薬剤師 転職 30代 給料

Pick up news !!

30代の薬剤師の転職!給料をアップさせるコツと成功の秘訣!

「30代の薬剤師の転職!【※給料をアップさせるコツと成功の秘訣!】」がイメージ出来る画像003

 

30代の薬剤師と言うと、ある程度仕事も覚えて、職場の雰囲気にも慣れて、後輩なども出来てくる頃ではないでしょうか。

 

一通り仕事を覚えると、これからどのように仕事をしていくのか、どのような薬剤師になりたいのかといった次のステップを考える時期でもあります。また、年齢的に結婚や出産などのライフスタイルの変化から、必然的に転職を考えると言う方も多いと思います。

 

なかには就職してから、なかなか給料が上がらず、このままでいいのだろうかと悩んだり、人間関係のトラブルなどで転職を考えているという薬剤師もいます。

 

しかし30代で転職するとき、周りやほかの職種の薬剤師の年収が気になったり、うまく転職出来るのだろうかと不安を感じてしまうものです。実際に転職を考える薬剤師は下記のような疑問や悩みを抱えています。

 

30代の薬剤師の平均年収は?
30代で転職するときのデメリットとは?
30代で転職する時の注意点は?
30代で年収がアップする職場とは?

 

そこで今回は30代で転職を考えている薬剤師の方の為に上記のような内容について調査してみました。

 

30代はどのような仕事に就くべきか、仕事とプライベートどちらを優先すべきかなどの選択を迫られる時期でもあります。もし転職に関して悩んでいたら是非参考にしてみて下さい。


30代の薬剤師の年収まとめ!

30代である程度キャリアを積むと、給料に反映されている方もいれば、全く昇給しないと言う方もいると思います。

 

そこで30代の薬剤師の平均月収や平均年収について調査してみました。今の自分の給料と比べてみて、かなり違う・・・と言うのであれば転職を考えてみても良いかもしれません。

30代の薬剤師の平均月収と平均年収

 

月収

賞与・その他

年収

女性

約353,000円

約833,000円

約506万円

男性

約416,000円

約1.011.000円

約600万円

総合

約384,000円

約922,000円

約553万円

※平均年収はきまって支給する現金給与額×12+年間賞与その他特別給与額で算出しています。
※1000円以下は切り捨てています。
※出典元:厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査」

 

「30代の薬剤師の転職!【※給料をアップさせるコツと成功の秘訣!】」がイメージ出来る画像003

30代の平均年収は、女性が506万円、男性が600万円、総合で553万円です。

 

20代の薬剤師の平均年収、女性が360万円、男性が407万円、総合で382万円なので、20代と30代ではだいぶ給料に差が出るようです。

 

年収分布で見ると500万〜600万未満の割合が一番高く、700万円〜1000万円の高年収の割合も20代に比べて高くなっています。

 

 

30代前半・後半で見た平均年収

30代前半・男性

30代後半・男性

30代前半女性

30代後半・女性

平均年収

568万円

633万円

475万円

539万円

 

また、30代前半では平均年収が約521万円で、30代後半になると平均年収が約586万円になります。薬剤師は昇給しにくいと言われる事もありますが、年齢が上がると徐々に年収も上がっているようです。

 

30代の薬剤師はある程度仕事も覚えて、中には管理薬剤師や薬局長、マネージャーなどの役職を任されるという方も増えてくる年代です。そうすると、役職手当や経験による手当も増え、年収も20代に比べるとかなり上がって来ます。

 

しかし年収に満足いっていても、新たなる分野への仕事にチャレンジしたり、結婚や出産などライフスタイルの変化により、転職を考えるという薬剤師も多くいます。

 

30代の薬剤師の職種別平均年収

30代の薬剤師の職種は様々で、その職種によっても給料に差が出てきます。薬剤師専門の転職サイトである薬キャリの調査では30代の職種別平均年収は下記のようになっています。

 

