薬剤師 スキルアップ 本 資格

Pick up news !!

薬剤師のスキルアップまとめ!

「薬剤師のスキルアップまとめ!【※参考になる本や資格、転職先は?】」がイメージ出来る画像01

 

今薬剤師として働いて現状に満足していますか?充実して意欲的に働いている方も、「現状に満足せずもっとスキルアップして薬剤師としてのキャリアを積みたい!」と言う思いは心のどこかにはあるはずです。

 

中には「長年働いていても、給料は頭打ちで昇給しない」「もっと薬剤師としての知識をフルに生かして働きたい」と悩みを持つ方もいるのではないでしょうか?

 

薬剤師としてスキルアップしたくても、何から始めればいいのか分からないという薬剤師の方もいるかと思います。

薬剤師は長年勤めれば昇給するの?
薬剤師がスキルアップする為にはどうすればいいの?
薬局やドラッグストアからスキルアップして転職するにはどうすればいいの?
スキルアップする為の資格ってあるの?

 

実際に薬剤師の方でこのような疑問を持っている方も多く、どのようにスキルアップするべきか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は薬剤師の方が転職や資格によってキャリアアップするにはどうすればいいのか?スキルアップする為の転職先や資格についてまとめてみました。

 

今の職場で自分の力を発揮できていないとか、もっと薬剤師として活躍したいと望んでいる方は是非ご覧ください。


薬剤師のスキルアップ!薬剤師は昇給するの?管理薬剤師とは?

薬剤師は長年勤めると昇給は見込めるのでしょうか?薬剤師としてスキルアップするとともに給料もあげたい!と言う気持ちもあるのではないでしょうか。

 

ここでは≪薬剤師の昇給について≫と≪管理薬剤師としてスキルアップする≫ということについてまとめてみました。

薬剤師の昇給と管理薬剤師について!

薬剤師は昇給するの?

 

もし今働いている所で勤めあげたら薬剤師はどのくらい昇給するのでしょう。薬剤師は初任給や基本の給料は高めです。

 

なかでも調剤薬局ではある程度行くと昇給が見込めず、役職などにつかなければ年収600万円程で頭打ちです。実際に企業や公務員で勤める人に比べると昇給率はかなり低いです。

 

その中で管理薬剤師になったり、ドラックストアなどで店長になるなど昇進によって昇給する可能性はあります。また製薬会社など大手の企業に勤めると、残業があったり他の調剤薬局などに比べると昇給しやすくなります。

 

薬剤師のスキルアップ!管理薬剤師について

 

管理薬剤師になるにはスキルアップは必須!

管理薬剤師とはその名の通り、薬剤や人員を管理する仕事です。管理薬剤師になるのに特別な資格がいるわけではなく、薬剤師の資格をもっていればだれでも管理薬剤師になる事が出来ます。

 

薬に関する知識だけでなく、薬事法などの法律に関する知識や日々進化する新薬についての知識、処方せんによる調剤を行う薬局などの場合は医療事務、レセプト、医療保険に関する知識も必要です。

 

さらには薬の知識だけではなく店舗経営やスタッフの教育・指導、在庫管理や店舗レイアウトなどお店を運営する全般的な知識や能力も必要とされますので、管理薬剤師になるには全体的なスキルアップが必要となります。

 

スキルアップがキャリアアップにつながる!?

管理薬剤師としてキャリアアップするには、今勤務してる店舗や薬局で昇進して選ばれることが多く、一般的にはこうした実務経験をおよそ3年ほど積む必要があります。

 

管理薬剤師になると、薬剤師手当の他に管理薬剤師手当がつく所があります。この手当は必ずつけなければいけないという法的なものではありませんし、店舗によってはまったく出ない所もありますが、だいたいの相場で月に5万円前後の手当てを見込む事ができます。

薬剤師のスキルアップ!転職について〜管理薬剤師?病院勤務?

