薬剤師 企業 給料

Pick up news !!

企業で働く薬剤師の給料&仕事内容について!

「企業で働く薬剤師の給料と仕事まとめ!【※役割や働くメリットは?】」がイメージ出来る画像01

 

薬剤師と言う職種の中でも製薬企業で働く薬剤師は全国でも約6000人弱と少なめの傾向にあります。

 

企業で働くと言うのは豊富な知識が必要とされたり、時間勤務や残業が多いと言ったイメージがありハードルが高そうに感じますが、実際はどうなのでしょうか?

 

転職を考える際、企業で働く薬剤師の勤務体制や仕事内容、年収、休日など気になる所ですよね。

 

もしかするとあなたも企業で働く薬剤師について興味を持っていて当記事をご覧頂いているのかもしれませんね。そこで当記事では下記について詳しく説明させて頂きます。

企業で働く薬剤師の仕事内容は?
企業で働く薬剤師のメリット、デメリットは?
企業で働く薬剤師の求人案件調査
企業で働く薬剤師の月給や年収はどれぐらい?

もし一つでも興味があるようでしたら、是非最後までご覧くださいね。今現在勤務している職場に対して少しでも疑問や不安がある場合は他の職種への転職を考えてしまいます。

 

せっかく転職するならより良い条件の所で働きたいですよね。その転職先の選択肢の一つとして企業で働く薬剤師について理解を深めてみてはいかがでしょう。


企業で働く薬剤師の仕事内容とメリット、デメリット!

ここでは企業で働く薬剤師の仕事内容とそのメリットやデメリットについてお伝えしていきます。調剤薬局やドラッグストアなどの勤務とは大きく仕事内容が異なる為、しっかりと理解しておきたい所です。

企業で働く薬剤師の仕事内容

医薬情報担当者(MR)

 

担当エリアの病院や薬局を回って自社製品に関する品質や有効性、安全性などの情報を病院の医師や薬剤師に提供するのが仕事で、営業職の色合いが強いイメージのある仕事内容です。

 

しかし最近では営業的役割は医薬品卸の営業(MS)が担当し、MRは薬物治療のアドバイザーとして位置付けられるようになってきています。

 

このMRは必ずしも薬剤師の資格が必要ではないのですが、正確に情報を伝えたり、逆にその臨床現場の情報を自社に持ち帰ったりと専門的な知識が必要である為、薬剤師の資格をもっていた方が有利になります。

 

管理薬剤師

 

薬局と同様、製薬企業でも、製造部門に管理薬剤師を配置する事が法律で義務付けられています。

 

医薬品の使用期限や品質・在庫管理や、行政への対応、許認可申請の届出などが主な仕事内容です。

 

管理薬剤師が承認した製品でなければ、流通出来ないためその責務は大きなものになります。管理薬剤師としてのみの勤務だけではなく、他の業務と兼務の場合もあります。

 

研究職

 

最も薬剤師としての専門知識が要求されるのが研究職です。製薬企業の研究所で新薬の開発や病気の治療のメカニズムを研究したりする仕事です。

 

研究職で働く薬剤師は薬科系大学の修士課程以上を修めている人がほとんどで求人の募集はほとんどなく転職も難しい職種と言えます。

 

開発職

 

研究段階の新薬の安全性や有効性などを分析・評価するのが開発職の仕事です。臨床試験は製薬企業では行えないので大学病院や医療現場に治験を依頼します。

 

その際に治験がスムーズに行えるよう製薬会社の新薬研究者と病院の担当医の仲介役のような役割をこなすため、コミュニケーション能力も必要になって来ます。

 

治験コーディネーター(CRC)

 

日本でも近年重要視されてきているのが治験コーディネーターです。治験の際にその進行をスムーズにするため、病院関係者や治験の被験者の方に内容を説明したり、時には不安を和らげるための相談相手になり、全体をサポートする仕事です。

 

学術業務

 

自社製品に関わる様々な資料を収集、管理し、必要に応じてMRや病院関係者、薬局に情報の提供・アドバイスをします。英語文献に接することも多いため、英語に能力を求められる場合があります。

 

医薬品情報管理業務(DI)

 

