薬剤師 在宅勤務 在宅ワーク

Pick up news !!

薬剤師の在宅勤務や在宅ワークまとめ【※必要な資格と業務内容!】

薬剤師の在宅勤務や在宅ワークまとめ【※必要な資格と業務内容!】

 

薬剤師の男女比は男性が4割、女性が6割と女性の方が多い職種です。

 

ところが、女性は結婚、出産を機に退職したり育休を取ったりするため、復職の際にブランクを感じて辞めてしまうという方も少なくはありません。

 

また、復職を考えても希望する職場がなかったり、子供を預ける場所がない、子供にあわせた勤務時間で働けるところがないなどの理由で復職できない場合もあります。

 

そんな方や、諸事情で通常勤務ができないといった方に、薬剤師の在宅勤務や在宅ワークが注目されています。

 

薬剤師というと、調剤業務や服薬指導、薬の研究・開発といった仕事がイメージしやすいですが、それ以外にも薬剤師が在宅でできる仕事も増えています。

 

あまり一般的ではないので、想像しにくいかもしれませんね。そこで、今回は薬剤師の在宅勤務や在宅ワークについて詳しくまとめてみました。

 

「産後の職場復帰が難しい・・・」
「長時間勤務をすることができない・・・」
「人との関わりに苦痛を感じる・・・」
「自分のペースで仕事をしたい・・・」
「在宅で薬剤師としての資格を生かして仕事がしたい・・・」

 

このように感じている方、在宅勤務を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 


薬剤師の経験を活かせる在宅ワーク!必要な資格や仕事内容は?

薬剤師の経験を活かせる在宅ワーク!必要な資格や仕事内容は?

 

子育て中や介護中で、外へ働きにいけない方や、長時間働く事ができないという理由のある薬剤師の方に、最近非常に人気なのが在宅勤務や在宅ワークです。

 

そういう理由はなくても、自分のペースで仕事をし、プライベートを充実させたいという方にもおすすめの働き方です。

 

では、薬剤師の在宅勤務にはどういった仕事があるのでしょう?その仕事内容や資格についてまとめてみました。

 

メディカルライター業務

メディカルライター業務

 

メディカルライターとは、医療や健康に関する文章を作成する人のことをいいます。文章にもいろいろな種類があります。

 

例えば、新しい医薬品の承認申請に必要な書類(CDT: Common Technical Document)や、医薬品の詳細情報をまとめたパンフレット、一般の方向けに専門的な医療情報をわかりやすく伝える記事などです。

 

それぞれ雇用機関も違うので、別々に見ていきましょう。

 

製薬会社や医療品開発業務受託機関のライター

 

製薬会社やCRO(Contract Research Organization:医療品開発業務受託機関)で行われる医薬品開発に必要な書類の作成に関わります。

 

ここでは新しい薬を研究・開発し、検査で安全性や有効性を証明した後、厚生労働省に製造承認してもらうために申請書類を提出するところまでが仕事になっています。

 

メディカルライターは、治験・臨床試験用の資料や計画書、報告書、医薬品の承認申請資料(総括報告書、CTD等)の書類の作成を担当します。

 

論文作成の補助などをすることもあります。専門的な知識や経験が必要とされます。

 

この種のライター業務の求人は常にありますが、在宅でという条件を付けると見つからないのが現状です。

 

しかし、ここで経験を積んだ薬剤師が、在宅のメディカルライティングの仕事を探したり、メディカルライターとして転職する場合にはかなり有利になるでしょう。

 

医療系広告代理店のメディカルコピーライター

 

医療系広告代理店のメディカルコピーライター

 

メディカルコピーライターという仕事はメディカルライターの中に含まれることが多いですが、より広報的な文章の作成に携わる場合を言います。

 

医薬品や医療機器の販売促進のためのキャッチコピーや広告文の作成が主な仕事です。

 

ダイレクトメールやPOP以外にも、雑誌やサイト、オンラインショップ、バナー、メールマガジンの記事や、新薬の添付書類やパンフレット、特集記事など多岐に及びます。 

 

医薬品や医療機器のコピーには薬事法や表現の制約もあり、医療用語なども必要になってくるため、薬剤師や医療関係者のライター需要は多くなっています。

 

製薬会社でもメディカルコピーライターを募集していることもあります。以下が仕事内容の例です。

 

