病院薬剤師 給料 仕事

Pick up news !!

病院薬剤師の給料&仕事内容について!

「病院薬剤師の給料&仕事!【※役割や働くメリット、デメリットは?】」がイメージ出来る画像011

 

医師や薬剤師と共に医療チームとしても働ける病院薬剤師。医療の最前線で活躍できる病院薬剤師に憧れる方も多いかもしれませんね。

 

けれどその給料面や仕事内容については分からない事だらけという状態では転職するにも不安がつきまといます。こういった知識は事前に持っておくと転職の際にも有利です。そこで当記事では・・・

病院薬剤師の仕事内容
病院薬剤師のメリット、デメリットについて
病院薬剤師の求人案件の探し方について
病院薬剤師の給与や平均相場

 

上記についてくわしく説明して行きます。もしあなたが今現在薬剤師の免許を取得済みなら、是非一度目を通して頂き、これからの為に病院薬剤師の知識と基本情報を把握しておいてくださいね。


病院薬剤師の仕事内容とメリット、デメリットについて!

ここでは病院薬剤師の仕事内容とそのメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

 

調剤薬局などの薬剤師とは、勤務場所も違えば仕事内容や役割も変わるので、何となくでも理解しておく方が後々転職する事があっても迷わずに働く事が出来るのではないかと思います。

病院薬剤師の仕事内容

薬の調剤

 

処方せんに記載された内容について確認を行い、薬を計量・分包します。病院の場合、外来患者さんに渡す薬を調剤する外来調剤と入院している患者さんの薬を調剤する入院調剤があります。

 

製剤業務

 

市販されていない医薬品が必要な場合、個々の患者さんに合わせて薬局内で薬を調製します。

 

注射薬や点滴の調製・管理

 

患者さんの検査値や、年齢、体重、発熱、食事摂取などを確認し、処方された薬についての混ぜてはいけない薬ではないか確認したり、投与量、投与速度、投与期間などのチェックを行います。

 

薬の飲み方の指導

 

患者さんが薬を正しく飲めるように薬の効果や注意点などを説明します。その他、患者さんからの薬に関するご相談にも答えたりします。

 

薬の在庫管理・品質管理

 

必要な薬を必要なときに必要な数だけ提供できるように在庫を管理したり、医薬品を発注したりします。また、薬の品質、期限なども管理します。

 

薬歴管理

 

複数の診療科にかかっている場合、薬の飲み合わせが適切か確認する為、薬物療法の情報を集約・管理します。

 

医薬品情報業(DI業務)

 

薬の投与方法、投与量、副作用などの様々な情報を集めて、その情報が適切なものかどうか評価し、その情報を医師や薬剤師または患者さんへ情報提供します。

 

医療機関内で起こった副作用情報も収集をします。新たに見つかった副作用や、重大な副作用は、厚生労働省に報告します。

 

栄養サポート(NST)

 

薬の副作用による食欲不振が起こった場合、その改善策を医師に報告したり、栄養剤などについて患者さんに説明します。

 

治験業務

 

大学病院の場合治験センターを設けている所があり、薬剤の研究開発や臨床試験などを行います。

 

薬剤師は薬の専門家として、どのような治験薬であるのか、 どのように治験が行われるのか内容を確認したり、治験薬の管理治験に参加された患者さんへの薬に関する相談や副作用などのチェックを行います。

 

病院薬剤師のメリット、デメリット

メリット

 

コミュニケーションがとりやすい

病院薬剤師や、調剤薬局やドラッグストアと違い、入院中の患者さんや、通院する患者さんなどとコミュニケーションを取る事が多くなります。

 

また、他の職場に比べると、アドバイスを求められる事が多く、より患者さんを身近に感じる事が出来るのは、大きなメリットの一つと言えます。

 

やりがいを感じやすい

こちらもドラッグストア等と違い、入院している患者さんなどに直接服薬指導などもする事が多くなるので、実際に患者さんが完治していく過程も見る事が出来ます。

 