医薬品に関する情報を収集・整理・管理し、必要に応じて関係者に情報を提供する仕事です。医薬品関連の文献検索、資料作成などが主な仕事内容で、最新の医薬品情報を把握しておく必要があります。

 

コールセンター

 

DI業務(学術業務)の一環としてのコールセンター業務で医薬品についてMRや医師・薬剤師からの質問に回答する仕事です。一般的なお客様からの電話に対応するカスタマーサポートとは違う仕事になります。

 

企業で働く薬剤師のメリット、デメリット

メリット

 

年収が高い

企業で働く薬剤師は様々な業務に分かれており、収入もそれぞれ違いますが平均して年収は高めの傾向にあります。

 

また製薬会社の大小はありますが、大手の企業の所が多く福利厚生などの面もしっかりしており安定してしています。

 

子育て支援制度がある

企業での制度で女性薬剤師の産休、育休休業制度が整備されているなど、結婚、出産後も勤務を続けやすい環境なのがメリットです。

 

長期休暇や有給などの制度がしっかりしている所が多くプライベートも充実させながら勤務することが出来ます。

 

専門的な知識や経験が身につく

薬剤師としての花形である企業での勤務は、専門性が高く薬剤師としての知識をフルに使えるやりがいのある仕事です。自分のキャリアアップや知識を伸ばすことのできる環境で仕事が出来ます。

 

専門分野での活躍

製薬企業での活躍により、新たな薬の開発や流通に関われたり、病気の治療への一歩に関われるとてもやりがいのある仕事です。

 

デメリット

 

ハードワークである

実務が多く、業種によっては残業・休日出勤が当たり前の所もあります。やりがいのある分、成果が報酬につながる場合もありハードワークに耐える必要があります。

 

人間関係がストレスになる場合がある

チーム医療が経験できる反面、看護師や医師との人間関係がうまくいかないと、常にストレスを抱えて仕事をしなければいけません。

 

小さな街の調剤薬局やドラッグストアの場合は、それほどスタッフ数も多くないため、こう言った事が起こりにくいので、こちらに関しては企業で働く薬剤師のデメリットの一つと言えます。

 

就職・転職が難しい

研究・開発職は特に修士課程以降が必須である所も多い為、薬剤師の資格を持っているからといって容易につける職業ではありません。

 

その中で管理薬剤師やMR、治験コーディネーターや学術・DI職は求人もそこそこありますが、より専門性の高い職種は経験や知識を求められ、転職のハードルも高くなるでしょう。

 

転勤がある

大手製薬企業では全国に展開している所が多く、転勤や配置換えなどの覚悟も必要でしょう。

このように企業で働く薬剤師は高い知識や豊富な経験を必要とされる、とてもやりがいのある仕事である反面、実務が多くハードワークであったり転職のハードルの高いデメリットもあります。

 

しかし、企業での薬剤師の仕事内容は多岐にわたっているので、どのような仕事がしたいかといった自分の価値観に合う仕事を探す事が出来ます。

 

企業で働く薬剤師の給料はどのくらい?

ここからは企業で働く薬剤師の給料の相場や年収に関しての調査結果を報告して行きます。薬局薬剤師との違いや、今現在あなたがもらっている給与等と比較してみてください。

企業での薬剤師の募集はどうやって探すの?

製薬企業での薬剤師の募集は調剤薬局などの募集よりは少なめの傾向にあります。

 

なかなか見つかりにくい企業の薬剤師の求人は≪薬剤師専門の転職サイト≫を利用するのがおすすめです。

 

実際に≪薬剤師転職ドットコム≫では検索の欄に【企業】というチェックボックスがあるので、求人を絞り込むと99件(2015年4月現在)の求人が見つかりました。

 

企業での薬剤師の求人案件は企業名を伏せての閲覧が多くなり、実際に詳しい求人情報を見るには無料で登録する必要があります。

 

企業のなかでも先ほど説明した通り色々な職種がありますので、こういったサイトを利用して自分に合った勤務体制や職種、給料などをコンサルタントに相談して斡旋してもらうのが賢い求人案件の探し方と言えます。

 

企業で働く薬剤師の給料を調査!

