薬剤師 5年目 給料 転職

Pick up news !!

薬剤師5年目での給料と転職まとめ!給与面で不満なら退職すべき?

「薬剤師5年目での給料と転職まとめ!【※給与面で不満なら退職?】」がイメージ出来る画像01

 

薬剤師として働いて5年目ともなると、仕事も一通りこなして、中堅以上の責任ある立場に立たされている人も多いと思います。そんな中「このまま続けていくのか」「キャリアアップを目指すのか」と転職や退職を考え始める時期でもあります。

 

5年も勤務すると職場に慣れてしまい、いざ「転職」を視野に入れても中々腰を上げにくいのではないでしょうか。実際に5年目の薬剤師で転職や退職について悩みを抱えている人も少なくないようです。

 

「このままこの職場で働いていて将来的に大丈夫かな・・・?」 
「薬剤師になって5年、昇給しない。転職すべき?」
「薬剤師5年目、仕事にマンネリしてきた。もっと自分の能力を生かせる職場はある?」
「勤務して5年目、これ以上のスキルアップが見込めない場合は転職すべき?」
「結婚や出産の事を考えたら、退職すべき?」

 

もしかするとあなたも上記のように悩んでいるかもしれません。薬剤師5年目だと30歳前後の人も多く、結婚・出産などのタイミングでもありますし、スキルアップやキャリアアップを考えて動き出す時期でもあります。

 

そこで今回は≪薬剤師5年目の転職や退職、給料≫について記事をまとめてみました。もし今、薬剤師5年目で転職や退職を考えていたら是非参考にしてみて下さい。


薬剤師5年目で辞めたくなる理由まとめ!

「薬剤師5年目で辞めたくなる理由まとめ!」がイメージ出来る画像01

 

薬剤師5年目となり仕事もこなせるようになると、給料やキャリアについて色々考えだすようになる頃です。では実際に5年目の薬剤師はどんな理由で辞めたいと感じるのかその理由をまとめてみました。

人間関係の悪化

薬剤師は女性が多く、専門意識も高い為、人間関係のトラブルが起こりやすいと言われています。

 

さらに5年目の薬剤師は中堅扱いになり、早い人では店長や管理薬剤師になる人もいますし、新人薬剤師の育成の仕事など、責任の重い仕事を任されるようになります。

 

新人の教育をしていると、「新人とそりが合わない」「新人がうまく育たない」「新人のミスを上司にしかられる」「新人と上司の板挟み合っている」というような人間関係のトラブルが起こりやすくなります。

 

更には責任ある仕事を任され始める頃で、仕事と人間関係のストレスから転職を考え始める人が多いようです。

 

給与、待遇面で不満

薬剤師は一般の社会人より初任給は高めに設定されていますが、役職についたりしない限り昇給しにくい職業でもあります。

 

薬剤師5年目になってくると、将来の結婚や出産に向けて貯金を考えたり、家庭と両立出来る勤務時間の所に転職するべきか悩んだりする頃だと思います。

 

そんな時に、ふと給与明細を見ると、「このままの給料で将来的に大丈夫なのかな」「もう薬剤師として5年も経つのに全然給料が上がらない」「家庭を持つと今の勤務体制で両立することが出来るのかな?」、といった不安がよぎるようになります。

 

一度給料面で不満を感じると、仕事に対してもストレスを感じやすくなりますし、もっと好条件の所に転職たいと考え始めてしまいます。

 

スキルアップを目指して

薬剤師5年目になり、通常の業務はほとんどこなせるようになると、新人の頃に感じていたやりがいも少なくなって来ます。

 

もっと自分の能力を生かせるような仕事に就きたいと考え、薬剤師としてスキルアップや将来について真剣に考えるようになるのも、経験5年目の薬剤師に多い悩みだと言えます。

 

特に調剤薬局やドラッグストアなど処方が片寄っている職場では、普通に業務をこなしていても中々スキルアップは難しいかもしれません。

 

5年目になると管理薬剤師として昇格するというのも視野に入ってくる頃でしょう。このように役職がつく職業や、研修認定薬剤師や専門薬剤師などの資格の取得を目指したりする薬剤師が増えてくるのも5年目の頃です。

 

違う分野、キャリアチェンジを考える

薬剤師5年目ともなると、「もっと自分の能力を生かせる所があるのではないか?」、「将来的にどんな薬剤師になりたいのか?」と真剣に考えるようになります。

 

先ほども述べたようにある程度の薬剤師業務を習得すると、今後は管理薬剤師を目指したり、「認定薬剤師」や「専門薬剤師」として専門性を高めようと考える人もいます。

 

また、薬剤師は調剤業務だけでなく、最先端で医療に携わる事が出来る病院薬剤師やドラックストアの店長候補、企業薬剤師やMR、治験コーディネーター、臨床開発モニターなど様々な職業につく事が出来ます。

