薬剤師 子育て 両立

Pick up news !!

薬剤師が子育てと仕事を両立するには?【※転職先や復職先まとめ】

『薬剤師が子育てと仕事を両立するには?【※転職先や復職先まとめ】』をイメージ出来る画像01

薬剤師は全体でみると7割を女性が占める職業です。女性は結婚、出産、子育てなどの理由で仕事に対するスタンスを変えなければならない場面も多いと思います。中には出産で退職し、子育てのブランクで復職をためらいそのまま専業主婦・・・と言う人もたくさんいます。

 

しかし、せっかく薬剤師と言う国家資格をとったのだから、出来れば復職して仕事と子育てを両立したいですよね。しかしいざ復職しようとなると・・・

「復職して子供を育てながら薬剤師を続けて行けるかな・・・」
「子供と過ごす時間が少なくなる、子供にとっては悪影響?」
「子供が病気になった時、休めなかったらどうしよう・・・」
「子供の事を考えると、パート勤務じゃないと無理?」
「休職中のブランクが心配」

このような不安や迷いを感じて復職をためらってしまう人も少なくないようです。

 

そこで今回は、≪薬剤師が仕事と子育てを両立するには?≫ということについてまとめてみました。もしかしたらあなたも、「子供や家庭の事を考えると」とか「ブランクを埋める事が出来るのだろうか」と、なかなか一歩踏み出せずにいるのではないでしょうか。

 

もし今子育てと仕事の両立について迷っていたら是非参考にしてみて下さい。


薬剤師の子育てと仕事の悩みや疑問と回答まとめ!

経験してみないと中々周りには伝わりにくいのですが、子育てというのは大変な仕事です。ましてや仕事と両立させるとなると自分にも子供にもかなりの負担がかかるのは事実です。では実際に薬剤師は子育てと復職についてどのように悩んでいるのでしょう。その悩みや疑問に対する回答をまとめてみました。

 

子育てと仕事の両立に関しての悩み

●子育てがひと段落して復職したいけど、ブランクでちゃんと仕事ができるか心配・・・

 

医薬品は日々進歩しており、一度現場を離れると、最新の知識やブランク中に忘れてしまって勘を取り戻すのは大変です。

 

もし、復職を考えているなら、子育て中も薬剤師の勉強をしたり、最新の知識に関する情報を定期的に調べている方が、復職も自信を持って出来るでしょう。

 

しかし、子供が小さいうちはなかなか勉強する時間も取れないと思います。そういう時は、研修制度があったり、子育てママ薬剤師が多いブランクOKの求人もあります。

 

実際に≪メディウェル 薬剤師転職ドットコム≫ではブランクでもOKな求人を絞り込む事が出来るので、ブランクあけの復職に不安があるかたは、こういった条件を中心に転職先を探すと良いと思います。

 

子育てしながらでも正社員として復職できる?

 

薬剤師は子育てしながら仕事のしやすい職業だと言われています。女性が多い職業でもあるので、雇用側も人材確保の為、子育て中のママ薬剤師にも働きやすい環境を整えている所が多くあります。

 

「週2日、残業なし」という求人や「時短勤務が可能」な求人も多いので、家庭との両立を考えた時間帯や休日の所を選べば正社員として両立することが出来ます。

 

しかし、いくら体制が整っていても、子供や家庭を最優先にしたい、パートナーや両親など周りの協力は一切得られないと言うのであれば少し難しいかもしれません。その場合はパート勤務などを視野に入れた方が良いと言う場合もあります。

 

しかし基本的にはブランクやママ薬剤師のの求人も多いですし、正社員として復職するのは難しい事ではありません。

 

子供が熱や病気で寝込んだ時、欠勤しても大丈夫?

 

子供が小さい間は体も壊しやすいですし、特に保育園や託児施設に預けると、すぐに病気になったり、仕事の途中でも呼び出される事もあります。そんな時の事を考えると復職に二の足を踏んでしまいますよね。

 

基本的には薬剤師は女性の多い現場なので、子育ての大変さや急病について理解してもらいやすいと思います。しかし口では休まれて迷惑・・・なんてことは言われないかもしれませんが、そう思われているかも・・・と申し訳ない気持ちになってしまうものです。

 

ただ、もし転職先が子育てとの両立に協力的でない所であれば、急な欠勤や早退は難しいかもしれません。

 

もしこれから新たに勤め先を探すのであれば以下の点に注意すると良いかと思います。

 

● 1.一人薬剤師の所は避ける
● 2.同じようなママさん薬剤師が多い職場を選ぶ
● 3.勤務する薬剤師が多い所を選ぶ

 

あまり薬剤師の人数が少なかったり一人薬剤師の所は、1人が休むとそれだけ他の人への負担が大きくなるので避けたい所です。逆の立場になって考えた時、ただでさえ人数が少ないのに休まれると良い顔は出来ませんよね。

 

仕事をして子供との時間が減ると子供には悪影響になるのでは?

 

かわいいわが子を小さいうちから預けて働くと言うのは、まだまだ抵抗がある人もいます。小さい時は一緒にいた方がいいのではないか?子供が寂しい思いをするのではないか?と不安になってしまいますよね。

 

しかし、海外では育児は女性のものだけでは無いというスタンスで父親も育休を取ったり、産後数カ月で復帰する母親も珍しくありません。もし、早い段階で預けて働く事に弊害があるなら、海外では弊害だらけの子供になってしまいますよね。

 

海外に限らず、日本でも最近では産後1年未満で社会復帰する母親も増えてきています。もし、あなたが子供と離れる時間について悩むのであれば、それは子供の事を心配して愛している証拠ですし、その気持ちがあるのなら離れる時間が増えても、きっと子供には伝わるはずです。

 

仕事から帰ってきて、疲れていても子供と話したりスキンシップをとる時間を惜しまなければきっと大丈夫です。

子育てと仕事を両立する方法まとめ!

