薬剤師 ブランク 復帰

Pick up news !!

薬剤師のブランクからの復帰、求人の探し方やオススメの仕事は?

「薬剤師のブランクからの復帰!|※求人の探し方やオススメの仕事は?」がイメージ出来る画像01

 

一度仕事を辞めてしまったり休職している薬剤師、また働きたいけどブランクがあって再就職先や求人があるのか不安・・・という方は多いのではないでしょうか。

 

特に薬剤師は女性の割合が高く、結婚や出産により休職して、育児が落ち着いた頃に「そろそろ復職したい」、と考える方が多くいます。せっかく薬剤師の資格を持っているのだから、ブランクを気にしてそのまま辞めてしまうのはもったいないですよね。

 

実際に今現在復職を考えている薬剤師さんは、以下のような事で悩んでいるようです。

 

「ブランクがある薬剤師でも雇ってくれる再就職先って本当にあるの?」
「ブランクがあって自分の知識が通用するか心配なんだけど勉強しなおすべき?」
「薬剤師でブランクがある場合、志望動機はどうやって書けばいいの?」
「薬剤師の場合ブランクがあると採用されるにくいって本当?」
「ブランク5年で再就職を考えていますが、どうやって求人を探せばいいですか?」

 

もしあなたも今現在復職を考えていて、上記のような悩みを抱えているなら、是非参考にしてみて下さい。

 

ブランクのある薬剤師が復職するには、どうやって再就職先を探すかも重要なポイントとなります。しっかりと要点をおさえて、よりよい条件の復職先を見つけてくださいね。


薬剤師のブランクに関するよくある不安と回答!

仕事を離れて時間がたってしまい、自分の薬剤師としてのスキルに不安があって、再就職も二の足を踏んでしまう・・・と考えてしまうのも無理はありません。

 

実際にブランクのある薬剤師によくある不安や悩みについて、その内容と回答をまとめてみました。

長く現場を離れて知識に不安があるけど雇ってくれる所はあるの?

薬剤師はまだまだ買い手市場と言われており、求人も多くありますが、専門的な知識が必要な分、ブランクがある場合再雇用は難しいのでは?と考える薬剤師も多いようです。

 

しかしそんな心配はいりません。ブランクがあっても最新知識を養う研修や教育体制がしっかりしている所も多くあるので、未経験、ブランクもやる気次第で採用されやすくなっています。

 

つまり薬剤師の免許を持っていれば雇用側からの全面的なフォローを受ける事が出来るのです。しかし、教育体制が整っていない小規模な個人薬局やドラッグストア、病院などでは雇用されにくいのも現実です。

 

しかし、未経験、ブランクOKの求人は無数にありますので、多少ブランクがある薬剤師でも再就職や復職は問題なく出来ます。

 

ブランクがあった時どんな職場が採用されやすい?

薬剤師の求人には「未経験・ブランクOK」「ママ薬剤師歓迎」といった求人情報が多数あるのですが、その中でもブランク薬剤師を歓迎する職場と再就職が難しい職場があります。

 

ブランクのある薬剤師が最も再就職しやすいのが調剤薬局です。それも大手の調剤薬局だと研修などのフォロー体制がしっかりしており、子育て中やブランクが長い場合でも安心して働く事が出来ます。勤務体制も週休2日、残業ほぼ無しといった所が多いのでママ薬剤師にも働きやすい環境と言えます。

 

その次にドラックストアがあります。ドラックストアも薬剤師不足が続いており、免許をもっていると言うのは有利に働きます。特に調剤併設では無いドラックストアの薬剤師は第一類医薬品販売を販売する為に欠かせない存在なので、採用されやすくなっています。ブランクがあってもOTCの医薬品に関する知識を勉強すれば良いので、比較的楽に再就職しやすい職場です。

 

ブランクのある薬剤師が採用されにくいのは病院や企業の薬剤師です。病院や企業では医薬品に関する最新の知識を要求されますし、即戦力を求められます。ブランクのある薬剤師の求人も少なめになるので、再就職は少し難しいでしょう。しかし病院や企業でも研修やフォロー体制が整っている所はもちろんあるので、根気よく探せば見付ける事が出来ます。

 

ブランクがある場合年齢が高いと採用されにくいのでは?