製薬会社の学術資材・販促ツールの企画、編集、作成
イベントの企画・制作・実施運営サポート
学会・ブース出展の企画・制作
広報
メディアの統合企画とその政策

 

メディカルコピーライターも在宅のみという勤務形態の求人に出会うのはかなり難しくなっています。

 

しかし、正社員として経験を積み、実績を上げることができれば、フリーランスとして自立する道も開かれています。

 

医療系のコンテンツを作成するライター

 

医療系のコンテンツを作成するライター

 

医療専門家向けに最新医療の情報を執筆したり、一般人向けに難しい医療情報をわかりやすく説明する記事を書くライターです。

 

専門知識、文章力に自信があれば、医療系出版社へ就職することも可能です。正社員として雇われるスタイルも、記事1本いくらという契約で執筆というスタイルもあるでしょう。

 

記事の執筆のために、学会に出向いたり、取材や調査が必要になる場合もありますが、在宅での仕事が見つけやすいのがこの種のメディカルライターです。

 

特に医療系のサイトコンテンツ作成は在宅ワークと相性がいいため、文章を書くのが好きな薬剤師の在宅での仕事として最適です。

 

医学・薬学・医薬品・健康・美容についての情報サイトは需要も多く、薬剤師ならではの知識を記事に活かすこともできます。

 

クラウドソーシングサイトでは、記事単価1000円〜1万円や、1文字0.5円〜3円など、案件によって報酬額もいろいろです。

 

薬剤師転職についても薬剤師の声が必要とされています。サイトによっては薬剤師のライターを募集しているところもあります。

 

また、医薬品に関するサイトの監修を引き受けることもできます。薬剤師ではないライターが執筆した記事の正確さを確認し、修正したり加筆したりする仕事です。

 

薬剤師監修のサイトはそうでないサイトより価値が上がり信頼されやすくなるので、責任はありますが、やりがいがあるでしょう。 

 

医療関連文書の翻訳

医療関連文書の翻訳

 

すでに翻訳者としての経験があり、なおかつ最新の医学・薬学を常に勉強している薬剤師なら、医療関連分野の翻訳者として仕事することも可能です。

 

在宅で仕事したいなら、いろんな翻訳会社のトライアルを受けて合格することで、フリーランスの翻訳家として仕事を受注していけるでしょう。

 

翻訳の仕事は、外資系製薬会社なら医薬品に関する安全性情報・副作用情報の翻訳や新薬許可申請書の翻訳が必要です。

 

報告書、臨床開発の文章、治験文書などの翻訳を求められることもあるでしょう。

 

また、医療機器メーカーでは、取扱説明書やカタログ・販売資料の翻訳、製造販売申請書の作成などがあります。

 

その他、化粧品メーカーやサプリメントの会社でも翻訳が必要なところは多いようです。

 

また、学術書(医学論文や医学関係の書籍)の翻訳・学会やプレゼン資料の翻訳の仕事もあります。

 

経験豊富で有能な医薬翻訳家はそれほどいないため、需要は多く、今後もますます必要とされるでしょう。

 

ただ、医薬翻訳家になるのはかなりハードルが高いとは言われています。雇われるには経験が必要なことが多く、英語ならTOEIC900点ぐらいの語学力、深い専門的知識が必要とされるからです。

 

翻訳学校に通ったり、他業種でも社会人として翻訳の経験を積みながら医薬についての勉強を続けることで、将来的には在宅ワークとすることができます。

 

DI(医薬品情報)業務

DI(医薬品情報)業務

 

薬剤師のDI業務とは、最新の医薬品情報:DI(Drug Infomation)を収集して、管理し、医師やMRなどの医療関係者、そして患者さんに提供、アドバイスする仕事です。

 

日々更新されていく治験や臨床検査から得られた情報、つまり医薬品の効能・副作用・使用方法といった情報を集めて、関連文献や論文で確認して正確さもチェックします。

 

そしてその情報を分類して管理し、各機関への情報提供に適した形(資料)にし、問い合わせに答えます。

 

最新情報を収集する際、英語での情報が必要になる場合もあります。

 

一般に製薬会社や医療機器メーカーや病院、ドラッグストアで勤務しますが、まれにこれを在宅で行えることもあります。

 

問い合わせ業務

問い合わせ業務

 