平均的な相場はネット上にたくさんあるものの、実際に求人案件を見てみなければあまりイメージが湧かないと言う人も多いかと思います。企業での求人は職種がたくさんあり、その職種によっても月収や年収には開きがあります。

 

そこで当サイトでは、実際にネット上にある≪薬剤師転職ドットコム≫で企業での薬剤師の求人案件をチェックしてみました。

 

企業で働く薬剤師の年収や月給について!

 

所在地

職種

月収または年収

北海道札幌市東区

医薬品に関する情報管理

月給 28〜35万円

北海道札幌市中央区

治験

月給 24〜29万5,000円

兵庫県神戸市

コールセンターでのDI業務

年収 360〜480万円

大阪府大阪市此花区島屋

薬事・品質管理・分析業務

年収 400〜600万円

福岡県福岡市博多区

管理薬剤師

年収 425万円〜

愛知県名古屋市中区栄

営業所の管理薬剤師業務

年収 320万円〜

東京都江東区

医薬部外品の薬事申請関連業務

年収 450万円〜

長野県松本市

医薬品に関する情報管理

月給 28〜35万円

東京都千代田区

医療機器等の薬事申請関連業務

年収 600万円〜

滋賀県近江八幡市

研究・開発・品質管理

新卒 年収 360万円〜

茨城県水戸市

管理薬剤師

月給 28〜35万円

共和薬品工業株式会社/大阪府大阪市

安全情報管理

年収 400〜500万円

株式会社ヘルスネット/大阪府大阪市

治験 治験支援業務

年収 400万円〜

奈良県高市郡明日香村野口

薬剤管理

年収 350〜450万円

福岡県福岡市博多区博多駅前

治験,臨床開発 (CRA)

年収 450〜800万円

 

上記の通りいくつかピックアップして調べてみた所、企業での薬剤師の募集は管理薬剤師や情報管理などの仕事が多く、年収が高めの所は管理薬剤師の他試験のデータ分析、問い合わせ対応、一般事務など様々な仕事を担当出来る人材を探しているようです。

 

結局企業の薬剤師の月給と年収は?

今回調査した結果だけを見ると、管理薬剤師・情報管理の職種で平均年収が335万3千円〜478万円という結果が出ました。

 

企業での薬剤師の給料は経験や実績によって評価されるので、上限と下限に開きが出ます。

 

その他治験業務やDI業務は求人の案件も少なく、勤務地によって給料にかなり差が出る事が分かりました。

 

この金額は諸手当を含んでいる案件と含んでいない案件の両方を合わせていますので、あくまで目安までの参考にしてくださいね。

 

 

 

企業で働く薬剤師の給料に関しては、求人案件を一つ一つ見て行くと、企業名が伏せられている所が多く経験や実績、年齢によって給料に差が出るようです。

 

土日祝休み、残業なしといった高待遇の所も多く、求人の募集は少なめですが、是非転職してチャレンジしてみたいところですよね。企業での薬剤師は豊富な知識や営業能力、コミュニケーション能力が問われることもあり、やりがいのある仕事です。

 

今回紹介した仕事内容などに興味を持ったらぜひ薬剤師専門の転職サイトにおすすめ求人がないかを相談してみましょう。せっかく苦労して取った薬剤師の資格、しっかりと自分に合った職種を見つけて給与面でも評価された形で働きたい所です。

