管理薬剤師 退職 辞めたい

Pick up news !!

管理薬剤師の退職理由、辞めたい時は転職もあり?

「管理薬剤師の退職理由は?【※辞めたい場合転職もあり?】」がイメージ出来る画像02

 

「キャリアを積んでせっかく管理薬剤師になったけど、退職したい・・・。」そう思った事はありませんか?一般の調剤業務だけでなく様々な管理を任され、やりがいもあり給料もそれなりに貰える管理薬剤師の仕事なのですが、辞めたいと感じる時ももちろんあります。

 

「せっかくなった管理薬剤師なのだから転職するのはもったいないし、給料や待遇面もどうなるか不安・・・」と退職に踏み切れずにいる人も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな管理薬剤師の退職事情や辞めたいと感じる事についてまとめてみました。

管理薬剤師さんはどんな理由で辞めたいと思っているの?
管理薬剤師を辞める時、円満に退職出来る理由は?
管理薬剤師のオススメの転職先は?

このように疑問に思ったことはありませんか?もし今管理薬剤師として働いていて、職場に不満や不安があって退職を考えているなら是非参考にしてみて下さい。


管理薬剤師の退職理由で多いのは?

管理薬剤師は一般の調剤業務だけでなくスタッフや店舗の管理などあらゆる管理を任されます。それゆえ様々なストレスや肉体的疲労を感じることも多いでしょう。

 

では実際に管理薬剤師が辞める際に多いのはどういった理由なのか?をまとめてみました。

管理薬剤師の退職理由で多いのは?

早速管理薬剤師が辞める理由について一覧にまとめたので、見てもらいたいと思います。

意外と”力仕事”が多く、ハードワークで体力的に辛い
先輩や上司との人間関係がどうしてもうまくいかない
若いスタッフの指導をしなければいけないけれど、うまくいかない
任される仕事が多く、責任の大きい仕事を任されるようになったのに昇給しない
調剤業務にやりがいを感じているのに、管理の仕事やデスクワークばかりでつらい
向上心が薄れてしまい、日々の業務をただこなすだけになっている
周りの同経験年数の薬剤師の給与や待遇が明らかに自分よりも良い
もっとスキルアップして将来に備えたい
結婚や出産、パートナーの転勤で退職せざる負えない

管理薬剤師が退職を考えるのにはこのような理由があります。特に辞めたいと感じる代表的な理由は大きく分けて4つです。

 

その1 人間関係の悪化

 

一番多い退職理由は人間関係がうまくいかない事です。管理薬剤師はスタッフや従業員の管理や教育も任される為、若手スタッフからは煙たがられ、上司には若手スタッフのミスを責められ・・・と板挟みになることもあります。

 

また素直な従業員ばかりだといいのですが、中には反抗的だったり、まったく言う事を聞かないとか、何度教えてもミスばっかりする、といったスタッフにストレスを感じてしまいがちです。

 

人間関係が悪化するとなかなか修復しづらく、退職して新しい所に転職したいと感じてしまうようです。

 

その2 給料や待遇に対する不満

 

管理薬剤師の仕事は調剤業務だけでなく医薬品の管理や店舗管理、スタッフの教育や中には売り上げの管理を任される事もあり、様々な業務をこなさなければいけません。

 

責任の重いやりがいのある仕事ではあるのですが、その仕事が給料に反映されないと、意欲もわかず仕事に対しても不満に思ってしまいがちです。

 

その3 勤務時間や休日に対する不満

 

管理薬剤師や薬剤師が不在の場合、第一類医薬品以外の医薬品及び商品は販売はできないことになっています。

 

それでなくても管理薬剤師は様々な管理を任される為、残業も多く休日も勉強会や他のスタッフの穴埋めなど出勤しなくてはいけない事も多くなります。

 

このように勤務時間が長かったり、残業が多いと体力的にもつらく退職を考えるようです。

 

その4 その他

 

その他には「もっと自分の能力を生かせる職場へキャリアアップしたい」「結婚」「出産」「パートナーの転勤」などやむ負えない事情で退職する場合もあります。

 

退職理由の本音と建前!円満に退職するには?

薬事法により病院や調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社など医薬品の取扱い・販売・製造を行う所には、必ず1人管理薬剤師を置くことが義務付けられています。

 

この事から管理薬剤師は退職を願い出ても引きとめられるケースが多く、辞めたくても辞められないと言う人も多いようです。強引に引きとめられずに、円満に辞める事が出来る退職理由とは一体どういったものなのでしょう?