製薬会社のお客様からのお問い合わせに回答するという業務です。メール対応はもちろん、企業にかかってきた電話での問い合わせは、自宅へ転送されることで在宅業務が可能になります。

 

薬の副作用についての問い合わせや、別の薬との飲み合わせに関する質問、取扱説明書にない事項への問い合わせなど、薬に関する疑問に答え、相談にのるお仕事です。

 

こちらも通常はオフィス勤務ですが、稀に在宅可能な企業があります。

 

書類作成業務

前述した製薬会社や医療品開発業務受託機関のライター業務と同じで、厚生労働省に提出する各種申請書やプロトコル(治験の実施計画書)、報告書などの作成、薬事関連の書類作成業務です。

 

これを経験のある薬剤師に代行したいと考える会社もあります。

 

しかしすべて在宅で可能かと言えばそうではなく、治験の様子を見に行く必要があることも多いようです。

 

薬剤師の在宅ワークに資格は必要?

薬剤師の在宅ワークに資格は必要?

 

以上でお伝えした在宅ワークのどれも、特に必要な資格があるわけではありません。薬学や医学、外国語の十分な知識、そして経験や実績が重要視されます。

 

特に実績があると採用されやすく、仕事もスムーズに進みます。出来高制の在宅勤務では短時間にたくさん仕事をこなせるほど収入が得られるので、場を踏むことは大切なのです。

 

はじめは時間がかかったり、簡単な事しかできないかもしれませんが、継続することで徐々に慣れて実績も作れるようになります。信用を得るためにも諦めないで続けることが大切ですね。

 

また、今すぐ在宅ワークだけで収入を得ていくことが難しくても、まずは治験や翻訳などに携われる勤務先に就職し、数年キャリアを積んでから完全在宅を目指すというように、計画的に進めていく方法もあります。


薬剤師が在宅で仕事ができるメリット、デメリット!

薬剤師が在宅で仕事ができるメリット、デメリット!

 

一般に考えられる薬剤師のお仕事、調剤やお薬の指導、管理とは少し違う薬剤師の在宅ワークですが、それを良いと考えるかは各々の薬剤師の考え方次第ですね。そのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

在宅ワークのメリット!

在宅ワークのメリット!

 

自分のペースで仕事できる

 

決まった時間に仕事をしなければならない一般的な働き方とは違い、自分や家族の都合に合わせて時間や仕事量を調節できるのは、在宅ワークの大きな魅力です。

 

体調がすぐれない時は休み、仕事をする時は集中してやる、など自分のペースに合わせて仕事をすれば、結果的にはよりはかどることもありますね。

 

また家族の急病や急用に対応できるのも時間が自由であるからこその特権です。

 

子育て・介護しながら収入を得られる

 

赤ちゃんや病人、高齢者がいる家庭では外に働きに行くことはできません。でも在宅ワークという形態ならば、仕事をあきらめることもなく、子育てや介護をしながら収入を得ることも可能です。

 

執筆や翻訳、書類作成、メールでの回答などは、隙間時間を利用して取り組めますね。

 

人間関係に悩むことはない

 

人づきあいが苦手な薬剤師、今まで仕事場での人間関係に悩んでいた薬剤師には、人との関わりがあまりない在宅ワークはありがたいのではないでしょうか。

 

でも顔が見えない分、クライアントとの信頼関係は非常に大切になってきます。

 

どこでも働ける

 

どこでも働けるというのは在宅ワークの大きな魅力です。通勤時間も交通費もいりません。

 

家族の引っ越しなどで仕事を辞める必要もありませんし、逆に喫茶店やリゾートホテルなど、どこでも好きな場所で仕事することができます。

 

年齢の制限がない

 

定年退職を迎えるような年になっても、やる気さえあればどんどん仕事を受注することができます。長年薬局や病院で仕事して得た知識や経験は、必要としている人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

働いた分だけ収入が得られる

 

薬剤師の中には、長時間勤務先に拘束されているのに、それに見合った報酬を得ていない薬剤師もいないわけではありません。

 

在宅ワークなら、自分が働いた分だけ収入が得られるという点で納得して取り組めるはずです。

 

単発案件などでは、早く収入を受け取れる

 

薬剤師の在宅勤務は、正社員であることは少なく、フリーランスであることが多いです。

 