基本的にはもちろん若い方が採用はされやすいかもしれませんが、年齢が高くても薬剤師の再就職に関してはそこまで問題視されません。

 

むしろ薬剤師の免許をとって数年で辞めてブランクがある若い薬剤師より、5年以上の経験年数を経て退職したブランクのある薬剤師の方が雇用されやすくなっています。

 

実際に30後半〜40代に転職する人も少なくありませんし、薬剤師は転職率、離職率が非常に高く、1度や2度の転職は当たり前だと見られます。

 

年齢が高くても、体力的に問題も無く、やる気があれば採用されにくいということはありません。

 

ブランクがある場合の志望動機の書き方は?

ブランクがある場合どのように志望動機を書くかということも、採用されやすいかどうかを左右する要素になります。

 

もちろん志望動機に関しても「子育てが落ち着いたから」など、自分の思っている通りに書けばよほどの事がない限り採用はされるかと思います。

 

しかし、以前の病院を辞めた理由が体調不良やうつ、ストレスや自信のなさなどの場合、ありきたりな志望動機を書いたとしても、退職理由を聞かれた際に「また同じような理由で辞めるんじゃないか?」と警戒されてしまいます。

 

そうなると不採用になる可能性もありますので、雇用先のメリットや、キャリアアップしたい旨を志望動機にする方が採用される可能性があります。さらに「結婚・出産の経験を経て精神的に成長した」「休職している間知識が衰えないよう日々勉強していた」などブランクもプラスに変えるような志望動機を加えると尚良いですね。

 

復職先はどこで探すべき?

薬剤師の復職先を探すには主にハローワーク、求人誌、ネットの求人サイトがあります。

 

ハローワークは地域に密着した求人を探せるので、良い点もありますが、色々な職種の人が職探しに来ているのでそこまで求人も多くなく、また条件も妥協せざるを得なくなる場合がほとんどです。

 

求人数が多く、ブランクがあっても歓迎される求人を見つけやすいのは断然ネットの求人サイトです。「ブランク歓迎」の求人を簡単に絞り込む事が出来ますし、転職エージェントやコンサルタントが間に入ってくれるので、しっかりと条件にあった案件を探してくれます。

ブランクのある薬剤師が問題なく復職する方法!

ブランクも1年以内であれば、医薬品に関する知識に関しても、勘を取り戻しやすいので、それほど復帰するのに心配はいりません。

 

しかしブランクが長くなればなるほど面接を受ける際にも警戒される可能性もありますし、しっかりとポイントを抑えた上で就職活動するのがオススメです。

ブランクのある薬剤師が問題無く復職する方法!

ブランク薬剤師OKの求人を探す

 

前項でハローワークよりもネットの求人サイトを利用する方が復職しやすいと言う旨を紹介させて頂きました。特にブランクがある場合は≪ブランクOK≫の求人に限定して探す事が出来るのでオススメです。

 

実際に当サイトでオススメしている薬剤師転職求人サイト『薬剤師転職ドットコム』を見てみると、下記のようなチェック項目があります。

 

「ブランクのある薬剤師が問題なく復職する方法!」がイメージ出来る画像01

 

実際に検索してみると、下記のようにブランク可能な薬剤師求人が1万件以上も有る事が分かります。

 

「ブランクのある薬剤師が問題なく復職する方法!」がイメージ出来る画像02

 

更に、こちらもオススメしている薬剤師求人サイトの一つですが、『薬キャリ』でも「ママ薬剤師にお薦め」「未経験・ブランクのある方可」というチェック項目があり、求人が6千件以上用意されています。