 

円満に辞める事が出来る退職理由

人間関係がつらい、給料に不満がある、といった本当の退職理由を言ってもお互いにしこりが残ってしまいますし、辞めて欲しくない場合は改善策を提示され強引に引きとめられてしまいます。そんな時に使える引きとめられにくい退職理由をまとめてみました。

キャリアアップのために転職したい
家庭や育児とをもっと両立したい
薬剤師としてもっと幅広い経験を積みたい
自分の視野を広げるため新しい環境で働きたい

このように前向きに転職を考えている事を伝えるのがポイントです。また、「○月いっぱいで退職させて頂きます!」というように、辞める意思をはっきり伝える事も重要です。

 

退職理由についてのポイント

給与面や人間関係が理由で退職したい場合も、こういった退職理由、転職理由は言うべきではありません。かと言ってウソをつくのもあまり良くないので、「スキルアップ」など前向きに退職を考えている事を伝えましょう。

 

例えば「人間関係に不満を持っている場合」でも「給与面で不満を持っている場合」でも人間としての成長や薬剤師としての向上心は持っているはずです。

 

このような前向きにキャリアアップを目指しているという事を全面に押し出して、具体的な退職理由は胸にしまっておきましょう。それでもどうしても引きとめられる場合は「実は○○(同僚や後輩の名前)とうまくいかなくて・・」といったように本当の理由を小出しにして、どうしても我慢できない旨を伝えてみるのも良いかもしれません。

管理薬剤師の転職先でオススメなのは?

せっかく退職を決心しても転職先で同じような事があっては意味がないですよね。転職するなら今抱えている問題を解決できて、さらに良い条件の所で働きたいと思うのは当然の事です。

管理薬剤師の転職先でオススメの所は?

管理薬剤師は様々な管理を任され、経験を積んできているという証になるので転職の際はそのキャリアが有利になります。薬剤師の求人サイトでは管理薬剤師を募集している所も多く、今より大幅に年収アップしたり、やりがいのある仕事に就けるチャンスでもあります。

調剤薬局の管理薬剤師→病院の管理薬剤師
ドラックストアの管理薬剤師→企業の管理薬剤師

など別の視野で働ける職場を探すのも良いですし、管理薬剤師や調剤業務とは別の職場である企業の医薬情報担当者(MR)、治験コーディネーター(CRC)、学術業務、医薬品情報管理業務(DI)などデスクワークや治験の仕事などもキャリアアップになりおすすめです。

 

例えば今、調剤薬局の管理薬剤師として働いていてスタッフとの関係に悩み退職を考えているなら、「給料が安く」なってもいいから「人間関係が良い」所を選ぶのも一つの方法です。

 

その場合は薬剤師の転職サイトなどを活用して、コンサルタントにアットホームな調剤薬局で役職なしの一般薬剤師として再スタートを切ってみるのも良いかもしれません。

 

今と同等かもっと好条件でなおかつ人間関係も良い職場じっくり探せば見つかる場合もあるので、自分が「給料」「やりがい」「人間関係」「休日」などの、どの条件を優先したいか考えて、自分に合ったより良い職場を納得いくまでコンサルタントの方に相談することをお勧めします。

 

 

 

管理薬剤師が退職したいと考える理由は「人間関係のストレス」「給料や待遇」「勤務時間や休日」などが多いようです。

 

責任のある仕事なので、「自分の変わりはいないから自分が我慢しなければ・・・」と耐えて働き続けている方も多いようです。しかしそれで体調を崩したり精神的に参ってしまっては元も子もありません。

 

もし今の職場に耐えきれないような不満があるなら、もっと自分のキャリアが生かせるような職場を探して、前向きに退職を検討してみてはいかがでしょうか。

管理薬剤師の退職理由は?【※辞めたい場合転職もあり?】関連ページ

薬剤師の退職金まとめ!
薬剤師の退職の際に貰える”退職金”について、今回の記事ではわかりやすくまとめました。退職金の平均相場や、貰える条件、どれぐらい勤めれば貰えるのか?などをご紹介して行きますので、近い将来今の現場から離れるような予定があるなら、是非一度目を通しておいて下さいね。
薬剤師を辞めたい時の対処
薬剤師を辞めたいと考えた時、転職するしか方法はないのでしょうか?良くある薬剤師の退職理由は?など、今現在辞めたいと考える薬剤師が気になる事柄について紹介して行きます。もし今現在退職や転職を考えているなら是非参考にしてもらえればと思います。
治験コーディネーターの悩み!
今回や薬剤師の中でも、治験コーディネーターに注目して、働いていく中での悩みや、辞めたい時の状況、転職についてをまとめてみました。治験コーディネーターで良くある悩みを知る事で、今後転職を考えている人の参考にもなりますし、今現在治験コーディネーターとして働いている場合は一つの指標になるのではないかと思います。是非興味があれば参考にしてくださいね。
薬剤師の退職理由まとめ
薬剤師は転職や退職によってキャリアを上げていく人も多い職業です。それ以外にも人間関係のトラブルや給与面の不満で退職を考える人も多くいます。そんな薬剤師が実際に退職を考える理由を紹介します。また薬剤師が円満に退職する為に、使える「退職理由」や「退職のポイント」をまとめています。
退職をスムーズに行う方法
薬剤師として働いていても、様々な理由により退職を考える時が来ます。しかし、退職を申し出ても引き留めに合う事もあり、こういった不安を抱えて中々言いだせないと言う人も多い様です。そこで今回はスムーズに退職する流れや手続きについてまとめてみました。