実際に治った患者さんの笑顔などを見れる機会も多いので、やりがいも感じやすい職場と言えます。

 

薬学の知識を活かしやすい

病院薬剤師の場合、状況によっては、医師や看護師から薬についてのアドバイスなどを求められやすく、より薬学の知識を活かしやすくなっています。

 

また、時には医師と話し合いの末、患者さんに対する処方設計なども行っていきますので、更に知識も深まり、薬剤師として成長出来る可能性が高まります。

 

一歩踏み込んだ服薬指導が出来る

調剤薬局やドラッグストアの場合は、患者さんの詳しい病状などは基本的に把握する事は出来ません。

 

しかし病院薬剤師の場合は、患者さんとしっかりと向きあった上で、一歩踏み込んだ服薬指導が出来るのもメリットの一つです。

 

患者さんと向きあいながら、臨床医療の知識と経験を得る事が出来るのは病院薬剤師ならではの特徴とも言えます。

 

デメリット

 

仕事内容の割に給料が少なく感じる

病院薬剤師は、扱う医薬品も多く、臨床医療の知識と経験を得るには持ってこいですが、幅広い業務の割には給与はそれほど高くありません。

 

もちろん一般の企業に勤める同年代の社会人に比べると多いかもしれませんが、それでも勤務時間が長くなる傾向にあり、割に合わないと感じる人も少なくないようです。

 

人間関係がストレスになる場合がある

チーム医療が経験できる反面、看護師や医師との人間関係がうまくいかないと、常にストレスを抱えて仕事をしなければいけません。

 

小さな街の調剤薬局やドラッグストアの場合は、それほどスタッフ数も多くないため、こう言った事が起こりにくいので、こちらに関しては病院薬剤師のデメリットの一つと言えます。

 

夜勤や時間外労働などが多い傾向にある

調剤薬局やドラッグストアは、土日祝休み、残業がほとんどない事業所も多いですが、病院薬剤師の場合は夜勤もあれば残業も普通にあります。

 

規則的な生活を送り、家族や恋人との時間を大切にしたいと考える人にとっては、大きなデメリットと言えます。

 

倍率が高く、希望条件にあった求人を見つけにくい

病院薬剤師は、基本的に新卒から採用する事が多い上に、元々の募集数もそれほど多くありません。

 

中途採用を考えて求人を探しても、”欠員”が出ない募集されない事も多く、自分の希望する年収、条件にあった求人が見つけないくいのもデメリットかもしれませんね。

 

病院薬剤師の給料はどのくらい?

ここからは病院薬剤師の給料についての調査結果を報告していこうと思います。今現在あなたがもらっている給与等と比較し、「もし自分が転職するなら?」と言う事をイメージしながら見ると、参考になるかと思います。

病院薬剤師の求人情報の探し方について

病院薬剤師の給与に関しての報告の前に、「病院薬剤師へ転職したい!」と考えた時にすぐに求人を探せるように、≪薬剤師転職サイト≫を使った”病院薬剤師求人”の探し方について説明させて頂きます。

 

まず、当サイトからの登録数も多い『マイナビ薬剤師』に関しては、

トップページ

求人を検索する

条件の≪病院・クリニック≫の所にチェックを入れる

と言う方法で簡単に探す事が出来ます。(※以下画像参照)

 

「病院薬剤師の求人の探し方」がイメージ出来る画像011

 

また、他のサービスで言うと『薬剤師転職ドットコム』の場合も、トップページから≪病院≫の項目にチェックを入れるだけです。(※)

 

「病院薬剤師の求人の探し方」がイメージ出来る画像011

 

上記のように、各転職サービスには、≪病院≫と言う検索条件の絞り込みが用意されている事がほとんどなので、こういった薬剤師転職サービスを利用し、上手く探してみましょう。

 

病院薬剤師の月収や年収を調査

病院薬剤師と言っても、地域や規模によって全く給与が異なるのはご存知かもしれません。

 

では、実際にどういった求人募集があるのか?を、『マイナビ薬剤師』で調査してみました。

 

病院薬剤師の年収や時給について!