どれだけ大きな調剤薬局などに勤めていても、1箇所の所にいると学べる事に限界があります。薬剤師としてスキルアップする方法の一つとして≪転職≫があげられます。

薬剤師のスキルアップと転職

転職して管理薬剤師になる

 

近年では、薬を扱うドラッグストアが全国的にも急激に増えています。ドラックストアや調剤薬局、または製薬会社などの企業では必ず一人の管理薬剤師を置くことが、薬事法で定められています。

 

先ほども述べたとおり、管理薬剤師になると

・薬事法など法律に関する知識
・新薬に関する知識
・医療事務、レセプト、医療保険などの知識

が必要になり、おのずと薬剤師としての知識を広げる事が出来ます。

 

また、管理薬剤師になると職場によっては店舗経営に関することもあり

・経営力
・管理能力
・コミュニケーション能力

など薬剤師以外の社会的能力を身につける事が出来ます。

 

このような管理薬剤師は、勤めている店舗で昇進する他にも、”管理薬剤師”自体を募集している所も多くあります。

 

薬剤師としてキャリアがあり、もっとスキルアップしたいと望むなら管理薬剤師として転職してみるのもよいのではないでしょうか。

 

病院や企業に転職する

 

今、調剤薬局やドラッグストアで働いていると言う方は病院や企業で働くにはたくさんの知識が必要なのでは?自分に出来るのだろうか?としり込みをしてしまうかもしれません。

 

調剤薬局では医師からの処方箋を調剤するという、ミスの許されない重大な仕事ですが、さもすれば単調な作業になってしまいがちです。

 

転職して病院で勤務すると、医師からの処方箋を調剤するほか入院患者の栄養サポートや、治験業務に携わったりと医療チームとして活躍する事が出来ます。また、転職して企業に勤めるとこれまでの調剤業務とは全く違う職種に携わる事が出来ます。

 

企業では研究職や開発職などもありますし、医療情報の提供を担当するMRや治験の進行をスムーズにする治験コーディネーター、医薬品に関する情報を収集・整理・管理し、必要に応じて関係者に情報を提供する学術・DI業務などの仕事があります。

 

企業で働く薬剤師は医薬品に関する豊富な知識とたくさんの人に関わるコミュニケーション能力も必要になって来ます。このような違う職種への転職は不安が付きまとうものですが、自身のスキルアップの為にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

薬剤師のスキルアップ!〜おすすめの本は?〜

スキルアップして転職したいと考えていても、自分の能力でやっていけるのだろうかと不安に思う事もあるでしょう。

 

そんな時には以下のような参考書で日々知識を深めて行くのも良いかもしれません。

薬剤師のスキルアップや知識の幅を広げる参考書一覧

薬の知識に関する書籍一覧

 

 

運営や経営、管理に関する書籍一覧

 

 

コミュニケーションスキルに関する書籍

 

 

たくさんある参考書の中で、特に評価の高いものや分かりやすい物をピックアップしてみました。あくまで参考までにして頂き、ご自身の判断で購入は決めるようにしてくださいね。

薬剤師のスキルアップ!〜資格について〜

薬剤師としてスキルアップするには資格を取るという方法もあります。現在薬剤師としてスキルアップ出来る資格には認定薬剤師と専門薬剤師があります。

 

ここではこの二つの資格についてまとめてみました。

研修認定薬剤師と専門薬剤師

研修認定薬剤師っていったい何?

 

研修認定薬剤師とは倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関連法規・制度などの研修を行ったという認定をもらった薬剤師の事で、簡単に言うとその時代に添った薬剤師の知識を持っているという証明・認定をしてくれる制度なのです。

 

この認定を持っていると必ず就職に役立ったり、絶対に昇給する、という訳ではありません。しかし自身のスキルアップの為に幅広い知識を習得できますし、知識を習得したという証明にもなるので転職の際の強いアピールにもなります。

 

研修認定薬剤師になるにはどうすればいいの?

