薬剤師 辞めたい

Pick up news !!

薬剤師を辞めたい!そんな時の対処は?

「薬剤師を辞めたい!【※転職を成功させる方法と良くある退職理由!】」がイメージ出来る画像02

 

長い年月をかけて勉強し、苦労して薬剤師の資格を取得したので、誰しも入職時はやる気と希望に満ち溢れているかもしれません。

 

ですが、働いて行くうちに少しずつストレスが溜まり、様々な理由により「薬剤師を辞めたい・・・」と考えてしまう時がきっと来るかと思います。特に多い悩みとしては・・・

「このまま薬剤師としてこの職場でやって行けるだろうか・・・」
「就職してから数年、今やっている薬剤師の仕事が苦痛でしかない・・・」
「仕事自体は嫌いじゃないのに、狭い空間でこの人間関係の悪さには耐えられない・・・」
「今の職場を辞めたい!でも転職が成功するかが不安で一歩踏み出せない・・・」

もしかするとあなたも今現在「薬剤師を辞めたい!」と考えていて、上記のような悩みを抱えているのかもしれませんね。

 

そこで当記事では≪薬剤師の辞めたい理由と転職≫についてまとめてみました。もし少しでも退職や転職を考えているなら是非最後までご覧頂き、参考にしてもらえればと思います。


薬剤師を辞めたい場合の対処!他の仕事を探す?それとも転職?

薬剤師を辞めたいと考えた時、選択肢として「薬剤師を辞めて他の職種を検討する」場合と、「今の職場を退職し、薬剤師として新しい職場を探す」と言う選択肢があります。

 

もちろんそのまま我慢して続けると言う方法もありますが、一度辞めたいと考えてしまうと続ける事は難しくなります。そんな時どうするのが最良の選択と言えるでしょうか?

薬剤師を辞めて他の仕事を選んだ方が良いケースは?

せっかく取得した薬剤師の資格、ですが働く事が苦痛で仕方ないとなれば、「自分には合っていないのかも・・・」と考えて、他の職種への転職も考えるかもしれません。

 

ただ、周りに話した時には確実に止められますし、もし薬学生の頃の学費も親など、自分以外の人に工面してもらったのであれば申し訳が立たなくなります。

 

もしそれでも薬剤師を辞めて他の職種へと転職した方が良いケースを考えてみると・・・

特に理由はないのに、毎日仕事が苦痛で朝起きるのが辛い
既に仕事に行く気になれず、病院で”うつ病”と診断された
出勤前や出勤後、毎回頭痛や胃痛の症状が出る

上記のような場合には、退職を考える段階を超えて、精神的にも肉体的にも既に限界を超えている可能性があります。

 

資格があれば、一度違う仕事をしてもまた薬剤師として復帰する事が出来ますが、そのまま仕事を続けても上記のような症状は中々改善されません。

 

仕事も大事ですが、健康も同じぐらい大事で、充実した毎日を過ごす為には一度退職して違う仕事をしてみたり、長期休業を考えた方が良いかもしれませんね。

 

「薬剤師は自分には合っていない・・・」そう思う前に!

中には薬剤師になって仕事を始めたものの「私は薬剤師にはあっていないのではないか・・・」と思う事もあるかもしれません。特に仕事で大きなミスをしたり、長年通っているのにやりがいが全く見いだせない場合は、上記のように悩んでしまいます。

 

ですが、「薬剤師の資格を取得した時点で、既に薬剤師としての資質は持っている」と言うのは、全ての薬剤師に対して言える事です。もちろん自信をなくす事もありますし、仕事に面白さややりがいを見つけられない事もあるかもしれません。

 

ですが、資格を取得出来た段階で”合っていない”と言う事はないので、この場合は転職や退職を考える前に、もう一度自分自身の考えやこれらかについてを整理される事をオススメします。

 

薬剤師を辞めたい理由と、転職する方が良いケース!