ドラッグストア

調剤薬局

病院

30代の平均年収

558万円

521万円

471万円

 

30代の職種別平均年収ではドラッグストアが一番高くなっています。病院の年収が一番低く、年収で見るとドラッグストアが一番良いように思いますが、医療の最前線に立てるというやりがいを求めて病院への就職や転職を考えるという薬剤師も多く、転職の場合病院の求人は比較的少なく、人気も高い為、ドラッグストアや調剤薬局よりも転職しにくい場合もあります。

 

ここでは企業で働く平均年収は調査出来ませんでした。企業でも開発職やMR、学術など様々な職種があり、その年収は職種や企業によってかなり開きがある為です。修士課程を修了して開発職についていたり、MRや営業で良い成績を収めている場合、30代でも800万円以上の高い年収を得ている薬剤師もいます。

30代の薬剤師の転職【メリットやデメリット、注意点、転職を成功させるコツ】

30代で転職する方には違う分野へチャレンジしたり、キャリアアップ、年収アップを考えている方と結婚や出産などでプライベートを重視した転職を考える方がいると思います。

 

30代で転職する場合のメリットやデメリット、転職の際の注意点や転職を成功させるコツについてまとめてみました。

30代の転職、メリットやデメリットは?

メリット

 

ある程度経験も積んでスキルもある30代は、年齢的にもまだまだ若い為即戦力として転職の際も重宝されます。転職して管理職を目指したり、新たな分野にチャレンジしてみるには良い年代であると言えます。

 

30代になってある程度仕事も覚えて将来が見えてくると、自分の進むべき薬剤師像も明確になってくる方も多く、その仕事への意欲の高さが、転職の際も有利なポイントになります。

 

デメリット

 

20代で入社して30代に入ると、昇給していたり中には役職が付いているという方もいると思います。そのようにある程度満足のいく年収を貰っている場合、転職の際に年収が下がってしまう事もあると言う事を覚悟しておかなければいけません。

 

30代と言うと、キャリアアップして仕事に情熱を傾ける為に転職すると言う方と、ライフスタイルの変化によりプライベートを重視させる為に転職するという方に分かれると思います。プライベートを重視して転職する場合は、年収よりも待遇面や勤務時間を重視する為、必然的に年収は下がってしまいがちです。

 

また、まだまだ薬剤師は人手不足の所も多く、プライベートを重視して転職を考えていても、経験や実績を見込まれて管理職などを任されて、仕事が忙しくなってしまう、というデメリットも考えられます。

 

30代の薬剤師が転職を成功させるコツ

30代の薬剤師の転職、注意点は?

 

転職を成功させるポイント!

薬剤師としてのキャリアプランをある程度はっきりさせておく
納得のいく給与額、仕事をする上で妥協できない条件を明確にする
プライベート重視の場合、無理のない勤務体制で働けるかをよく確認する
違う分野への転職を考えている場合、1からスタートだと言う事を覚悟しておく

 

 

「何となく転職したい・・・」では成功しない!

30代で転職する方の中にはやりたい仕事が明確になり、新たにチャレンジする為に転職をする方もいれば、今の職場に不満があって転職を考える場合もあると思います。

 

今の職場に不満があって転職する場合でも、新たな事にチャレンジする良い機会でもあるので、もう一度自分がやりたい仕事や進むべき薬剤師像を思い描き、ある程度のキャリアプランを立てる事が大切です。

 

ある程度キャリアプランを立てると、自分がやりたい仕事や転職先、転職への条件などを決めやすくなります。なんとなく転職したい!と言う理由では転職先でも不満を抱えたり、同じような失敗を繰り返してしまう可能性が高くなります。

 

家庭との両立を考えるならじっくり検討を!