 

病院名/所在地

年収

求人票に記載の特徴

法人名非公開 /熊本県 水俣市

 

400万円〜600万円

月収:308,300円〜338,400円

退職金あり
【病床数】100〜300床
【診療科目】精神神経科/心療内科

大高病院/東京都 足立区

550万円〜650万円

診療科目 ・・・ 救急科/内科/小外科

4週8休制(祝日含む)
【募集ポジション】薬局長

社会医療法人財団大和会 東大和病院/東京都 東大和市

420万円 程度

(26歳 調剤未経験モデル)

診療科目  ・・・ 内科/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/麻酔科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/心臓血管外科/泌尿器科/婦人科/リハビリテーション科/放射線科

給与・待遇・・・月収26.7万円〜(諸手当込)

医療法人社団曙会シムラ病院/広島県 広島市中区

383万円 程度

【年収】新卒2年目モデル

育児休暇制度あり
【診療科目】外科/整形外科/脳神経外科/内科/胃腸科/肛門科/リハビリテーション科/放射線科

医療法人有隣会東大阪病院/大阪府 大阪市城東区

368万円〜590万円

診療科目・・・内科/消化器科/呼吸器科/循環器科/外科/整形外科/リハビリテーション科/脳神経外科/皮膚科/放射線科/リウマチ科/人工透析

【年収】初任給からのモデル給与。中途採用者は経験等考慮の上決定。
■病床数・・・・265床

 

今回は、給与平均などではなく、実際に募集されていた求人例を見て頂きました。(※2015年4月確認)

 

地域によって全く給与は違いますが、少しは参考になるかもしれませんので、ご自身の今現在の給与と比較してみてもいいかと思います。

 

 

 

病院薬剤師の給料と仕事に関して今回はまとめてみましたが、病院に勤めながら給与面と仕事内容の充実を図ろうと考えても中々難しいかもしれません。

 

仕事に対するやりがいや、薬剤師としての成長を考えるなら病院薬剤師はオススメですが、もし給与面が優遇されて、プライベートの時間も充実させたいなら、調剤薬局やドラッグストアで働く方が良いかもしれません。

 