ライターならば1記事いくら、10記事いくらというように、仕事ごとに契約を結んでいく形なので、単発案件ではすぐに仕事が終わり、報酬も早く手に入ることが多いです。

 

仕事を選ぶことができる

 

雇われている場合は自分に仕事の決定権はありませんが、フリーの薬剤師として在宅ワークを選ぶならば、自分の得意な仕事、興味ある仕事を選びながら収入を得ていくことが可能です。

 

何のスペシャリストになりたいのか、そのためにはどういう仕事の実績を積めばいいのか、自分で将来のライフプランを作っていく楽しみがあります。

 

副業としても始められる

 

薬局などに正社員として務めている薬剤師も、さらに収入を増やすための副業として在宅ワークを始めることも可能です。

 

クラウドソーシングサイトには、記事作成や医療関係の翻訳の仕事があり、単発案件から長期に及ぶものまでさまざまです。誰でも気軽に始めることができます。

 

在宅ワークのデメリット!

在宅ワークのデメリット!

 

収入が低めであることが多い

 

薬剤師は資格が必要な仕事なだけに、薬局や病院、ドラッグストアで働く薬剤師の給料は他職種と比較すると高いと言えます。

 

しかし、薬剤師の在宅ワークはあまりなく、あってもはじめは実績がないため報酬は少ないものです。

 

あまり慣れない作業で時間がかかり、時給に換算すると外に働きに行くよりも少ない場合も多いのです。だんだん慣れて素早くこなせるようになると、仕事量も増え収入も多くなります。こつこつと継続することが大切です。

 

仕事量・収入が不安定である

 

会社に雇われているが仕事は在宅でという場合は例外ですが、個人事業主の薬剤師は仕事があるかないか、単価の高い案件かどうかによって大きく収入が変わることもよくあります。

 

単発的な案件か、継続的な案件かによっても安定さは違うでしょう。

 

フリーランスとして軌道に乗るまでは薬剤師に関する在宅の仕事だけでは厳しいことを理解して、別のジャンルの執筆を積極的に引き受けたり、派遣薬剤師の仕事を数時間掛け持ちするなど、融通をきかせる必要もあります。

 

自分で営業や事務、会計業務をしなくてはいけない

 

仕事を探したり、スケジュールを管理したり、クライアントとのやり取りや会計業務まですべて一人で行わなければいけません。

 

特に確定申告など、雇われていればする必要のなかった作業に関しては、はじめは知らない事が多く手間もかかり大変です。

 

自己管理能力が必要である

 

納期をしっかり守ることは、クライアントから信用を得て、継続して仕事をもらうためにとても重要です。

 

でも自宅で仕事をしていると家族の都合に振り回されたり、怠けてしまったりという事も多いもの。自分で自分を律し、予定通りに仕事を済ます、自分の可能な仕事量を把握するという事はとても大切です。


在宅勤務に向いている薬剤師はどんな人?

在宅勤務に向いている薬剤師はどんな人?

 

在宅勤務の薬剤師は今まで見てきたように、メリットも多い反面デメリットもあります。特に収入が不安定という点について見ると、例えば家庭の大黒柱が在宅ワーカーの薬剤師だと、不安要素が強くなってしまうでしょう。

 

薬剤師に限らずフリーランスは社会的信用が低く、大きな買い物をするためのローンが組めないなどのデメリットがあるからです。

 

では、在宅勤務に向いているのはどんな人でしょうか?まとめてみました。

 

子育てで職場復帰が難しい元薬剤師のママ!

一家の大黒柱がご主人であるような、子育て中のママさん薬剤師は在宅勤務に向いています。

 

子供の世話や教育、家事をしながら自宅で自分のペースに合わせて仕事ができれば、仕事も家庭も手に入れることができるので理想ですよね。

 

元薬剤師として勤務した経験などを記事にできると、薬剤師になりたい人や転職を考えている人へのとても有益な記事になります。

 

介護や看護をしながら働く薬剤師!

介護や看護の必要がある家族がいると、外へ働きに行くことは難しいですね。薬剤師の仕事よりも介護や看護が主な仕事になっているはずです。

 

そういった場合も、家計の足しに薬剤師の在宅ワークをすることは介護・看護の邪魔にならないためおすすめです。

 

人と接するのが苦手な薬剤師!