研修認定薬剤師4年以内に40単位以上、(1年で5単位以上)を取得することにより認定薬剤師の申請ができます。

 

まずインターネットやFAXなどで薬剤師研修手帳を発行してもらいます。(定価は514円でその他送料や振込手数料などがかかります。)

 

その後、「研修会開催計画書」を研修センターへ提出し、受理された研修会【集合研修・実習研修】【特定講座研修】【通信講座研修】、企業による新薬説明会などの【グループ研修】、その他【自己研修】などを受講し必要な単位を取得します。

 

認定を取得した後は、3年毎に更新を受ける必要があり、日々進化する医薬品の知識をつねに得なければいけません。

 

日本薬剤師研修センターではその他にも各種認定制度があります。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得した事を認定された薬剤師の事です。

 

小児薬物療法認定薬剤師

小児科で医薬品に関わる医療チームの一員として一定レベル以上の能力と適性を持っていることを認定された薬剤師の事です。

 

認定実務実習指導薬剤師

6年制薬学教育制度の薬学生に対して、医療の現場での実務実習の際に指導に当たることのできる薬剤師の事です。

 

専門薬剤師っていったい何?

 

専門薬剤師とはある専門領域について医学や医療の知識、薬物治療の高度な知識と技能を持っていると認定された薬剤師の事です。

 

今、関わっている分野でより専門的な知識を得たいとか、ある分野のエキスパートになりたいといった方にはとても良い資格です。専門薬剤師には

・がん専門薬剤師
・精神科専門薬剤師
・HIV感染症専門薬剤師
・妊婦・授乳婦専門薬剤師
・感染制御専門薬剤師

があります。この資格を得るためにはまず各専門領域での実務経験や一定期間の研修などで知識と技能を高め、試験に合格することで認定されり認定薬剤師になる必要があります。

 

その後、各専門領域の研究実績が吟味されて「専門薬剤師」に認定されます。

 

このような資格を取る為には申請や研修の受講、試験などかなり時間、それも年単位の時間がかかるので、今すぐ転職の為にスキルアップしたいという方には向かないでしょう。

 

しかし看護師や病院薬剤師の不足が叫ばれている中、医療チームの一員としてより一層活躍出来る資格なので、スキルアップを目指す方はこのような資格を取る事を考えてみてもよいのではないでしょうか。

 

 

 

薬剤師のスキルアップに関しては、知識を深める事はもちろんですが、しっかりと向上心を持って毎日の業務に取りかかれるような職場環境が必要かもしれません。

 