転職を考えるなら、今現在の状況と、「自分自身がこれからどうしたいか?」と言うのはしっかりと考えた上で検討される事をオススメします。

病院薬剤師の給料&仕事!【※役割や働くメリット、デメリットは?】関連ページ

学校薬剤師の給料と仕事
勤める事業所によってその仕事内容や役割が変わる薬剤師の仕事。今回は様々な事業所の中から、学校薬剤師に注目してその内容をまとめてみました。基本的な給料は他の薬剤師と比べてどうか?仕事内容や役割はどういったものか?など詳しく紹介して行きます。また、実際に求人を調査し、給与や年収についても紹介していますので、是非転職の際の参考にしてくださいね。
製薬会社で働く薬剤師の給料
製薬会社で働く薬剤師について今回はまとめてみました。製薬会社で働く薬剤師の仕事内容や役割、働く事のメリットやデメリットなど含め、給与面についても調査してみました。今後転職を考えている薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね!
薬局薬剤師の給料と仕事
薬剤師の中でも、今回は薬局薬剤師にピックアップしてご紹介して行きます。薬局薬剤師の年収や月収、仕事内容や役割、働く上でのメリット、デメリットなども紹介しているので、今後薬局薬剤師への転職を考えているなら是非参考にしてくださいね。
企業で働く薬剤師の給料は?
薬剤師の中でも、今回は企業で働く薬剤師の給料や仕事内容についてまとめました。企業で働く上での薬剤師の役割や、実際に働く上でのメリット、デメリットなどを分かりやすく紹介して行きます。今後企業薬剤師として転職を希望する方や、少しでも興味がある方は是非参考にしてくださいね。
調剤薬局で働く薬剤師の給料
薬剤師の中でも調剤薬局で働く薬剤師にピックアップしてその仕事内容や給料を調査し、まとめました。今現在病院薬剤師やドラッグストアで薬剤師をしていて、今後調剤薬局への転職を考えている場合は、是非参考にしてみてくださいね。
年収が低いと感じているなら?
一般企業よりも比較的年収が高いと言われる薬剤師の仕事ですが、それでも年収が低いと感じている人は少なくありません。そこで、実際に経験年数や年齢などから他の薬剤師と給料比較が出来るようなサイトの紹介や、年収が高い求人の探し方などについて紹介させていただきます。今現在「自分は薬剤師の中でも年収が低い」と感じているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
DIの仕事内容や給料は?
薬剤師の中でもDI(ドラッグインフォメーション)で働く薬剤師の仕事内容や役割、給料や求人の探し方についてまとめました。今後転職を考えている際には、DIへの転職も視野に入れると、選択肢の幅も広がり良いかと思います。まずは仕事内容や役割などを理解し、自分に合うかどうか?を見極めてみてはいかがでしょうか。
PET検査の仕事と給料
薬剤師の仕事の中でも、今回はPET検査に関してまとめてみました。今後転職を考えていて、PET検査に興味がある場合、給与面や仕事内容、求人の探し方については気になる所ではないでしょうか?今回は、これらについて、分かり易くまとめましたので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の給料は?
病院薬局や調剤薬局の中で重要な役割を果たす管理薬剤師ですが、今回はそんな管理薬剤師の終了や平均年収、待遇についてをまとめてみました。苦労の割にあまり報われないイメージも強い管理薬剤師、実際の所はどうなのでしょうか?今後管理薬剤師を目指す方や、今現在管理薬剤師として、待遇や給与面で不満がある場合は是非チェックしてみてくださいね。
管理薬剤師の手当相場は?
管理薬剤師として働くと、基本給とは別に、管理薬剤師の手当てがほとんどの場合貰えます。この管理薬剤師の手当ですが、相場はどれぐらいなのか?と言う点は気になる所です。月にどれぐらい貰えるのか?等を知る事で、今現在管理薬剤師の方は比較も出来ますし、今後管理薬剤師を目指す人にとっては一つの目安になるかと思いますので、是非興味があればチェックしてみてくださいね。
新卒薬剤師の給料まとめ!
新卒薬剤師の給料に関しては、入職する事業所によって大きく変わります。もちろん入りたてなので、そこまで高給与は期待出来ませんが、初任給や手取りに間してはやはり気になる所です。そこで今回は、新卒薬剤師の初任給や手取りなど、給与面に関する事をまとめてみました。今現在給料に不満を抱える新卒薬剤師の方も、これから就職しようと思っている薬学生も是非参考にしてくださいね。
5年目での給料と転職まとめ
薬剤師5年目ともなると、業務は一通り効率よくこなせるようになっているものの、人間関係や給与面で悩みを抱える薬剤師も少なくありません。今回は5年目の薬剤師の給料と転職についてまとめてみました。今後スキルアップやキャリアアップ、給料アップや高待遇を求めるなら、是非こちらの記事をチェックして頂き、今後についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか?