薬剤師の仕事は、通常では薬の指導など人と関わることも多いはずです。もともと接客業は好きではないという薬剤師は、方向転換をして情報収集や翻訳・ライター業務・書類作成など一人でできる在宅ワークを始めるのもいいですね。

 

しかし、クライアントとのやり取りはとても重要ですし、取材なども必要なことがあります。

 

内職や副業で収入を増やしたい薬剤師!

在宅ワークは不安定ですが、内職や副業としてはプラスアルファになるだけで何のリスクもありません。日中は薬剤師として勤務しながら夜はライター業務など、新しいことにチャレンジしてみるのも刺激になりいいですね。

 

少しずつ経験を積むためにも、副業として始めるのはよい方法です。


薬剤師の在宅ワーク求人の探し方!

薬剤師の在宅ワーク求人の探し方!

 

薬剤師の在宅ワークの種類をまとめてみましたが、実際には見つけるのが難しい仕事もたくさんあります。それでもどうしても在宅で薬剤師関係の仕事がしたいという方は、以下を試してみてはどうでしょう?

 

在宅ワーカーを募集している企業に直接コンタクト!

まずは在宅ワーカーを募集している企業を探して、直接コンタクトを取ってみて下さい。募集しているという事は、採用される可能性も高いはずです。

 

特に、薬剤師転職関係のポータルサイトでは、薬剤師の勉強、試験、仕事や転職についての詳細や経験談を必要としているので、在宅ワーカーを募集しているところも見つかるでしょう。お薬について詳しく書いているサイトでも同様です。

 

また、今は求人は出していないが在宅勤務形態を採用している企業もあるかもしれません。そういう会社に転職できるよう目を光らしておくのもいいですね。

 

そういう企業を探すために検索をかけると思いますが、薬剤師で「在宅」というと、患者さんの自宅を訪問してお薬の配達・管理・指導をする「在宅医療」についての仕事を言う場合があるので混同しないように気をつけましょう。

 

クラウドソーシングのサイトを利用!

クラウドソーシングのサイトを利用!

 

ライター、翻訳、書類作成、調査などの在宅業務は、クラウドソーシングのサイトを利用すればいくらでも簡単に見つけることができます。

 

ただし、薬剤師の仕事に特化したサイトではないため、薬剤師の仕事にしか興味がないならそれほど種類は多くはないでしょう。

 

しかし、薬学だけではなく、健康・美容・介護など、どんどん得意なジャンルを増やしていくことで、月10万円以上の収入を得ていくことも可能です。副業としてもぴったりですね。

 

転職サイトに登録して非公開求人を探す!

在宅ワーカーの仕事の中でも、メディカルコピーライター業務、DI業務、問い合わせ業務、治験関連の書類作成業務は、それぞれの企業や病院の顔となり、事業主とのつながりが強い場合が多々あります。

 

そのため、全く内部事情を知らない第3者に委託するより、社員に任せたいと考えるのが一般的です。そういった業務での在宅ワークを見つけるのが難しいのはそういう理由からでもあるのです。

 

ただ、キャリアを積んだ社員の勤務形態を、通常の固定時間ではなく在宅勤務にシフトしていくという試みを始めている企業は、少数ですがあるようです。

 

薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談すると、そういった企業の内部事情を把握している場合もあります。

 

コンサルタントへの満足度がとても高い薬剤師転職サイトとしてお勧めするのは『マイナビ薬剤師』です。親身に相談にのってくれます。登録は無料なので、一度相談してみるのもよいですね。

 

「マイナビ薬剤師の詳細はこちら!」がイメージ出来る画像03

 

また、薬剤師転職サイトでは、普通に検索しても在宅ワークの仕事や在宅勤務のできる職場は見つかりません。しかし、非公開求人として在宅勤務可能な求人がある可能性もあります。

 

現在なくてもそういう求人があった時に知らせてもらうようお願いすることも可能です。

 

薬剤師の非公開求人を大量に取り扱っているのが『リクナビ薬剤師』です。求人総数の75%と豊富にあるのでうまく活用するとよいですよ。

 