もし今現在の職場がスキルアップやキャリアアップに適していないのであれば、もっと向上心を持って働ける所へ転職しても良いかもしれませんね。

薬剤師のスキルアップまとめ!【※参考になる本や資格、転職先は?】関連ページ

薬剤師の休みに関する悩み
薬剤師の休みに関しては、勤める事業所の勤務形態によって大きく変わります。そんな中人気の、≪土日確実に休める勤務先≫についてまとめ、更に今現在休みがない場合どうすればいいか?などについてもご紹介させていただきます。もし、今現在休みに関して不満や疑問がある場合は、是非一度目を通しておいてくださいね。
薬剤師の転職理由で多いのは?
薬剤師の転職理由として多いのは、一体どんな理由なのでしょうか?今現在転職しようか迷っているけど「こんな理由で転職を考える人っているのかな・・・」なんて悩んでいる人も多いようです。そこで当記事では薬剤師の転職理由についてまとめてみました。近い将来転職を考えているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師がつらい理由と解決策
資格が必要な薬剤師と言う仕事、長い薬学生時代を終えて苦労して就いた仕事なだけに簡単に辞める事は出来ません。しかし、勤務して行く中でどうしても辛いと感じてしまう事はあります。今回はこの≪薬剤師のつらい≫についてまとめてみました。つらいと感じる理由や解決策は?また転職も考えた方が良いのか?等を紹介していますので、今現在つらいと感じている薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師に疲れた場合は?
苦労して入職した薬剤師の仕事、でも色々な理由により疲れてしまい、朝起きるのも苦痛に感じる人も少なくありません。そんな場合は退職するべきでしょうか?続けるメリットはあるのでしょうか?こちらについて今回はまとめてみました。場合によっては転職した方が良い時もありますので、今後について悩んでいるなら是非目を通してみて下さいね。
人間関係の悩み解消法!
薬剤師に多い悩みとして人間関係の悪さが挙げられる事が良くあります。あまりに人間関係が悪いと悩んでいると毎日仕事に行くのも苦痛で仕方なくなり、転職を考えてしまうかもしれません。そんな薬剤師の方へ向けて、人間関係の構築法や転職に関してをまとめてみました。今現在人間関係で悩んでいる薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね。
薬剤師の副業まとめ!
薬剤師でも仕事の状況や収入、家庭状況によっては、副業をしたいと考える人も少なくありません。はたして薬剤師は副業する事は可能なのでしょうか?また非常勤のような形で勤務する学校薬剤師は副業になるのでしょうか?これらについてまとめましたので、副業に興味がある薬剤師の方は是非チェックしてみて下さいね。
薬剤師に求められるものは?
薬剤師をしていると、「薬剤師に求められているものって何だろう・・・」とふと考え込んでしまう事もあります。入職した当初はやりがいやモチベーションに溢れていましたが、仕事がマンネリ化すると、どうしてもこのように自問自答してしまいます。そこで今回は”薬剤師に求められるもの”をまとめてみました。まずは絶対に抑えておきたい3つのポイントをしっかりと理解し、今後の仕事に役立ててもらえればと思います。
薬剤師の勤務時間は?
薬剤師として働いて、「自分は働き過ぎじゃない!?他の薬剤師はどれぐらい働いているの?」と気になるかもしれません。また、転職を考える際には、他の職種の勤務時間や労働時間は気になる所です。そこで今回は薬剤師の勤務時間に関してまとめてみました。もし他の業種や職種の薬剤師の勤務時間が気になる場合には是非チェックしてみてくださいね。
薬剤師の在宅ワークまとめ
薬剤師の仕事をしていても、給料面で不満があったり、将来に向けて貯金したい為に、在宅ワークや在宅勤務などを考える人も少なくありません。そこで今回は気になる薬剤師の在宅ワークについてまとめてみました。必要な資格や、在宅勤務の業務内容などについて詳しく紹介していますので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の掛け持ちと忙しさ
管理薬剤師の仕事内容や役割、兼業や兼任として管理薬剤師は出来るのか?などについて今回はまとめてみました。管理薬剤師は忙しいのでしょうか?今現在管理薬剤師をしていたり、今後管理薬剤師を目指している人は、転職についてなども含めて、是非参考にしてもらえればと思います。