企業で働く薬剤師の給料と仕事まとめ!【※役割や働くメリットは?】関連ページ

学校薬剤師の給料と仕事
勤める事業所によってその仕事内容や役割が変わる薬剤師の仕事。今回は様々な事業所の中から、学校薬剤師に注目してその内容をまとめてみました。基本的な給料は他の薬剤師と比べてどうか?仕事内容や役割はどういったものか?など詳しく紹介して行きます。また、実際に求人を調査し、給与や年収についても紹介していますので、是非転職の際の参考にしてくださいね。
製薬会社で働く薬剤師の給料
製薬会社で働く薬剤師について今回はまとめてみました。製薬会社で働く薬剤師の仕事内容や役割、働く事のメリットやデメリットなど含め、給与面についても調査してみました。今後転職を考えている薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね!
薬局薬剤師の給料と仕事
薬剤師の中でも、今回は薬局薬剤師にピックアップしてご紹介して行きます。薬局薬剤師の年収や月収、仕事内容や役割、働く上でのメリット、デメリットなども紹介しているので、今後薬局薬剤師への転職を考えているなら是非参考にしてくださいね。
病院薬剤師の給料と仕事
病院薬剤師の給料や仕事内容について、今回はまとめてみました。病院薬剤師の役割や働くメリット、デメリットなどを詳しく紹介して行きますので、今後病院薬剤師への転職を考えているなら是非チェックしてみてくださいね。
調剤薬局で働く薬剤師の給料
薬剤師の中でも調剤薬局で働く薬剤師にピックアップしてその仕事内容や給料を調査し、まとめました。今現在病院薬剤師やドラッグストアで薬剤師をしていて、今後調剤薬局への転職を考えている場合は、是非参考にしてみてくださいね。
年収が低いと感じているなら?
一般企業よりも比較的年収が高いと言われる薬剤師の仕事ですが、それでも年収が低いと感じている人は少なくありません。そこで、実際に経験年数や年齢などから他の薬剤師と給料比較が出来るようなサイトの紹介や、年収が高い求人の探し方などについて紹介させていただきます。今現在「自分は薬剤師の中でも年収が低い」と感じているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
DIの仕事内容や給料は?
薬剤師の中でもDI(ドラッグインフォメーション)で働く薬剤師の仕事内容や役割、給料や求人の探し方についてまとめました。今後転職を考えている際には、DIへの転職も視野に入れると、選択肢の幅も広がり良いかと思います。まずは仕事内容や役割などを理解し、自分に合うかどうか?を見極めてみてはいかがでしょうか。
PET検査の仕事と給料
薬剤師の仕事の中でも、今回はPET検査に関してまとめてみました。今後転職を考えていて、PET検査に興味がある場合、給与面や仕事内容、求人の探し方については気になる所ではないでしょうか?今回は、これらについて、分かり易くまとめましたので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の給料は?
病院薬局や調剤薬局の中で重要な役割を果たす管理薬剤師ですが、今回はそんな管理薬剤師の終了や平均年収、待遇についてをまとめてみました。苦労の割にあまり報われないイメージも強い管理薬剤師、実際の所はどうなのでしょうか?今後管理薬剤師を目指す方や、今現在管理薬剤師として、待遇や給与面で不満がある場合は是非チェックしてみてくださいね。
管理薬剤師の手当相場は?
管理薬剤師として働くと、基本給とは別に、管理薬剤師の手当てがほとんどの場合貰えます。この管理薬剤師の手当ですが、相場はどれぐらいなのか?と言う点は気になる所です。月にどれぐらい貰えるのか?等を知る事で、今現在管理薬剤師の方は比較も出来ますし、今後管理薬剤師を目指す人にとっては一つの目安になるかと思いますので、是非興味があればチェックしてみてくださいね。
新卒薬剤師の給料まとめ!
新卒薬剤師の給料に関しては、入職する事業所によって大きく変わります。もちろん入りたてなので、そこまで高給与は期待出来ませんが、初任給や手取りに間してはやはり気になる所です。そこで今回は、新卒薬剤師の初任給や手取りなど、給与面に関する事をまとめてみました。今現在給料に不満を抱える新卒薬剤師の方も、これから就職しようと思っている薬学生も是非参考にしてくださいね。
5年目での給料と転職まとめ
薬剤師5年目ともなると、業務は一通り効率よくこなせるようになっているものの、人間関係や給与面で悩みを抱える薬剤師も少なくありません。今回は5年目の薬剤師の給料と転職についてまとめてみました。今後スキルアップやキャリアアップ、給料アップや高待遇を求めるなら、是非こちらの記事をチェックして頂き、今後についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか?