「リクナビ薬剤師の公式サイトはコチラ!」がイメージ出来る画像02


薬剤師の在宅勤務や在宅ワークまとめ【※必要な資格と業務内容!】関連ページ

薬剤師の休みに関する悩み
薬剤師の休みに関しては、勤める事業所の勤務形態によって大きく変わります。そんな中人気の、≪土日確実に休める勤務先≫についてまとめ、更に今現在休みがない場合どうすればいいか?などについてもご紹介させていただきます。もし、今現在休みに関して不満や疑問がある場合は、是非一度目を通しておいてくださいね。
薬剤師のスキルアップまとめ!
薬剤師のスキルアップやキャリアアップに関する情報をまとめました。薬剤師に参考になる本や資格、スキルアップの為に何から始めれば良いかわからない・・・と言う方へ向けて役立つ情報をお伝えしていきます。今後、薬剤師としてスキルアップや給料アップを考えているなら、是非チェックしておいて下さいね!
薬剤師の転職理由で多いのは?
薬剤師の転職理由として多いのは、一体どんな理由なのでしょうか?今現在転職しようか迷っているけど「こんな理由で転職を考える人っているのかな・・・」なんて悩んでいる人も多いようです。そこで当記事では薬剤師の転職理由についてまとめてみました。近い将来転職を考えているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師がつらい理由と解決策
資格が必要な薬剤師と言う仕事、長い薬学生時代を終えて苦労して就いた仕事なだけに簡単に辞める事は出来ません。しかし、勤務して行く中でどうしても辛いと感じてしまう事はあります。今回はこの≪薬剤師のつらい≫についてまとめてみました。つらいと感じる理由や解決策は?また転職も考えた方が良いのか?等を紹介していますので、今現在つらいと感じている薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師に疲れた場合は?
苦労して入職した薬剤師の仕事、でも色々な理由により疲れてしまい、朝起きるのも苦痛に感じる人も少なくありません。そんな場合は退職するべきでしょうか?続けるメリットはあるのでしょうか?こちらについて今回はまとめてみました。場合によっては転職した方が良い時もありますので、今後について悩んでいるなら是非目を通してみて下さいね。
人間関係の悩み解消法!
薬剤師に多い悩みとして人間関係の悪さが挙げられる事が良くあります。あまりに人間関係が悪いと悩んでいると毎日仕事に行くのも苦痛で仕方なくなり、転職を考えてしまうかもしれません。そんな薬剤師の方へ向けて、人間関係の構築法や転職に関してをまとめてみました。今現在人間関係で悩んでいる薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね。
薬剤師の副業まとめ!
薬剤師でも仕事の状況や収入、家庭状況によっては、副業をしたいと考える人も少なくありません。はたして薬剤師は副業する事は可能なのでしょうか?また非常勤のような形で勤務する学校薬剤師は副業になるのでしょうか?これらについてまとめましたので、副業に興味がある薬剤師の方は是非チェックしてみて下さいね。
薬剤師に求められるものは?
薬剤師をしていると、「薬剤師に求められているものって何だろう・・・」とふと考え込んでしまう事もあります。入職した当初はやりがいやモチベーションに溢れていましたが、仕事がマンネリ化すると、どうしてもこのように自問自答してしまいます。そこで今回は”薬剤師に求められるもの”をまとめてみました。まずは絶対に抑えておきたい3つのポイントをしっかりと理解し、今後の仕事に役立ててもらえればと思います。
薬剤師の勤務時間は?
薬剤師として働いて、「自分は働き過ぎじゃない!?他の薬剤師はどれぐらい働いているの?」と気になるかもしれません。また、転職を考える際には、他の職種の勤務時間や労働時間は気になる所です。そこで今回は薬剤師の勤務時間に関してまとめてみました。もし他の業種や職種の薬剤師の勤務時間が気になる場合には是非チェックしてみてくださいね。
管理薬剤師の掛け持ちと忙しさ
管理薬剤師の仕事内容や役割、兼業や兼任として管理薬剤師は出来るのか?などについて今回はまとめてみました。管理薬剤師は忙しいのでしょうか?今現在管理薬剤師をしていたり、今後管理薬剤師を目指している人は、転職についてなども含めて、是非参考にしてもらえればと思います。