新人薬剤師の悩みまとめ!
新人薬剤師に関しては、入職して間もないと言う事もあり、様々な悩みを抱えています。あまりに悩んでしまう場合、転職なども考えてしまう事もあるかと思いますので、今回は、新人薬剤師の悩みと転職についてをまとめてみました。今現在不安や不満を抱えている薬剤師の方は、是非参考にしてみてくださいね。
新人薬剤師の服薬指導の悩み
新人薬剤師の中には、服薬指導に関して苦手意識を持っていたり、勉強法について悩んでいる人も少なくないようです。そこで今回は、≪新人薬剤師の服薬指導≫について役立つ情報や勉強法、服薬指導のコツなどをまとめてみました。今現在悩んでいる新人薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師の結婚後の働き方
薬剤師の結婚後の働き方としては様々で、特に女性の場合、家庭を優先してパートで働くか?経済的に余裕を持つ為に正社員として働くか?は悩む所です。そこで今回は薬剤師の結婚後の働き方に関してまとめてみました。もし、結婚後の働き方に関して疑問に感じているようでしたら、是非最後までチェックしてみてくださいね。
薬剤師は結婚できない!?
手に職もあり収入も良い薬剤師は結婚できないとイメージからは程遠いように思いますが、実際は結婚できない薬剤師が増えているようです。そんな薬剤師の結婚できない理由やおすすめの婚活方法、結婚相談所などについてまとめています。早く結婚したい、結婚できない!と悩む薬剤師の方は是非チェックしてみて下さい。
薬剤師の通勤時間の許容範囲
薬剤師はどのくらい通勤時間をかけているのでしょう。みんなの許容範囲を調べてみました。転職の際にどのくらいの通勤時間を目安に求人をさがせばいいのか、通勤時間が長い場合のデメリットや通勤時間を有効に活用する方法を紹介しています。家庭との両立を考えて転職したい、とか通勤時間が長過ぎて苦痛、と考えていたら是非参考にしてみて下さい。
患者との信頼関係を築く対応
薬剤師の仕事やプライベートに関する事など、様々ンテーマでお役立ちコラムを掲載していきます。ちょっとした薬剤師あるあるから、今後働く上で役に立つような事、全国の薬剤師に関するデータなどについても取り上げていきます。薬剤師の方にとって役に立てるような情報、楽しめる情報を提供して行きます。
接客がいらない転職先は?
薬剤師の仕事は患者さんとのコミュニケーションが重要で接客は欠かせない仕事です。しかし接客が苦手な薬剤師は意外と多いものです。接客が苦手な薬剤師の方の為に、接客に関する悩みや克服の仕方、接客が要らないおすすめの転職先などを紹介しています。
育休のある職場と復帰
結婚や出産で休職する時に、産休や育休と言った制度があります。これは法律によって定められており、どんな職場にも申請できる制度です。では実際に薬剤師は産休や育休を活用できているのでしょうか。また育休明けの職場復帰はスムーズに出来るのでしょうか。薬剤師の産休や育休、育休明けの職場復帰についてまとめてみました。
薬剤師の将来性と飽和時代
就職・転職にも有利で安定した職業と思われている薬剤師ですが、ここ数年で薬剤師飽和という言葉をよく耳にするようになりました。試算上では過剰とされている薬剤師数ですが、本当に薬剤師飽和時代はやってくるのでしょうか。また、薬剤師過剰は薬剤師の将来性にどのように影響されるのでしょう。薬剤師の将来性と今後必要とされる薬剤師について記事をまとめました。
薬剤師のキャリアアップ
薬剤師の仕事やプライベートに関する事など、様々ンテーマでお役立ちコラムを掲載していきます。ちょっとした薬剤師あるあるから、今後働く上で役に立つような事、全国の薬剤師に関するデータなどについても取り上げていきます。薬剤師の方にとって役に立てるような情報、楽しめる情報を提供して行きます。
妊娠後の働き方まとめ!
薬剤師の女性が退職や転職を考える理由に妊娠があります。妊娠中に働く事の子供への影響や産前産後の事など考えるべき事がたくさんあり、退職や転職で悩む女性薬剤師が多くいます。これから妊娠を控えている方や現在妊娠中の薬剤師の方の為に、妊娠後の働き方について記事をまとめましたので是非参考にしてみて下さい。
有給休暇がとれない薬剤師