次に結婚や出産などで転職を考える場合、家庭や子育てとの両立を考えた職場を探さなくてはいけません。仕事と家庭を両立させようと思うと、家族の理解と職場の理解も得られなくてはいけません。

 

子供が急に熱を出したり、時短の勤務を希望したり、家庭の事情で休まなくてはいけない場面も増えてくるからです。

 

転職する為に、少し頑張ればなんとかる、と雇用先の条件を飲んでしまうと後で大変なことになり、家庭も仕事も続けられなくなる、という可能性も考えられます。

 

どちらも両立をする為には、転職先での勤務条件や急な欠勤の場合の事なども詳しく相談し、家庭と仕事を無理なく両立出来る所をじっくり探しましょう。

 

違う分野や業務への転職はある程度の覚悟を!

次に調剤薬局から企業とか、ドラッグストアから病院など違う分野への転職を考えている場合、今までの経験プラスもう一度勉強をしなおす、つまり新人薬剤師という気持ちを持っておく必要があります。30代と言うとある程度経験も積み、今の職場では後輩や部下もついている頃です。しかし違う分野への転職の場合、年下の薬剤師に仕事を教わる、という可能性もあります。

 

それでも年齢は関係なく、1から新たにスタートすると言う気持ちで仕事に臨む必要があります。

 

年収をアップさせるならこんな職場!

 

年収で職場を選ぶなら大手のドラッグストアがおすすめです。ドラッグストアは基本的な給料が高めに設定されている所が多く、営業時間も長い為残業代やその他手当が付く為、他の職種よりも比較的年収が高くなります。

 

また、大手のドラッグストアであれば、一般薬剤師⇒管理薬剤師⇒店長⇒エリアマネージャー⇒本社勤務などのキャリアプランも描きやすく、昇進や昇給を考えている方にはピッタリの職場です。

 

その他には小規模な地方の薬局は都心部に比べて薬剤師の確保が難しい為、給料も高めに設定されています。転居などが問題ない場合はそういった地方で小規模な調剤薬局を狙ってみても良いかもしれません。

 

また、企業のMRやMSは成果報酬の所も多く、成績次第で年収にも反映されるので、営業能力やコミュニケーション能力に自身のある方はチャレンジするというのも一つの道です。

 

 

 

 

30代の薬剤師の年収や転職について今回はまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

ある程度キャリアを積んだ30代の薬剤師は、これからのキャリアプランの為に転職したり、新たなる分野にチャレンジするにはちょうど良い年代です。また、プライベートとの両立を考えたり、これからの人生と仕事について改めて考え始める年代でもあります。

 

転職の際は薬剤師の求人サイトを活用すると、効率よく希望の転職先を探す事が出来ます。コンサルタントに希望の条件ややりたい仕事を納得いくまで相談して、より良い転職先をじっくりと探してみてください。