新人薬剤師の悩みまとめ!
新人薬剤師に関しては、入職して間もないと言う事もあり、様々な悩みを抱えています。あまりに悩んでしまう場合、転職なども考えてしまう事もあるかと思いますので、今回は、新人薬剤師の悩みと転職についてをまとめてみました。今現在不安や不満を抱えている薬剤師の方は、是非参考にしてみてくださいね。
新人薬剤師の服薬指導の悩み
新人薬剤師の中には、服薬指導に関して苦手意識を持っていたり、勉強法について悩んでいる人も少なくないようです。そこで今回は、≪新人薬剤師の服薬指導≫について役立つ情報や勉強法、服薬指導のコツなどをまとめてみました。今現在悩んでいる新人薬剤師の方は是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師の結婚後の働き方
薬剤師の結婚後の働き方としては様々で、特に女性の場合、家庭を優先してパートで働くか?経済的に余裕を持つ為に正社員として働くか?は悩む所です。そこで今回は薬剤師の結婚後の働き方に関してまとめてみました。もし、結婚後の働き方に関して疑問に感じているようでしたら、是非最後までチェックしてみてくださいね。
薬剤師は結婚できない!?
手に職もあり収入も良い薬剤師は結婚できないとイメージからは程遠いように思いますが、実際は結婚できない薬剤師が増えているようです。そんな薬剤師の結婚できない理由やおすすめの婚活方法、結婚相談所などについてまとめています。早く結婚したい、結婚できない!と悩む薬剤師の方は是非チェックしてみて下さい。
薬剤師の通勤時間の許容範囲
薬剤師はどのくらい通勤時間をかけているのでしょう。みんなの許容範囲を調べてみました。転職の際にどのくらいの通勤時間を目安に求人をさがせばいいのか、通勤時間が長い場合のデメリットや通勤時間を有効に活用する方法を紹介しています。家庭との両立を考えて転職したい、とか通勤時間が長過ぎて苦痛、と考えていたら是非参考にしてみて下さい。
患者との信頼関係を築く対応
薬剤師の仕事やプライベートに関する事など、様々ンテーマでお役立ちコラムを掲載していきます。ちょっとした薬剤師あるあるから、今後働く上で役に立つような事、全国の薬剤師に関するデータなどについても取り上げていきます。薬剤師の方にとって役に立てるような情報、楽しめる情報を提供して行きます。
接客がいらない転職先は?
薬剤師の仕事は患者さんとのコミュニケーションが重要で接客は欠かせない仕事です。しかし接客が苦手な薬剤師は意外と多いものです。接客が苦手な薬剤師の方の為に、接客に関する悩みや克服の仕方、接客が要らないおすすめの転職先などを紹介しています。
育休のある職場と復帰
結婚や出産で休職する時に、産休や育休と言った制度があります。これは法律によって定められており、どんな職場にも申請できる制度です。では実際に薬剤師は産休や育休を活用できているのでしょうか。また育休明けの職場復帰はスムーズに出来るのでしょうか。薬剤師の産休や育休、育休明けの職場復帰についてまとめてみました。
薬剤師の将来性と飽和時代
就職・転職にも有利で安定した職業と思われている薬剤師ですが、ここ数年で薬剤師飽和という言葉をよく耳にするようになりました。試算上では過剰とされている薬剤師数ですが、本当に薬剤師飽和時代はやってくるのでしょうか。また、薬剤師過剰は薬剤師の将来性にどのように影響されるのでしょう。薬剤師の将来性と今後必要とされる薬剤師について記事をまとめました。
薬剤師のキャリアアップ
薬剤師の仕事やプライベートに関する事など、様々ンテーマでお役立ちコラムを掲載していきます。ちょっとした薬剤師あるあるから、今後働く上で役に立つような事、全国の薬剤師に関するデータなどについても取り上げていきます。薬剤師の方にとって役に立てるような情報、楽しめる情報を提供して行きます。
妊娠後の働き方まとめ!
薬剤師の女性が退職や転職を考える理由に妊娠があります。妊娠中に働く事の子供への影響や産前産後の事など考えるべき事がたくさんあり、退職や転職で悩む女性薬剤師が多くいます。これから妊娠を控えている方や現在妊娠中の薬剤師の方の為に、妊娠後の働き方について記事をまとめましたので是非参考にしてみて下さい。
有給休暇がとれない薬剤師