 

上記の理由から、「今のままマンネリで働いていていいのか?」と悩むようになり、結果的に自分が興味がある分野へと転職を考え始めます。

 

結婚・育児

新卒で薬剤師になって5年目だと30歳前後で、特に女性だと結婚や出産を考え始める頃だと思います。

 

今までは「まだ結婚なんて・・・」と思っていても、パートナーの都合で急遽結婚する事になるかもしれません。

 

そんな時に「このままの勤務体制では、仕事と家庭を両立できない」、「今のまま仕事を続けているといつまでも結婚出来ない」と悩む人も多いようです。

 

勤務先によっては、≪託児所併設≫であったり、≪土日休み≫、≪残業なし≫などの職場もあり、結婚や出産に備えて転職した方が良いのでは?と悩む人も多くいます。

 

今後、結婚、出産を考えた時、給料が多少下がったとしても、家庭と両立出来る勤務体制の所を望んで転職にふみきったり、出産によって退職するのが多いのも5年目の薬剤師なのです。

 

この他にも体力的にきつくなってきたとか、パートナーの転勤、薬剤師自体の仕事に疲れたなど様々な理由があります。あなたにも当てはまった理由があるのではないでしょうか?


薬剤師5年目での退職や転職は不利?それとも有利?

「薬剤師5年目での退職や転職は不利?それとも有利?」がイメージ出来る画像01

 

いざ薬剤師5年目で転職や退職を考えても、「今まで頑張ったのだからもう少し続けた方がいいかも」「5年目で転職して今より条件の良い所に就職できるのだろうか」と不安や疑問を抱えてしまうのではないでしょうか。

薬剤師5年目の転職、まだ早い?

薬剤師5年目は新人でもなくベテランでもない中堅のポジションです。仕事もほとんどこなせるようになり、これ以上働くと、管理薬剤師や店長、リーダーといったもっと責任の重い仕事を任されるようになってきます。

 

そうなってくるともっと辞めにくくなりますし、雇用側からも引きとめられて、転職することが難しくなって行きます。

 

腰をすえて働くつもりなら続けて昇進していくべきですが、転職を考えるなら5年目はベストなタイミングなのではないでしょうか。

 

薬剤師5年目の転職、次の転職活動に不利になる?

薬剤師5年目と言うと、転職の際、即戦力として扱われますし、ベテランの薬剤師を雇うよりコストが安い、といった理由で雇用側からも重宝される年数です。

 

管理薬剤師や店長候補を募集している所でも、実務経験3年に以上といった条件の所が多いですし、むしろ有利に転職活動を行えるでしょう。

 

5年目で辞めるのがオススメな理由!

薬剤師は何度か転職してスキルを上げていく、という人が多い職業です。転職のタイミングとして3年、5年、10年が多く、先ほども述べたように5年目の薬剤師は即戦力でしかもまだ年齢的にも若いので、転職のタイミングとしてはベストなのではないでしょうか。

 

転職の際も、薬剤師は経験によって給料に反映される職業なので、今より条件の良い所に就職しやすい年数でもあります。その際は薬剤師の求人・転職サイトを活用するともっと好条件、高給の所を見つけやすいのでおすすめです。

 

薬剤師5年目の給料相場

薬剤師の転職・求人サイト≪薬キャリ≫によると厚生労働省調査の平均年収が30代で495万円となっています。

 

また30代の平均年収で一番多いのが400万〜500万、次に500万〜600万、その次が600万〜700万で、700万以上と400万未満が同数程でした。

 

薬剤師5年目になると管理薬剤師や店長として役職が就く人もいるので、年収が上がってくる頃だと思います。この平均相場をみて、「私の年収や給料って少ないかも!?」と思ったら転職も視野に入れてみてはいかがでしょう。

 

5年目以降は”年収600万円以上”や”管理職候補”がねらい目!

看護師5年目以降で給料アップを考えた時には、ある程度の条件を満たした求人を狙って応募してみるのもオススメです。

 

当サイトでも紹介しているマイナビ薬剤師の場合、求人検索の条件に以下の様な『年収600万円以上可』と言う絞り込み条件や、『管理職候補』と言うチェック項目があります。

 

「薬剤師5年目の場合、ねらい目は年収600万円以上か管理職候補」がイメージできる画像01

 

こちらを見るとわかりますが、管理職候補の求人が約500件、年収600万円以上可能な求人が約8000件もあります。

 

こういった優良転職サービスを利用し、業界に詳しいキャリアコンサルタントやエージェントに相談すれば、意外と簡単に給料アップやキャリアアップが実現するかもしれません。

 

 

 

薬剤師5年目の悩みや転職、給料に関して紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

 