子育てと仕事に関する悩みや疑問を紹介しましたが、実際にうまく両立する方法を紹介したいと思います。

 

子育てと仕事を両立するには?

1.家族に理解してもらい協力してもらう

薬剤師に限らず子育てと仕事を両立させるには、パートナーはもちろん、自分とパートナーの両親にもしっかりと理解してもらい協力してもらうと、自分も子供も負担が減ります。自分ひとりで全て抱え込むと、無理が出てわがままばかり言う子供に八つ当たり・・・なんて事も増えてきます。

 

当たり前の事かもしれませんが、子育ては母親だけの仕事ではありません。まず、その事をパートナーや周りの人に理解してもらう必要があります。

 

周囲の協力も得やすくしたり、周りにも喜んで子育てに協力してもらうには、表面的な理解と協力だけでなく、感謝の気持ち惜しまず伝えたり、子供の事に関して毎日のように情報交換と話し合いを持つことが大切です。

 

2.子育てに向いている転職先を探す

薬剤師と言う職業は、病院薬剤師、調剤薬局、ドラッグストア、企業薬剤師など様々な職種があります。

 

子育て中の薬剤師で正社員とし働きやすいのは調剤薬局です。調剤薬局は一番に求人数が多く、ブランク薬剤師の受け入れの制度が整っている所が多くあります。週休2日、残業なしの所も多いですし、加えて時短制度などを利用すれば子育て中でも無理なく働く事が出来ます。

 

病院薬剤師でも「17時まで勤務、残業なし、休みの融通がきく」といった求人も多数あります。これらは薬剤師求人サイトを活用して、コンサルタントなどの相談するとより自分の都合に合った求人や子育て中でも復職しやすい求人を探してもらえるのでおすすめです。

 

しかし注意しなければいけないのが、調剤薬局でも一人薬剤師だったり、薬剤師数が少ない所は急な欠勤や早退に対応してもらえなかったり、休みが取りにくかったりするので注意しましょう。

 

3.パート勤務も視野に入れる

仕事をしていて、ストレスがたまったり家庭や子育てがうまくいかず行き詰ってしまったら本末転倒です。

 

もし、あなたが子供や家庭を最優先にして、そこまで上を目指さなくてもいいと考えるならパート勤務に切り替えるのも一つの方法です。

 

薬剤師のパートの時給は平均で2000円〜3000円と高く設定されており、時給に換算すると正社員より高くなる・・・なんて事もあります。

 

ただパートだと収入面で安定しなかったり、福利厚生や賞与、退職金がないと言ったデメリットがありますが、それでも子育ても仕事も無理なく両立出来ると言う事に重点を置くならパート勤務という選択も視野にいれてみても良いかもしれません。

 

 

薬剤師は子育てと仕事を両立できるの?と不安に思う人も多いと思います。しかし、実際にしっかりと子育てと薬剤師の仕事を両立させている先輩薬剤師も沢山います。

 

復職にためらって考えているだけでは前に進む事が出来ません。薬剤師という資格を持っていれば復職先はたくさんありますし、ブランクに不安がある場合は勉強したり、復帰する為に周りの理解を得るように働きかけたり、まず出来る事から一歩踏み出してみましょう。

 

子供の事を考えると色々と不安にはなりますが、前向きな気持ちと笑顔を忘れなければ子育てとの両立は可能なので、子育ても仕事も楽しめるよう頑張って下さいね!

薬剤師が子育てと仕事を両立するには?【※転職先や復職先まとめ】関連ページ

復職前の勉強法は?
薬剤師でも、今現在は仕事をしていないママさん薬剤師や潜在薬剤師の方も沢山います。そんな休職中の薬剤師が復帰しようと考えた時に気になるのがブランクです。ブランクからの復職には、勉強や研修などを受けるのが必須なのでしょうか?今回は勉強法やブランク研修に関してまとめてみました。是非参考にしてもらえればと思います。
薬剤師のブランクからの復帰!
元々薬剤師をしていた人も、結婚や出産を機に退職してしまって今現在は働いていない場合も少なくありません。そんな休職中の薬剤師が、いざ職場に復帰しようとすると、様々な不安が浮かんで中々前に進めません。そこで当記事では、薬剤師のブランクからの復帰に関して、求人の探し方やオススメの働き方に関してまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね。
復職支援研修まとめ
日々進歩している薬剤師が一度現場を離れると、そのブランクから復職をためらう人も少なくありません。復職しても仕事についていけるのだろうかと不安に思う人の為の復職支援研修や復職支援プログラムについて開催状況を調べています。また復職のサポートのある職場の見つけ方なども紹介していますので是非参考にしてみて下さい。
復職の為のおすすめアプリ
退職してまた薬剤師として復職を考えた時、日々進歩する医薬品や制度などについていけるのだろうかと不安になる薬剤師はたくさんいます。復職の前にブランクを克服し、勘を取り戻すための勉強法やおすすめのスマートフォンアプリなどを紹介しています。現在復職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。
復職の時に注意する事
結婚や出産、介護などの諸事情で一度退職した後、ブランクがあって復職する時には様々な不安を感じるものです。ブランク明けで復職する時に注意することやブランク明けでおすすめの復職先、職種別のブランクありの求人事情などをまとめています。復職に対して不安を感じている人は是非参考にしてみて下さい。
休職中の薬剤師は転職が難しい?
今現在休職中の薬剤師に関しては、復職が難しいと感じている人も多いはずです。今回はそんな薬剤師の職場復帰や転職に関してまとめてみましたので、興味がある方は是非チェックしてくださいね。