30代の薬剤師の転職!【※給料をアップさせるコツと成功の秘訣!】関連ページ

学校薬剤師の給料と仕事
勤める事業所によってその仕事内容や役割が変わる薬剤師の仕事。今回は様々な事業所の中から、学校薬剤師に注目してその内容をまとめてみました。基本的な給料は他の薬剤師と比べてどうか?仕事内容や役割はどういったものか?など詳しく紹介して行きます。また、実際に求人を調査し、給与や年収についても紹介していますので、是非転職の際の参考にしてくださいね。
製薬会社で働く薬剤師の給料
製薬会社で働く薬剤師について今回はまとめてみました。製薬会社で働く薬剤師の仕事内容や役割、働く事のメリットやデメリットなど含め、給与面についても調査してみました。今後転職を考えている薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね!
薬局薬剤師の給料と仕事
薬剤師の中でも、今回は薬局薬剤師にピックアップしてご紹介して行きます。薬局薬剤師の年収や月収、仕事内容や役割、働く上でのメリット、デメリットなども紹介しているので、今後薬局薬剤師への転職を考えているなら是非参考にしてくださいね。
病院薬剤師の給料と仕事
病院薬剤師の給料や仕事内容について、今回はまとめてみました。病院薬剤師の役割や働くメリット、デメリットなどを詳しく紹介して行きますので、今後病院薬剤師への転職を考えているなら是非チェックしてみてくださいね。
企業で働く薬剤師の給料は?
薬剤師の中でも、今回は企業で働く薬剤師の給料や仕事内容についてまとめました。企業で働く上での薬剤師の役割や、実際に働く上でのメリット、デメリットなどを分かりやすく紹介して行きます。今後企業薬剤師として転職を希望する方や、少しでも興味がある方は是非参考にしてくださいね。
調剤薬局で働く薬剤師の給料
薬剤師の中でも調剤薬局で働く薬剤師にピックアップしてその仕事内容や給料を調査し、まとめました。今現在病院薬剤師やドラッグストアで薬剤師をしていて、今後調剤薬局への転職を考えている場合は、是非参考にしてみてくださいね。
年収が低いと感じているなら?
一般企業よりも比較的年収が高いと言われる薬剤師の仕事ですが、それでも年収が低いと感じている人は少なくありません。そこで、実際に経験年数や年齢などから他の薬剤師と給料比較が出来るようなサイトの紹介や、年収が高い求人の探し方などについて紹介させていただきます。今現在「自分は薬剤師の中でも年収が低い」と感じているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
DIの仕事内容や給料は?
薬剤師の中でもDI(ドラッグインフォメーション)で働く薬剤師の仕事内容や役割、給料や求人の探し方についてまとめました。今後転職を考えている際には、DIへの転職も視野に入れると、選択肢の幅も広がり良いかと思います。まずは仕事内容や役割などを理解し、自分に合うかどうか?を見極めてみてはいかがでしょうか。
PET検査の仕事と給料
薬剤師の仕事の中でも、今回はPET検査に関してまとめてみました。今後転職を考えていて、PET検査に興味がある場合、給与面や仕事内容、求人の探し方については気になる所ではないでしょうか?今回は、これらについて、分かり易くまとめましたので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の給料は?
病院薬局や調剤薬局の中で重要な役割を果たす管理薬剤師ですが、今回はそんな管理薬剤師の終了や平均年収、待遇についてをまとめてみました。苦労の割にあまり報われないイメージも強い管理薬剤師、実際の所はどうなのでしょうか?今後管理薬剤師を目指す方や、今現在管理薬剤師として、待遇や給与面で不満がある場合は是非チェックしてみてくださいね。
管理薬剤師の手当相場は?
管理薬剤師として働くと、基本給とは別に、管理薬剤師の手当てがほとんどの場合貰えます。この管理薬剤師の手当ですが、相場はどれぐらいなのか?と言う点は気になる所です。月にどれぐらい貰えるのか?等を知る事で、今現在管理薬剤師の方は比較も出来ますし、今後管理薬剤師を目指す人にとっては一つの目安になるかと思いますので、是非興味があればチェックしてみてくださいね。
新卒薬剤師の給料まとめ!
新卒薬剤師の給料に関しては、入職する事業所によって大きく変わります。もちろん入りたてなので、そこまで高給与は期待出来ませんが、初任給や手取りに間してはやはり気になる所です。そこで今回は、新卒薬剤師の初任給や手取りなど、給与面に関する事をまとめてみました。今現在給料に不満を抱える新卒薬剤師の方も、これから就職しようと思っている薬学生も是非参考にしてくださいね。
5年目での給料と転職まとめ