薬剤師5年目のタイミングを逃すと、その後の転職が余計に難しくなりますし、5年未満で新人の頃の転職は、次の職場探しの際に不利になる可能性もあります。

 

そう考えると、薬剤師5年目と言うのは転職するのに一番良いタイミングなのかもしれませんので、是非前向きに考えてみてくださいね。


薬剤師5年目での給料と転職まとめ!【※給与面で不満なら退職?】関連ページ

学校薬剤師の給料と仕事
勤める事業所によってその仕事内容や役割が変わる薬剤師の仕事。今回は様々な事業所の中から、学校薬剤師に注目してその内容をまとめてみました。基本的な給料は他の薬剤師と比べてどうか?仕事内容や役割はどういったものか?など詳しく紹介して行きます。また、実際に求人を調査し、給与や年収についても紹介していますので、是非転職の際の参考にしてくださいね。
製薬会社で働く薬剤師の給料
製薬会社で働く薬剤師について今回はまとめてみました。製薬会社で働く薬剤師の仕事内容や役割、働く事のメリットやデメリットなど含め、給与面についても調査してみました。今後転職を考えている薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね!
薬局薬剤師の給料と仕事
薬剤師の中でも、今回は薬局薬剤師にピックアップしてご紹介して行きます。薬局薬剤師の年収や月収、仕事内容や役割、働く上でのメリット、デメリットなども紹介しているので、今後薬局薬剤師への転職を考えているなら是非参考にしてくださいね。
病院薬剤師の給料と仕事
病院薬剤師の給料や仕事内容について、今回はまとめてみました。病院薬剤師の役割や働くメリット、デメリットなどを詳しく紹介して行きますので、今後病院薬剤師への転職を考えているなら是非チェックしてみてくださいね。
企業で働く薬剤師の給料は?
薬剤師の中でも、今回は企業で働く薬剤師の給料や仕事内容についてまとめました。企業で働く上での薬剤師の役割や、実際に働く上でのメリット、デメリットなどを分かりやすく紹介して行きます。今後企業薬剤師として転職を希望する方や、少しでも興味がある方は是非参考にしてくださいね。
調剤薬局で働く薬剤師の給料
薬剤師の中でも調剤薬局で働く薬剤師にピックアップしてその仕事内容や給料を調査し、まとめました。今現在病院薬剤師やドラッグストアで薬剤師をしていて、今後調剤薬局への転職を考えている場合は、是非参考にしてみてくださいね。
年収が低いと感じているなら?
一般企業よりも比較的年収が高いと言われる薬剤師の仕事ですが、それでも年収が低いと感じている人は少なくありません。そこで、実際に経験年数や年齢などから他の薬剤師と給料比較が出来るようなサイトの紹介や、年収が高い求人の探し方などについて紹介させていただきます。今現在「自分は薬剤師の中でも年収が低い」と感じているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
DIの仕事内容や給料は?
薬剤師の中でもDI(ドラッグインフォメーション)で働く薬剤師の仕事内容や役割、給料や求人の探し方についてまとめました。今後転職を考えている際には、DIへの転職も視野に入れると、選択肢の幅も広がり良いかと思います。まずは仕事内容や役割などを理解し、自分に合うかどうか?を見極めてみてはいかがでしょうか。
PET検査の仕事と給料
薬剤師の仕事の中でも、今回はPET検査に関してまとめてみました。今後転職を考えていて、PET検査に興味がある場合、給与面や仕事内容、求人の探し方については気になる所ではないでしょうか?今回は、これらについて、分かり易くまとめましたので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の給料は?
病院薬局や調剤薬局の中で重要な役割を果たす管理薬剤師ですが、今回はそんな管理薬剤師の終了や平均年収、待遇についてをまとめてみました。苦労の割にあまり報われないイメージも強い管理薬剤師、実際の所はどうなのでしょうか?今後管理薬剤師を目指す方や、今現在管理薬剤師として、待遇や給与面で不満がある場合は是非チェックしてみてくださいね。
管理薬剤師の手当相場は?
管理薬剤師として働くと、基本給とは別に、管理薬剤師の手当てがほとんどの場合貰えます。この管理薬剤師の手当ですが、相場はどれぐらいなのか?と言う点は気になる所です。月にどれぐらい貰えるのか?等を知る事で、今現在管理薬剤師の方は比較も出来ますし、今後管理薬剤師を目指す人にとっては一つの目安になるかと思いますので、是非興味があればチェックしてみてくださいね。
新卒薬剤師の給料まとめ!
新卒薬剤師の給料に関しては、入職する事業所によって大きく変わります。もちろん入りたてなので、そこまで高給与は期待出来ませんが、初任給や手取りに間してはやはり気になる所です。そこで今回は、新卒薬剤師の初任給や手取りなど、給与面に関する事をまとめてみました。今現在給料に不満を抱える新卒薬剤師の方も、これから就職しようと思っている薬学生も是非参考にしてくださいね。