薬剤師を辞めたい理由で多いのが一般的に下記の理由だと言われています。

職場の人間関係が最悪
給与面で不満がある
福利厚生面で不満がある
勤務体系に不満がある

 

特に薬剤師と言う職業は、一般的な職種と比べても年収は高くなる傾向にあります。しかし、基本給が上がりにくかったり、昇給しにくい等のデメリットもあり、ある程度の年数勤務すると、給与面に対しても不満は出やすくなります。

 

更に多い転職理由としては、職場の人間関係が悪かったり、サービス残業などが当たり前の職場で働いているケースです。薬剤師は資格が必要な職種と言う事もあり、探せば良い求人は沢山あります。

 

こういった事から転職する人も多いので、もしあなたも上記のような理由で「薬剤師を辞めたい」と考えているなら転職を考えた方が良いかもしれません。

 

薬剤師として転職を成功させる為には?

薬剤師として転職を成功させる為にまずは以下の点について、自問自答してみる事が転職成功への近道だと言えます。

何故今の職場を辞めたいのか?
その辞めたい理由は続けながら改善出来ないか?
自分や将来どんな仕事をしたいか?
自分は将来どれぐらい給与をもらいたいか?
いつまでに今の職場を辞めたいか?
自分にとっての幸せとは何か?
今辞めたい理由は職場を変える事で改善するか?

上記に関しては必ずしっかりと考える事で、転職失敗のリスクを大きく減らす事が出来るのでオススメです。

 

また、これらを整理した上で、

薬剤師転職サービスに登録する
薬剤師転職サービスのコンサルやエージェントを活用する
今の職場に勤務しながら転職活動をする
納得出来る職場が見つかるまでは今の職場で継続勤務する

上記のように行動すると、更に良い転職先も見つかりますし、失敗する事もなくなるのではないかと思います。

 

 

 

薬剤師を辞めたい!と考えた時、転職した方が良いのか、薬剤師自体をやめた方が良いのか?に関しては迷う所です。

 

出来れば今現在のあなたの職場環境や辞めたい理由、身体的にどのような状態にあるのか?と言う点をしっかりと考えた上で、最適な選択をしないと、一時の気の迷いで辞めてしまっては後戻りが出来なくなってしまいます。

 

まずは”自分自身の棚卸”をしてみて、良く考えた上で検討してみてはいかがでしょうか。

薬剤師を辞めたい!【※転職を成功させる方法と良くある退職理由!】関連ページ

薬剤師の退職金まとめ!
薬剤師の退職の際に貰える”退職金”について、今回の記事ではわかりやすくまとめました。退職金の平均相場や、貰える条件、どれぐらい勤めれば貰えるのか?などをご紹介して行きますので、近い将来今の現場から離れるような予定があるなら、是非一度目を通しておいて下さいね。
治験コーディネーターの悩み!
今回や薬剤師の中でも、治験コーディネーターに注目して、働いていく中での悩みや、辞めたい時の状況、転職についてをまとめてみました。治験コーディネーターで良くある悩みを知る事で、今後転職を考えている人の参考にもなりますし、今現在治験コーディネーターとして働いている場合は一つの指標になるのではないかと思います。是非興味があれば参考にしてくださいね。
管理薬剤師の退職理由は?
事業所内でも様々な役割を担う管理薬剤師ですが、そんな管理薬剤師でも退職を考える事があります。今回は管理薬剤師の退職理由や辞めたい場合転職もありか?などについてまとめてみました。今現在管理薬剤師として悩んでいたり、今後管理薬剤師になりたいと考えている人は、是非参考にしてみてください。
薬剤師の退職理由まとめ
薬剤師は転職や退職によってキャリアを上げていく人も多い職業です。それ以外にも人間関係のトラブルや給与面の不満で退職を考える人も多くいます。そんな薬剤師が実際に退職を考える理由を紹介します。また薬剤師が円満に退職する為に、使える「退職理由」や「退職のポイント」をまとめています。
退職をスムーズに行う方法
薬剤師として働いていても、様々な理由により退職を考える時が来ます。しかし、退職を申し出ても引き留めに合う事もあり、こういった不安を抱えて中々言いだせないと言う人も多い様です。そこで今回はスムーズに退職する流れや手続きについてまとめてみました。