に向けて貯金したい為に、在宅ワークや在宅勤務などを考える人も少なくありません。そこで今回は気になる薬剤師の在宅ワークについてまとめてみました。必要な資格や、在宅勤務の業務内容などについて詳しく紹介していますので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の掛け持ちと忙しさ
管理薬剤師の仕事内容や役割、兼業や兼任として管理薬剤師は出来るのか?などについて今回はまとめてみました。管理薬剤師は忙しいのでしょうか?今現在管理薬剤師をしていたり、今後管理薬剤師を目指している人は、転職についてなども含めて、是非参考にしてもらえればと思います。
新人薬剤師の悩みまとめ!
新人薬剤師に関しては、入職して間もないと言う事もあり、様々な悩みを抱えています。あまりに悩んでしまう場合、転職なども考えてしまう事もあるかと思いますので、今回は、新人薬剤師の悩みと転職についてをまとめてみました。今現在不安や不満を抱えている薬剤師の方は、是非参考にしてみてくださいね。
新人薬剤師の服薬指導の悩み
新人薬剤師の中には、服薬指導に関して苦手意識を持っていたり、勉強法について悩んでいる人も少なくないようです。そこで今回は、≪新人薬剤師の服薬指導≫について役立つ情報や勉強法、服薬指導のコツなどをまとめてみました。今現在悩んでいる新人薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師の結婚後の働き方
薬剤師の結婚後の働き方としては様々で、特に女性の場合、家庭を優先してパートで働くか?経済的に余裕を持つ為に正社員として働くか?は悩む所です。そこで今回は薬剤師の結婚後の働き方に関してまとめてみました。もし、結婚後の働き方に関して疑問に感じているようでしたら、是非最後までチェックしてみてくださいね。
薬剤師は結婚できない!?
手に職もあり収入も良い薬剤師は結婚できないとイメージからは程遠いように思いますが、実際は結婚できない薬剤師が増えているようです。そんな薬剤師の結婚できない理由やおすすめの婚活方法、結婚相談所などについてまとめています。早く結婚したい、結婚できない!と悩む薬剤師の方は是非チェックしてみて下さい。
薬剤師の通勤時間の許容範囲
薬剤師はどのくらい通勤時間をかけているのでしょう。みんなの許容範囲を調べてみました。転職の際にどのくらいの通勤時間を目安に求人をさがせばいいのか、通勤時間が長い場合のデメリットや通勤時間を有効に活用する方法を紹介しています。家庭との両立を考えて転職したい、とか通勤時間が長過ぎて苦痛、と考えていたら是非参考にしてみて下さい。
患者との信頼関係を築く対応
薬剤師の仕事やプライベートに関する事など、様々ンテーマでお役立ちコラムを掲載していきます。ちょっとした薬剤師あるあるから、今後働く上で役に立つような事、全国の薬剤師に関するデータなどについても取り上げていきます。薬剤師の方にとって役に立てるような情報、楽しめる情報を提供して行きます。
接客がいらない転職先は?
薬剤師の仕事は患者さんとのコミュニケーションが重要で接客は欠かせない仕事です。しかし接客が苦手な薬剤師は意外と多いものです。接客が苦手な薬剤師の方の為に、接客に関する悩みや克服の仕方、接客が要らないおすすめの転職先などを紹介しています。
育休のある職場と復帰
結婚や出産で休職する時に、産休や育休と言った制度があります。これは法律によって定められており、どんな職場にも申請できる制度です。では実際に薬剤師は産休や育休を活用できているのでしょうか。また育休明けの職場復帰はスムーズに出来るのでしょうか。薬剤師の産休や育休、育休明けの職場復帰についてまとめてみました。
薬剤師の将来性と飽和時代
就職・転職にも有利で安定した職業と思われている薬剤師ですが、ここ数年で薬剤師飽和という言葉をよく耳にするようになりました。試算上では過剰とされている薬剤師数ですが、本当に薬剤師飽和時代はやってくるのでしょうか。また、薬剤師過剰は薬剤師の将来性にどのように影響されるのでしょう。薬剤師の将来性と今後必要とされる薬剤師について記事をまとめました。
薬剤師のキャリアアップ
薬剤師の仕事やプライベートに関する事など、様々ンテーマでお役立ちコラムを掲載していきます。ちょっとした薬剤師あるあるから、今後働く上で役に立つような事、全国の薬剤師に関するデータなどについても取り上げていきます。薬剤師の方にとって役に立てるような情報、楽しめる情報を提供して行きます。
妊娠後の働き方まとめ!