薬剤師の年齢別の年収
薬剤師は生涯を通して働ける職業であり、若い年代から熟練まで様々な年代が活躍する職業です。そんな薬剤師はどの年齢層が多いのでしょう。また、年齢別、性別によっての年収はどうなっているのでしょう。薬剤師の年齢層や年齢別の平均年収を詳しく調査してみました。自分の年収に疑問がある方や薬剤師の年収について知りたい方は是非参考にしてみて下さい。
転職で昇給させるには?
薬剤師が転職する理由は様々ありますが、その中でも「昇給」という転職理由は上位に入ります。長年勤めていても、全然昇給しない・・・と嘆く薬剤師も多いのではないでしょうか。もし、今「昇給」しないと悩んでいたら、転職を考えるのも一つの方法です。「昇給」に関しての悩みや疑問に対する回答や、効率よく昇給させる転職方法などを紹介しています。
店長や薬局長の年収は?
薬剤師のキャリアアップや年収アップに店長になるという道があります。薬局やドラッグストアの店長は店舗の運営やスタッフの指導など様々な仕事を任されており、やりがいのある仕事です。そんな薬剤師の店長の具体的な仕事内容や店長手当、年収について詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
エリアマネージャーについて
薬剤師の給料に関して、学校薬剤師、調剤薬局、病院薬剤師など、それぞれの事業所による給与の違いや、今後のキャリアアップに役立つ給与関係の情報に関してまとめています。今現在少しでも給与面で不満がある場合は是非一度目を通して頂き、今後の将来についてもじっくり考えてみてくださいね。
20代の薬剤師の転職!
20代の前半はまだ入社して間もなく、仕事を覚えるのに手いっぱいですが、20代後半になって周りが見えてくると、やりたい仕事や年収アップの為に転職を考える薬剤師も多くいます。そんな20代の薬剤師の平均年収や転職を成功させるコツについて紹介していますので、転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。
30代の薬剤師の転職!
30代の薬剤師はキャリアアップ、年収アップや新たなる分野へのチャレンジの為に転職したり、結婚や出産などのライフスタイルの変化の為に転職するという人も多いと思います。今現在転職を考えていたり、転職に関して悩んでいる30代の方の為に30代の平均年収や転職に関する注意点、年収をアップさせる転職先などについ...
地方薬剤師の給料まとめ
薬剤師は勤務する地域によって給料に大きな差が出ると言われています。特に地方や田舎で働く薬剤師は、働く人が少ない為高給取りだと言う噂もあります。その実態や地方薬剤師の給料について今回はまとめてみました。
当直手当、どのくらい貰える?
今回は薬剤師の当直手当についてまとめてみました。今現在働きながら当直を経験し、「何となく手当が安いきがする・・・」と感じる方や、これから当直の予定がある薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
収入が低いとお悩みなら!
一般的に見て給料が高いと言われる薬剤師ですが、中には「薬剤師のわりに給料が安い・・・」と悩んでいる人も少なくありません。今回はそんな薬剤師に向けて、収入アップの秘訣をまとめてみました。
ドラッグストアの給料や仕事内容
薬剤師が活躍する職場の一つにドラッグストアがあります。大手のドラッグストアから小規模ドラッグストアなど様々ありますが、ドラッグストアで働く薬剤師の給料相場や仕事内容、ドラッグストアで働くに当たって必要なスキルなどをまとめました。ドラッグストアの仕事に興味がある方は是非参考にしてください。
病院薬剤師は給料が安い?
病院薬剤師は医療の最先端で働く事が出来るやりがいのある仕事ですが、他の薬剤師に比べて給料が安いと言われています。病院薬剤師の給料は本当に安いのか、給料の相場をまとめました。また、病院薬剤師の今後やキャリアパス、スキルアップするには?という内容も紹介していますので是非参考にしてください。
上がらない給与の原因と対処法
薬剤師は一般的な仕事に比べて給料や時給が高い傾向にあります。そんな薬剤師でも給料が安いと悩んでいたり、給料が上がらないと不満を持つ方もいます。薬剤師で給料が安い職場の傾向や給料が上がらない時の原因と対処法などをまとめていますので、給料について不満を感じている方は是非参考にしてください。
薬剤師がもらえる手当まとめ!
薬剤師は職場によっては基本給のほかに手当がつく場合があります。薬剤師手当や夜勤手当などがその例なのですが、その他に貰える手当を詳しくまとめました。貰えるはずの手当てが貰えていない!というトラブルがおこらないよう、良く確認して、しっかりと手当をもらいましょう。