薬剤師5年目ともなると、業務は一通り効率よくこなせるようになっているものの、人間関係や給与面で悩みを抱える薬剤師も少なくありません。今回は5年目の薬剤師の給料と転職についてまとめてみました。今後スキルアップやキャリアアップ、給料アップや高待遇を求めるなら、是非こちらの記事をチェックして頂き、今後についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか?
薬剤師の年齢別の年収
薬剤師は生涯を通して働ける職業であり、若い年代から熟練まで様々な年代が活躍する職業です。そんな薬剤師はどの年齢層が多いのでしょう。また、年齢別、性別によっての年収はどうなっているのでしょう。薬剤師の年齢層や年齢別の平均年収を詳しく調査してみました。自分の年収に疑問がある方や薬剤師の年収について知りたい方は是非参考にしてみて下さい。
転職で昇給させるには?
薬剤師が転職する理由は様々ありますが、その中でも「昇給」という転職理由は上位に入ります。長年勤めていても、全然昇給しない・・・と嘆く薬剤師も多いのではないでしょうか。もし、今「昇給」しないと悩んでいたら、転職を考えるのも一つの方法です。「昇給」に関しての悩みや疑問に対する回答や、効率よく昇給させる転職方法などを紹介しています。
店長や薬局長の年収は?
薬剤師のキャリアアップや年収アップに店長になるという道があります。薬局やドラッグストアの店長は店舗の運営やスタッフの指導など様々な仕事を任されており、やりがいのある仕事です。そんな薬剤師の店長の具体的な仕事内容や店長手当、年収について詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
エリアマネージャーについて
薬剤師の給料に関して、学校薬剤師、調剤薬局、病院薬剤師など、それぞれの事業所による給与の違いや、今後のキャリアアップに役立つ給与関係の情報に関してまとめています。今現在少しでも給与面で不満がある場合は是非一度目を通して頂き、今後の将来についてもじっくり考えてみてくださいね。
20代の薬剤師の転職!
20代の前半はまだ入社して間もなく、仕事を覚えるのに手いっぱいですが、20代後半になって周りが見えてくると、やりたい仕事や年収アップの為に転職を考える薬剤師も多くいます。そんな20代の薬剤師の平均年収や転職を成功させるコツについて紹介していますので、転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。
地方薬剤師の給料まとめ
薬剤師は勤務する地域によって給料に大きな差が出ると言われています。特に地方や田舎で働く薬剤師は、働く人が少ない為高給取りだと言う噂もあります。その実態や地方薬剤師の給料について今回はまとめてみました。
当直手当、どのくらい貰える?
今回は薬剤師の当直手当についてまとめてみました。今現在働きながら当直を経験し、「何となく手当が安いきがする・・・」と感じる方や、これから当直の予定がある薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
収入が低いとお悩みなら!
一般的に見て給料が高いと言われる薬剤師ですが、中には「薬剤師のわりに給料が安い・・・」と悩んでいる人も少なくありません。今回はそんな薬剤師に向けて、収入アップの秘訣をまとめてみました。
ドラッグストアの給料や仕事内容
薬剤師が活躍する職場の一つにドラッグストアがあります。大手のドラッグストアから小規模ドラッグストアなど様々ありますが、ドラッグストアで働く薬剤師の給料相場や仕事内容、ドラッグストアで働くに当たって必要なスキルなどをまとめました。ドラッグストアの仕事に興味がある方は是非参考にしてください。
病院薬剤師は給料が安い?
病院薬剤師は医療の最先端で働く事が出来るやりがいのある仕事ですが、他の薬剤師に比べて給料が安いと言われています。病院薬剤師の給料は本当に安いのか、給料の相場をまとめました。また、病院薬剤師の今後やキャリアパス、スキルアップするには?という内容も紹介していますので是非参考にしてください。
上がらない給与の原因と対処法
薬剤師は一般的な仕事に比べて給料や時給が高い傾向にあります。そんな薬剤師でも給料が安いと悩んでいたり、給料が上がらないと不満を持つ方もいます。薬剤師で給料が安い職場の傾向や給料が上がらない時の原因と対処法などをまとめていますので、給料について不満を感じている方は是非参考にしてください。
薬剤師がもらえる手当まとめ!
薬剤師は職場によっては基本給のほかに手当がつく場合があります。薬剤師手当や夜勤手当などがその例なのですが、その他に貰える手当を詳しくまとめました。貰えるはずの手当てが貰えていない!というトラブルがおこらないよう、良く確認して、しっかりと手当をもらいましょう。