薬剤師の年齢別の年収
薬剤師は生涯を通して働ける職業であり、若い年代から熟練まで様々な年代が活躍する職業です。そんな薬剤師はどの年齢層が多いのでしょう。また、年齢別、性別によっての年収はどうなっているのでしょう。薬剤師の年齢層や年齢別の平均年収を詳しく調査してみました。自分の年収に疑問がある方や薬剤師の年収について知りたい方は是非参考にしてみて下さい。
転職で昇給させるには?
薬剤師が転職する理由は様々ありますが、その中でも「昇給」という転職理由は上位に入ります。長年勤めていても、全然昇給しない・・・と嘆く薬剤師も多いのではないでしょうか。もし、今「昇給」しないと悩んでいたら、転職を考えるのも一つの方法です。「昇給」に関しての悩みや疑問に対する回答や、効率よく昇給させる転職方法などを紹介しています。
店長や薬局長の年収は?
薬剤師のキャリアアップや年収アップに店長になるという道があります。薬局やドラッグストアの店長は店舗の運営やスタッフの指導など様々な仕事を任されており、やりがいのある仕事です。そんな薬剤師の店長の具体的な仕事内容や店長手当、年収について詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
エリアマネージャーについて
薬剤師の給料に関して、学校薬剤師、調剤薬局、病院薬剤師など、それぞれの事業所による給与の違いや、今後のキャリアアップに役立つ給与関係の情報に関してまとめています。今現在少しでも給与面で不満がある場合は是非一度目を通して頂き、今後の将来についてもじっくり考えてみてくださいね。
20代の薬剤師の転職!
20代の前半はまだ入社して間もなく、仕事を覚えるのに手いっぱいですが、20代後半になって周りが見えてくると、やりたい仕事や年収アップの為に転職を考える薬剤師も多くいます。そんな20代の薬剤師の平均年収や転職を成功させるコツについて紹介していますので、転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。
30代の薬剤師の転職!
30代の薬剤師はキャリアアップ、年収アップや新たなる分野へのチャレンジの為に転職したり、結婚や出産などのライフスタイルの変化の為に転職するという人も多いと思います。今現在転職を考えていたり、転職に関して悩んでいる30代の方の為に30代の平均年収や転職に関する注意点、年収をアップさせる転職先などについ...
地方薬剤師の給料まとめ
薬剤師は勤務する地域によって給料に大きな差が出ると言われています。特に地方や田舎で働く薬剤師は、働く人が少ない為高給取りだと言う噂もあります。その実態や地方薬剤師の給料について今回はまとめてみました。
当直手当、どのくらい貰える?
今回は薬剤師の当直手当についてまとめてみました。今現在働きながら当直を経験し、「何となく手当が安いきがする・・・」と感じる方や、これから当直の予定がある薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
収入が低いとお悩みなら!
一般的に見て給料が高いと言われる薬剤師ですが、中には「薬剤師のわりに給料が安い・・・」と悩んでいる人も少なくありません。今回はそんな薬剤師に向けて、収入アップの秘訣をまとめてみました。
ドラッグストアの給料や仕事内容
薬剤師が活躍する職場の一つにドラッグストアがあります。大手のドラッグストアから小規模ドラッグストアなど様々ありますが、ドラッグストアで働く薬剤師の給料相場や仕事内容、ドラッグストアで働くに当たって必要なスキルなどをまとめました。ドラッグストアの仕事に興味がある方は是非参考にしてください。
病院薬剤師は給料が安い?
病院薬剤師は医療の最先端で働く事が出来るやりがいのある仕事ですが、他の薬剤師に比べて給料が安いと言われています。病院薬剤師の給料は本当に安いのか、給料の相場をまとめました。また、病院薬剤師の今後やキャリアパス、スキルアップするには?という内容も紹介していますので是非参考にしてください。
上がらない給与の原因と対処法
薬剤師は一般的な仕事に比べて給料や時給が高い傾向にあります。そんな薬剤師でも給料が安いと悩んでいたり、給料が上がらないと不満を持つ方もいます。薬剤師で給料が安い職場の傾向や給料が上がらない時の原因と対処法などをまとめていますので、給料について不満を感じている方は是非参考にしてください。
薬剤師がもらえる手当まとめ!
薬剤師は職場によっては基本給のほかに手当がつく場合があります。薬剤師手当や夜勤手当などがその例なのですが、その他に貰える手当を詳しくまとめました。貰えるはずの手当てが貰えていない!というトラブルがおこらないよう、良く確認して、しっかりと手当をもらいましょう。