薬剤師の年齢別の年収
薬剤師は生涯を通して働ける職業であり、若い年代から熟練まで様々な年代が活躍する職業です。そんな薬剤師はどの年齢層が多いのでしょう。また、年齢別、性別によっての年収はどうなっているのでしょう。薬剤師の年齢層や年齢別の平均年収を詳しく調査してみました。自分の年収に疑問がある方や薬剤師の年収について知りたい方は是非参考にしてみて下さい。
転職で昇給させるには?
薬剤師が転職する理由は様々ありますが、その中でも「昇給」という転職理由は上位に入ります。長年勤めていても、全然昇給しない・・・と嘆く薬剤師も多いのではないでしょうか。もし、今「昇給」しないと悩んでいたら、転職を考えるのも一つの方法です。「昇給」に関しての悩みや疑問に対する回答や、効率よく昇給させる転職方法などを紹介しています。
店長や薬局長の年収は?
薬剤師のキャリアアップや年収アップに店長になるという道があります。薬局やドラッグストアの店長は店舗の運営やスタッフの指導など様々な仕事を任されており、やりがいのある仕事です。そんな薬剤師の店長の具体的な仕事内容や店長手当、年収について詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
エリアマネージャーについて
薬剤師の給料に関して、学校薬剤師、調剤薬局、病院薬剤師など、それぞれの事業所による給与の違いや、今後のキャリアアップに役立つ給与関係の情報に関してまとめています。今現在少しでも給与面で不満がある場合は是非一度目を通して頂き、今後の将来についてもじっくり考えてみてくださいね。
20代の薬剤師の転職!
20代の前半はまだ入社して間もなく、仕事を覚えるのに手いっぱいですが、20代後半になって周りが見えてくると、やりたい仕事や年収アップの為に転職を考える薬剤師も多くいます。そんな20代の薬剤師の平均年収や転職を成功させるコツについて紹介していますので、転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。
30代の薬剤師の転職!
30代の薬剤師はキャリアアップ、年収アップや新たなる分野へのチャレンジの為に転職したり、結婚や出産などのライフスタイルの変化の為に転職するという人も多いと思います。今現在転職を考えていたり、転職に関して悩んでいる30代の方の為に30代の平均年収や転職に関する注意点、年収をアップさせる転職先などについ...
地方薬剤師の給料まとめ
薬剤師は勤務する地域によって給料に大きな差が出ると言われています。特に地方や田舎で働く薬剤師は、働く人が少ない為高給取りだと言う噂もあります。その実態や地方薬剤師の給料について今回はまとめてみました。
当直手当、どのくらい貰える?
今回は薬剤師の当直手当についてまとめてみました。今現在働きながら当直を経験し、「何となく手当が安いきがする・・・」と感じる方や、これから当直の予定がある薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
収入が低いとお悩みなら!
一般的に見て給料が高いと言われる薬剤師ですが、中には「薬剤師のわりに給料が安い・・・」と悩んでいる人も少なくありません。今回はそんな薬剤師に向けて、収入アップの秘訣をまとめてみました。
ドラッグストアの給料や仕事内容
薬剤師が活躍する職場の一つにドラッグストアがあります。大手のドラッグストアから小規模ドラッグストアなど様々ありますが、ドラッグストアで働く薬剤師の給料相場や仕事内容、ドラッグストアで働くに当たって必要なスキルなどをまとめました。ドラッグストアの仕事に興味がある方は是非参考にしてください。
病院薬剤師は給料が安い?
病院薬剤師は医療の最先端で働く事が出来るやりがいのある仕事ですが、他の薬剤師に比べて給料が安いと言われています。病院薬剤師の給料は本当に安いのか、給料の相場をまとめました。また、病院薬剤師の今後やキャリアパス、スキルアップするには?という内容も紹介していますので是非参考にしてください。
上がらない給与の原因と対処法
薬剤師は一般的な仕事に比べて給料や時給が高い傾向にあります。そんな薬剤師でも給料が安いと悩んでいたり、給料が上がらないと不満を持つ方もいます。薬剤師で給料が安い職場の傾向や給料が上がらない時の原因と対処法などをまとめていますので、給料について不満を感じている方は是非参考にしてください。
薬剤師がもらえる手当まとめ!
薬剤師は職場によっては基本給のほかに手当がつく場合があります。薬剤師手当や夜勤手当などがその例なのですが、その他に貰える手当を詳しくまとめました。貰えるはずの手当てが貰えていない!というトラブルがおこらないよう、良く確認して、しっかりと手当をもらいましょう。