代わりのきかない薬剤師はどのくらい有給休暇を取れているのでしょう。プライベートを重視したい方や家庭との両立がある方は有給休暇が取れるかどうかは大切なポイントです。薬剤師はどのくらい有給休暇がとれているのか、有給消化率の高い求人の探し方など詳しく紹介していますので是非参考にしてみて下さい。
薬剤師の夜勤まとめ!
医療の最前線で活躍出来る病院薬剤師はやりがいもあり、薬剤師の中でも人気の職種です。しかし夜勤や当直があり、家庭との両立などでどうして夜勤が出来ず病院勤務をあきらめているという方も多いようです。そこで薬剤師の夜勤や当直について、夜勤手当の相場や夜勤・当直のない病院の探し方などを詳しく紹介しています。
薬剤師の残業まとめ
薬剤師の仕事は残業が多くて大変な所もあれば、全く残業がない職場もあります。中には残業が多く、仕事がハードすぎる為転職を考えているという方も少なくありません。薬剤師はどのくらい残業しているのか、残業の少ない職場や残業のない求人の探し方について記事をまとめています。
パワハラで悩んでいる方へ
ここ数年の間でパワハラと言う事がを聞く事が多くなりましたが、もちろん薬剤師の世界にもこのパワハラは存在します。今回はそんな薬剤師のパワハラの対処法や転職した方が良いのか?についてまとめてみました。
管理薬剤師に求められるもの
薬剤師の中でも責任感が人一倍重要となる管理薬剤師、そんな管理薬剤師に求められる能力や知識などについてまとめてみました。これから管理薬剤師を目指す人や、今現在管理薬剤師として自信を無くしている人は是非参考にしてくださいね。
ドラッグストアの薬剤師は負け組?
薬剤師と一言で言っても、活躍する場は様々です。なかでもドラックストアで働く薬剤師で、過酷な労働や長時間の勤務などストレスを抱える薬剤師は多いようです。ドラックストアで働く薬剤師は負け組みなのか?ドラックストアの実情や辞めたい場合の対処法、失敗しない転職の方法などをまとめています。
ドラッグストアのパートの時給や求人
薬剤師の方でパートとしてドラッグストアで勤務する方も多くいます。通常のパートより時給が良く、時間の融通も効くので家庭との両立のためにドラッグストアのパートとして転職する方も多いようです。ドラッグストアのパートの時給や高待遇の求人の探し方をまとめましたので、転職を考えている方は是非参考にしてください。
調剤薬局と医療事務の違いは?
調剤薬局には薬剤師の他に医療事務のスタッフが勤務している所がほとんどです。調剤薬局での医療事務と病院などの医療事務では仕事内容は違うのでしょうか。調剤薬局事務と医療事務の仕事内容や給料の違い、転職するならどっちがよいかについてまとめていますので、医療事務を目指す方は是非参考にしてください。
病院薬剤師はつまらない?
病院薬剤師は医療の最先端で働けるやりがいのある仕事ですが、勤務地によってはつまらないと嘆く薬剤師の方もいます。病院薬剤師でつまらない、疲れる、ついていけないと感じる勤務先とはどんなびょういんなのでしょう。病院薬剤師がつまらないと感じる原因とその対処法についてまとめています。
薬剤師で比較的楽な仕事は?
一言で薬剤師と言っても活躍する現場はたくさんあります。調剤薬局や病院、ドラッグストアや企業など様々ですが、その中で比較的楽な職場はどこなのか気になりますよね。薬剤師で比較的楽に働ける職場と、楽しく働ける仕事や職種についてまとめました。あまりハードな仕事場は避けたいと考えている方は是非参考にしてください。
一人薬剤師の処方箋枚数は?
個人薬局や小規模の調剤薬局では薬剤師1人で勤務すると言う職場もあります。一人薬剤師が請け負う一日の処方箋枚数、一人で勤務する場合の休憩の取り方、求人の探し方などをまとめて紹介します。一人薬剤師について興味がある方は是非参考にしてください。
薬剤師への待遇が悪い場合
まだまだ薬剤師不足と言われていて、薬剤師は高待遇で迎えられる所も多いですが、中には待遇が悪い、給料が安いという職場も存在します。薬剤師への待遇が悪いと感じる場合、どのように待遇改善を要求すればよいか、転職を決断するべき時はどんな時かまとめましたの。
転勤のメリットとデメリット
薬剤師でも全国規模で大手の薬局やドラッグストアでは転勤がある場合があります。転勤がある職場のメリットやデメリットについてまとめました。また大手には勤めたいけど転勤したくない!と言う場合の転勤なしの求人の探し方などについてもまとめていますので、転勤について気になる方は是非参考にしてください。