薬剤師の女性が退職や転職を考える理由に妊娠があります。妊娠中に働く事の子供への影響や産前産後の事など考えるべき事がたくさんあり、退職や転職で悩む女性薬剤師が多くいます。これから妊娠を控えている方や現在妊娠中の薬剤師の方の為に、妊娠後の働き方について記事をまとめましたので是非参考にしてみて下さい。
有給休暇がとれない薬剤師
代わりのきかない薬剤師はどのくらい有給休暇を取れているのでしょう。プライベートを重視したい方や家庭との両立がある方は有給休暇が取れるかどうかは大切なポイントです。薬剤師はどのくらい有給休暇がとれているのか、有給消化率の高い求人の探し方など詳しく紹介していますので是非参考にしてみて下さい。
薬剤師の夜勤まとめ!
医療の最前線で活躍出来る病院薬剤師はやりがいもあり、薬剤師の中でも人気の職種です。しかし夜勤や当直があり、家庭との両立などでどうして夜勤が出来ず病院勤務をあきらめているという方も多いようです。そこで薬剤師の夜勤や当直について、夜勤手当の相場や夜勤・当直のない病院の探し方などを詳しく紹介しています。
薬剤師の残業まとめ
薬剤師の仕事は残業が多くて大変な所もあれば、全く残業がない職場もあります。中には残業が多く、仕事がハードすぎる為転職を考えているという方も少なくありません。薬剤師はどのくらい残業しているのか、残業の少ない職場や残業のない求人の探し方について記事をまとめています。
パワハラで悩んでいる方へ
ここ数年の間でパワハラと言う事がを聞く事が多くなりましたが、もちろん薬剤師の世界にもこのパワハラは存在します。今回はそんな薬剤師のパワハラの対処法や転職した方が良いのか?についてまとめてみました。
管理薬剤師に求められるもの
薬剤師の中でも責任感が人一倍重要となる管理薬剤師、そんな管理薬剤師に求められる能力や知識などについてまとめてみました。これから管理薬剤師を目指す人や、今現在管理薬剤師として自信を無くしている人は是非参考にしてくださいね。
ドラッグストアの薬剤師は負け組?
薬剤師と一言で言っても、活躍する場は様々です。なかでもドラックストアで働く薬剤師で、過酷な労働や長時間の勤務などストレスを抱える薬剤師は多いようです。ドラックストアで働く薬剤師は負け組みなのか?ドラックストアの実情や辞めたい場合の対処法、失敗しない転職の方法などをまとめています。
ドラッグストアのパートの時給や求人
薬剤師の方でパートとしてドラッグストアで勤務する方も多くいます。通常のパートより時給が良く、時間の融通も効くので家庭との両立のためにドラッグストアのパートとして転職する方も多いようです。ドラッグストアのパートの時給や高待遇の求人の探し方をまとめましたので、転職を考えている方は是非参考にしてください。
調剤薬局と医療事務の違いは?
調剤薬局には薬剤師の他に医療事務のスタッフが勤務している所がほとんどです。調剤薬局での医療事務と病院などの医療事務では仕事内容は違うのでしょうか。調剤薬局事務と医療事務の仕事内容や給料の違い、転職するならどっちがよいかについてまとめていますので、医療事務を目指す方は是非参考にしてください。
病院薬剤師はつまらない?
病院薬剤師は医療の最先端で働けるやりがいのある仕事ですが、勤務地によってはつまらないと嘆く薬剤師の方もいます。病院薬剤師でつまらない、疲れる、ついていけないと感じる勤務先とはどんなびょういんなのでしょう。病院薬剤師がつまらないと感じる原因とその対処法についてまとめています。
薬剤師で比較的楽な仕事は?
一言で薬剤師と言っても活躍する現場はたくさんあります。調剤薬局や病院、ドラッグストアや企業など様々ですが、その中で比較的楽な職場はどこなのか気になりますよね。薬剤師で比較的楽に働ける職場と、楽しく働ける仕事や職種についてまとめました。あまりハードな仕事場は避けたいと考えている方は是非参考にしてください。
一人薬剤師の処方箋枚数は?
個人薬局や小規模の調剤薬局では薬剤師1人で勤務すると言う職場もあります。一人薬剤師が請け負う一日の処方箋枚数、一人で勤務する場合の休憩の取り方、求人の探し方などをまとめて紹介します。一人薬剤師について興味がある方は是非参考にしてください。
薬剤師への待遇が悪い場合
まだまだ薬剤師不足と言われていて、薬剤師は高待遇で迎えられる所も多いですが、中には待遇が悪い、給料が安いという職場も存在します。薬剤師への待遇が悪いと感じる場合、どのように待遇改善を要求すればよいか、転職を決断するべき時はどんな時かまとめましたの。
転勤のメリットとデメリット
薬剤師でも全国規模で大手の薬局やドラッグストアでは転勤がある場合があります。転勤がある職場のメリットやデメリットについてまとめました。また大手には勤めたいけど転勤したくない!と言う場合の転勤なしの求人の探し方などについてもまとめていますので、転勤について気になる方は是非参考にしてください。