代わりのきかない薬剤師はどのくらい有給休暇を取れているのでしょう。プライベートを重視したい方や家庭との両立がある方は有給休暇が取れるかどうかは大切なポイントです。薬剤師はどのくらい有給休暇がとれているのか、有給消化率の高い求人の探し方など詳しく紹介していますので是非参考にしてみて下さい。
薬剤師の夜勤まとめ!
医療の最前線で活躍出来る病院薬剤師はやりがいもあり、薬剤師の中でも人気の職種です。しかし夜勤や当直があり、家庭との両立などでどうして夜勤が出来ず病院勤務をあきらめているという方も多いようです。そこで薬剤師の夜勤や当直について、夜勤手当の相場や夜勤・当直のない病院の探し方などを詳しく紹介しています。
薬剤師の残業まとめ
薬剤師の仕事は残業が多くて大変な所もあれば、全く残業がない職場もあります。中には残業が多く、仕事がハードすぎる為転職を考えているという方も少なくありません。薬剤師はどのくらい残業しているのか、残業の少ない職場や残業のない求人の探し方について記事をまとめています。
パワハラで悩んでいる方へ
ここ数年の間でパワハラと言う事がを聞く事が多くなりましたが、もちろん薬剤師の世界にもこのパワハラは存在します。今回はそんな薬剤師のパワハラの対処法や転職した方が良いのか?についてまとめてみました。
管理薬剤師に求められるもの
薬剤師の中でも責任感が人一倍重要となる管理薬剤師、そんな管理薬剤師に求められる能力や知識などについてまとめてみました。これから管理薬剤師を目指す人や、今現在管理薬剤師として自信を無くしている人は是非参考にしてくださいね。
ドラッグストアの薬剤師は負け組?
薬剤師と一言で言っても、活躍する場は様々です。なかでもドラックストアで働く薬剤師で、過酷な労働や長時間の勤務などストレスを抱える薬剤師は多いようです。ドラックストアで働く薬剤師は負け組みなのか?ドラックストアの実情や辞めたい場合の対処法、失敗しない転職の方法などをまとめています。
ドラッグストアのパートの時給や求人
薬剤師の方でパートとしてドラッグストアで勤務する方も多くいます。通常のパートより時給が良く、時間の融通も効くので家庭との両立のためにドラッグストアのパートとして転職する方も多いようです。ドラッグストアのパートの時給や高待遇の求人の探し方をまとめましたので、転職を考えている方は是非参考にしてください。
調剤薬局と医療事務の違いは?
調剤薬局には薬剤師の他に医療事務のスタッフが勤務している所がほとんどです。調剤薬局での医療事務と病院などの医療事務では仕事内容は違うのでしょうか。調剤薬局事務と医療事務の仕事内容や給料の違い、転職するならどっちがよいかについてまとめていますので、医療事務を目指す方は是非参考にしてください。
病院薬剤師はつまらない?
病院薬剤師は医療の最先端で働けるやりがいのある仕事ですが、勤務地によってはつまらないと嘆く薬剤師の方もいます。病院薬剤師でつまらない、疲れる、ついていけないと感じる勤務先とはどんなびょういんなのでしょう。病院薬剤師がつまらないと感じる原因とその対処法についてまとめています。
薬剤師で比較的楽な仕事は?
一言で薬剤師と言っても活躍する現場はたくさんあります。調剤薬局や病院、ドラッグストアや企業など様々ですが、その中で比較的楽な職場はどこなのか気になりますよね。薬剤師で比較的楽に働ける職場と、楽しく働ける仕事や職種についてまとめました。あまりハードな仕事場は避けたいと考えている方は是非参考にしてください。
一人薬剤師の処方箋枚数は?
個人薬局や小規模の調剤薬局では薬剤師1人で勤務すると言う職場もあります。一人薬剤師が請け負う一日の処方箋枚数、一人で勤務する場合の休憩の取り方、求人の探し方などをまとめて紹介します。一人薬剤師について興味がある方は是非参考にしてください。
薬剤師への待遇が悪い場合
まだまだ薬剤師不足と言われていて、薬剤師は高待遇で迎えられる所も多いですが、中には待遇が悪い、給料が安いという職場も存在します。薬剤師への待遇が悪いと感じる場合、どのように待遇改善を要求すればよいか、転職を決断するべき時はどんな時かまとめましたの。
転勤のメリットとデメリット
薬剤師でも全国規模で大手の薬局やドラッグストアでは転勤がある場合があります。転勤がある職場のメリットやデメリットについてまとめました。また大手には勤めたいけど転勤したくない!と言う場合の転勤なしの求人の探し方などについてもまとめていますので、転勤について気になる方は是非参考にしてください。