 

詳細にもしっかりと下記のように書かれています。

 

「ブランクのある薬剤師が問題なく復職する方法!」がイメージ出来る画像03

 

このように、ブランク薬剤師が問題なく復職する為の1つ目の方法としては≪ブランク薬剤師OKの求人を絞り込んで探す≫と言う事です。

 

転職エージェントやコンサルタントを利用する

 

基本的に薬剤師転職サイトは、専任のコンサルタントやエージェントがついて転職先を斡旋してくれます。

 

サイトに登録すると「どういった職場に復職したいか?」「希望の条件はどういったものか」を相談することができます。

 

ブランクOK、休日も週休二日、残業も無し、給料もある程度貰えて・・・などある程度わがままな条件も聞いてくれます。

 

特に復職を目指すブランクのある薬剤師にとっては、転職後長く続けられるかは重要なポイントとなりますし、その上で転職先選びをしっかりと行うべきです。

 

ブランクが長い薬剤師が復職するには、薬剤師の転職サイトのコンサルタントやエージェントを上手に活用する事が、問題なく復職する為の方法と言えます。

 

 

 

ブランクがある薬剤師の復職は、優良薬剤師転職求人サイトに登録してコンサルタントやエージェントをうまく活用するのが一番の近道であり、より希望に添った求人を探す事が出来ます。

 

特にブランクが長い場合は、しっかりと≪ブランク可≫の求人を探したり、ブランクのある薬剤師の教育制度が整っている転職先を探してみて下さい。

 

色々と職場復帰にあたり不安もあるかもしれませんが、ブランクが10年以上あった薬剤師でもしっかりと復職した人はいくらでもいます。ブランクも怖がらずどんどんチャレンジしてみてくださいね!

薬剤師のブランクからの復帰!|※求人の探し方やオススメの仕事は?関連ページ

復職前の勉強法は?
薬剤師でも、今現在は仕事をしていないママさん薬剤師や潜在薬剤師の方も沢山います。そんな休職中の薬剤師が復帰しようと考えた時に気になるのがブランクです。ブランクからの復職には、勉強や研修などを受けるのが必須なのでしょうか?今回は勉強法やブランク研修に関してまとめてみました。是非参考にしてもらえればと思います。
子育てと仕事を両立するには?
薬剤師は比較的子育てと仕事を両立しやすい仕事だと言われています。しかしいざ復職するとなると、色々な不安も出てくるのではないでしょうか。ここでは薬剤師の子育てと仕事を両立する方法や、おすすめの転職先、悩みや疑問に対する回答などを紹介しています。もし子育てと仕事の両立を考えているなら是非参考にしてみて下さい。
復職支援研修まとめ
日々進歩している薬剤師が一度現場を離れると、そのブランクから復職をためらう人も少なくありません。復職しても仕事についていけるのだろうかと不安に思う人の為の復職支援研修や復職支援プログラムについて開催状況を調べています。また復職のサポートのある職場の見つけ方なども紹介していますので是非参考にしてみて下さい。
復職の為のおすすめアプリ
退職してまた薬剤師として復職を考えた時、日々進歩する医薬品や制度などについていけるのだろうかと不安になる薬剤師はたくさんいます。復職の前にブランクを克服し、勘を取り戻すための勉強法やおすすめのスマートフォンアプリなどを紹介しています。現在復職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。
復職の時に注意する事
結婚や出産、介護などの諸事情で一度退職した後、ブランクがあって復職する時には様々な不安を感じるものです。ブランク明けで復職する時に注意することやブランク明けでおすすめの復職先、職種別のブランクありの求人事情などをまとめています。復職に対して不安を感じている人は是非参考にしてみて下さい。
休職中の薬剤師は転職が難しい?
今現在休職中の薬剤師に関しては、復職が難しいと感じている人も多いはずです。今回はそんな薬剤師の職場復帰や転職に関してまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてくださいね。