薬剤師 20代 年収 転職

Pick up news !!

20代の薬剤師の転職!給料をアップさせるコツと成功の秘訣!

「20代の薬剤師の転職!【※給料をアップさせるコツと成功の秘訣!】」がイメージ出来る画像003

 

20代の薬剤師というとまだまだ若手で、20代の前半はまだ入社して間もなく、仕事を覚えるのに手いっぱいですが、20代後半になって周りが見えてくると、やりたい仕事や年収アップの為に転職を考える薬剤師も多くいます。

 

しかしいざ転職を考えた時、もっと続けてキャリアを積むべきか、転職して環境を変えるべきか迷ってしまい、なかなか転職に踏み切れないものです。

 

20代の薬剤師の転職はメリットもあればもちろんデメリットもあります・・・。そこで今回は20代で転職を考えている薬剤師の方の為に、下記のような内容について調査してみました。

 

20代の薬剤師の平均年収は?
20代で転職するときのデメリットとは?
20代で転職する時の注意点は?
20代で転職して年収を上げることは出来る?

 

もし今の年収に不満を持っていたり、次のステップへ進む為に転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。


20代の薬剤師の年収相場や給与状況!

20代の薬剤師は仕事に対する年収に満足いっている人もいれば、役職やキャリアなどが反映されず給料に不満を持つ薬剤師もいます。では20代の薬剤師の平均月収や平均年収はどのくらいなのでしょう。

20代の薬剤師の平均月収と平均年収

 

月収

賞与・その他

年収

女性

約277,000円

約276,000円

約360万円

男性

約312,000円

約327,000円

約407万円

総合

約294,000円

約301,000円

約382万円

※平均年収はきまって支給する現金給与額×12+年間賞与その他特別給与額で算出しています。
※1000円以下は切り捨てています。
※出典元:厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査」

 

「20代の薬剤師の転職!【※給料をアップさせるコツと成功の秘訣!】」がイメージ出来る画像003

20代の薬剤師の平均年収は女性が360万円、男性が407万円、総合で382万円です。

 

20代前半では平均月収が約26万円、平均年収が約310万円で20代後半になると平均月収が約32万円、平均年収が約435万円になり、20代の前半と後半でも大きく年収に差が出てきます。

 

20代前半と言うと薬学部をストレートに卒業して就職すると言う事で、人数が少なく、初任給も一般企業並みか、少し多いくらいと言う事になります。

 

20代の薬剤師は管理薬剤師などの役職についている事が少なく、仕事内容が給料にも反映されていない事が多い為、給料に不満をもつ薬剤師も少なくありません。

 

20代の薬剤師の職種別平均年収

20代の薬剤師の職種は様々で、その職種によっても給料に差が出てきます。薬剤師専門の転職サイトである薬キャリの調査では20代の職種別平均年収は下記のようになっています。

 

ドラッグストア

調剤薬局

病院

20代の平均年収

537万円

461万円

416万円

 

この調査ではドラッグストアの平均年収が一番高くなっています。ドラッグストアは営業時間が長く残業も多い為、その残業代やその他賞与などが高いという理由も考えられます。

 

ここでは企業で働く平均年収は調査出来ませんでしたが、企業でも開発職やMR、学術など様々な職種があり、その年収は職種や企業によってかなり開きがある為です。修士課程を修了して開発職についていたり、MRや営業で良い成績を収めている場合、20代でも600万以上の高い年収を得ている薬剤師もいます。

20代で転職するメリットやデメリット、注意点、転職を成功させるコツ!

20代の薬剤師はその職種や企業によって年収は様々です。スキルが年収に反映されて、満足いく年収を貰っている薬剤師もいれば、年収に不満を持つ薬剤師もいます。

 

また、仕事面や人間関係、給料に関して不満を持ち、20代でも転職を考える薬剤師は多くいます。

 

せっかく転職するなら、仕事面でも給料面でも納得のいく転職をしたいと思いますよね。そこで20代で転職する場合のメリットやデメリット、転職の際の注意点や転職を成功させるコツについてまとめてみました。

20代の転職、メリットやデメリットは?

メリット

 

20代で転職することの最大のメリットは「若さ」です。薬剤師は特に人事育成に力を入れている企業が多く、中途採用でも勉強会や研修などがあり仕事を覚えやすい職業です。

 

その為、20代や40代での転職よりも、調剤のくせなどがなく、新しい事を受け入れやすい20代の薬剤師は転職先でも重宝されます。そして、給与面でもさほど高額を出さなくてよい分、雇用側も若い薬剤師の方が受け入れやすいようです。

 

まだ将来、理想の薬剤師像が決まっていなかったり、やりたい仕事が定まっていない場合は、若く順能力があるうちに違う職種にチャレンジしてみるのも一つの方法です。

 

デメリット

 

20代で転職と言うと、入社して間もなく退職すると言う事になります。その為薬剤師としての経験やキャリアを十分に積まずに転職することになるので、即戦力を求めている企業には転職し難いと言う事も考えられます。

 

また、面接の際も転職してどのような仕事がしたいのか、という熱意がうまく伝えられないと「またすぐに辞めてしまうのではないか」という不信感を与えてしまう場合もあり、20代のうちの転職も不利になりかねません。

 

20代の薬剤師が転職を成功させるコツ

20代の薬剤師の転職、注意点は?

 

転職を成功させるポイント!

やりたい仕事内容や勤務の条件、最低の給与額を明確にする
面接ではとにかくポジティブに!仕事への熱意を伝える
職場への不満があった場合、自分でも改善出来るポイントがあれば努力する

 

今の職場に不満があってなくとなく転職しては、うまくいくものもうまくいきません。しかし先ほども紹介した通り、20代のうちの転職は、仕事に対する意欲や熱意があれば不利になる事はありません。

 

転職の際に重要なのは、転職先で自分がどのように仕事に貢献できるのか、転職してどのような仕事がしたいかなどその意欲を転職先に伝える事です。

 

前の職場を辞めた理由が、人間関係のこじれだったり、給与や待遇に対する不満であったとしても、そのまま伝えてしまうとどうしても不利になってしまいます。ですので面接の際にポジティブな転職理由をしっかりと伝える事が出来るように、シュミレーションしておきましょう。

 

そして、転職する前に、自分がどうして転職したいのか、次の職場ではどのような仕事がしたいのか、仕事に対して求める条件を明確にさせておきましょう。

 

今の職場に「不満があるから、早く転職したい」となんとなく転職をしても、また同じような失敗を繰り返してしまいます。自分がやりたい仕事や給与額、条件をはっきりとさせてより良い転職先をじっくり探しましょう。

 

そして、職場に不満ばかり持っていても、良い仕事をする事や仕事の能力を伸ばす事は出来ません。20代の薬剤師がこれからどんどんキャリアアップして年収を上げていくには、不満に対して自分が改善出来るポイントを考える事。そして、キャリアを積む為の努力を惜しまない事です。

 

年収をアップさせるならこんな職場!

 

一般的に薬剤師の職種の中で、一番給料が良いのがドラックストアです。給料を重視するなら大手のドラッグストアをメインに探すと良いでしょう。

 

大手のドラッグストアであれば、一般薬剤師⇒管理薬剤師⇒薬局長⇒エリアマネージャー⇒本社勤務などのキャリアプランも描きやすく、長期的に年収アップをはかれます。

 

その他には地方だと薬剤師の確保が難しい為、給料も高めに設定されています。転居などが問題ない場合はそういった地方で小規模な調剤薬局を狙ってみても良いかもしれません。

 

また、企業のMRやMSは自分の実力次第で年収を上げる事が可能なので、営業能力やコミュニケーション能力に自身のある方はチャレンジするというのも一つの道です。

 

 

 

 

20代の薬剤師の年収や転職について今回はまとめて紹介しました。

 

まだまだ若手で、これからどんどんキャリアを積んでいける20代の薬剤師は、仕事への意欲があれば、転職は難しくありません。むしろキャリアを積んで進む方向を決める事が出来るチャンスでもあります。

 

転職の際は薬剤師の求人サイトを活用して、コンサルタントに希望の条件ややりたい仕事を良く相談する事で、自分の希望に合った求人を紹介してもらう事も出来ますので、是非理想の求人をじっくりと探してみてください。

 

20代の薬剤師の転職!【※給料をアップさせるコツと成功の秘訣!】関連ページ

学校薬剤師の給料と仕事
勤める事業所によってその仕事内容や役割が変わる薬剤師の仕事。今回は様々な事業所の中から、学校薬剤師に注目してその内容をまとめてみました。基本的な給料は他の薬剤師と比べてどうか?仕事内容や役割はどういったものか?など詳しく紹介して行きます。また、実際に求人を調査し、給与や年収についても紹介していますので、是非転職の際の参考にしてくださいね。
製薬会社で働く薬剤師の給料
製薬会社で働く薬剤師について今回はまとめてみました。製薬会社で働く薬剤師の仕事内容や役割、働く事のメリットやデメリットなど含め、給与面についても調査してみました。今後転職を考えている薬剤師の方は是非チェックしてみてくださいね!
薬局薬剤師の給料と仕事
薬剤師の中でも、今回は薬局薬剤師にピックアップしてご紹介して行きます。薬局薬剤師の年収や月収、仕事内容や役割、働く上でのメリット、デメリットなども紹介しているので、今後薬局薬剤師への転職を考えているなら是非参考にしてくださいね。
病院薬剤師の給料と仕事
病院薬剤師の給料や仕事内容について、今回はまとめてみました。病院薬剤師の役割や働くメリット、デメリットなどを詳しく紹介して行きますので、今後病院薬剤師への転職を考えているなら是非チェックしてみてくださいね。
企業で働く薬剤師の給料は?
薬剤師の中でも、今回は企業で働く薬剤師の給料や仕事内容についてまとめました。企業で働く上での薬剤師の役割や、実際に働く上でのメリット、デメリットなどを分かりやすく紹介して行きます。今後企業薬剤師として転職を希望する方や、少しでも興味がある方は是非参考にしてくださいね。
調剤薬局で働く薬剤師の給料
薬剤師の中でも調剤薬局で働く薬剤師にピックアップしてその仕事内容や給料を調査し、まとめました。今現在病院薬剤師やドラッグストアで薬剤師をしていて、今後調剤薬局への転職を考えている場合は、是非参考にしてみてくださいね。
年収が低いと感じているなら?
一般企業よりも比較的年収が高いと言われる薬剤師の仕事ですが、それでも年収が低いと感じている人は少なくありません。そこで、実際に経験年数や年齢などから他の薬剤師と給料比較が出来るようなサイトの紹介や、年収が高い求人の探し方などについて紹介させていただきます。今現在「自分は薬剤師の中でも年収が低い」と感じているようなら、是非参考にしてもらえればと思います。
DIの仕事内容や給料は?
薬剤師の中でもDI(ドラッグインフォメーション)で働く薬剤師の仕事内容や役割、給料や求人の探し方についてまとめました。今後転職を考えている際には、DIへの転職も視野に入れると、選択肢の幅も広がり良いかと思います。まずは仕事内容や役割などを理解し、自分に合うかどうか?を見極めてみてはいかがでしょうか。
PET検査の仕事と給料
薬剤師の仕事の中でも、今回はPET検査に関してまとめてみました。今後転職を考えていて、PET検査に興味がある場合、給与面や仕事内容、求人の探し方については気になる所ではないでしょうか?今回は、これらについて、分かり易くまとめましたので、是非ご参考頂ければと思います。
管理薬剤師の給料は?
病院薬局や調剤薬局の中で重要な役割を果たす管理薬剤師ですが、今回はそんな管理薬剤師の終了や平均年収、待遇についてをまとめてみました。苦労の割にあまり報われないイメージも強い管理薬剤師、実際の所はどうなのでしょうか?今後管理薬剤師を目指す方や、今現在管理薬剤師として、待遇や給与面で不満がある場合は是非チェックしてみてくださいね。
管理薬剤師の手当相場は?
管理薬剤師として働くと、基本給とは別に、管理薬剤師の手当てがほとんどの場合貰えます。この管理薬剤師の手当ですが、相場はどれぐらいなのか?と言う点は気になる所です。月にどれぐらい貰えるのか?等を知る事で、今現在管理薬剤師の方は比較も出来ますし、今後管理薬剤師を目指す人にとっては一つの目安になるかと思いますので、是非興味があればチェックしてみてくださいね。
新卒薬剤師の給料まとめ!
新卒薬剤師の給料に関しては、入職する事業所によって大きく変わります。もちろん入りたてなので、そこまで高給与は期待出来ませんが、初任給や手取りに間してはやはり気になる所です。そこで今回は、新卒薬剤師の初任給や手取りなど、給与面に関する事をまとめてみました。今現在給料に不満を抱える新卒薬剤師の方も、これから就職しようと思っている薬学生も是非参考にしてくださいね。
5年目での給料と転職まとめ
薬剤師5年目ともなると、業務は一通り効率よくこなせるようになっているものの、人間関係や給与面で悩みを抱える薬剤師も少なくありません。今回は5年目の薬剤師の給料と転職についてまとめてみました。今後スキルアップやキャリアアップ、給料アップや高待遇を求めるなら、是非こちらの記事をチェックして頂き、今後についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか?
薬剤師の年齢別の年収
薬剤師は生涯を通して働ける職業であり、若い年代から熟練まで様々な年代が活躍する職業です。そんな薬剤師はどの年齢層が多いのでしょう。また、年齢別、性別によっての年収はどうなっているのでしょう。薬剤師の年齢層や年齢別の平均年収を詳しく調査してみました。自分の年収に疑問がある方や薬剤師の年収について知りたい方は是非参考にしてみて下さい。
転職で昇給させるには?
薬剤師が転職する理由は様々ありますが、その中でも「昇給」という転職理由は上位に入ります。長年勤めていても、全然昇給しない・・・と嘆く薬剤師も多いのではないでしょうか。もし、今「昇給」しないと悩んでいたら、転職を考えるのも一つの方法です。「昇給」に関しての悩みや疑問に対する回答や、効率よく昇給させる転職方法などを紹介しています。
店長や薬局長の年収は?
薬剤師のキャリアアップや年収アップに店長になるという道があります。薬局やドラッグストアの店長は店舗の運営やスタッフの指導など様々な仕事を任されており、やりがいのある仕事です。そんな薬剤師の店長の具体的な仕事内容や店長手当、年収について詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。
エリアマネージャーについて
薬剤師の給料に関して、学校薬剤師、調剤薬局、病院薬剤師など、それぞれの事業所による給与の違いや、今後のキャリアアップに役立つ給与関係の情報に関してまとめています。今現在少しでも給与面で不満がある場合は是非一度目を通して頂き、今後の将来についてもじっくり考えてみてくださいね。
30代の薬剤師の転職!
30代の薬剤師はキャリアアップ、年収アップや新たなる分野へのチャレンジの為に転職したり、結婚や出産などのライフスタイルの変化の為に転職するという人も多いと思います。今現在転職を考えていたり、転職に関して悩んでいる30代の方の為に30代の平均年収や転職に関する注意点、年収をアップさせる転職先などについ...
地方薬剤師の給料まとめ
薬剤師は勤務する地域によって給料に大きな差が出ると言われています。特に地方や田舎で働く薬剤師は、働く人が少ない為高給取りだと言う噂もあります。その実態や地方薬剤師の給料について今回はまとめてみました。
当直手当、どのくらい貰える?
今回は薬剤師の当直手当についてまとめてみました。今現在働きながら当直を経験し、「何となく手当が安いきがする・・・」と感じる方や、これから当直の予定がある薬剤師の方は是非参考にしてくださいね。
収入が低いとお悩みなら!
一般的に見て給料が高いと言われる薬剤師ですが、中には「薬剤師のわりに給料が安い・・・」と悩んでいる人も少なくありません。今回はそんな薬剤師に向けて、収入アップの秘訣をまとめてみました。
ドラッグストアの給料や仕事内容
薬剤師が活躍する職場の一つにドラッグストアがあります。大手のドラッグストアから小規模ドラッグストアなど様々ありますが、ドラッグストアで働く薬剤師の給料相場や仕事内容、ドラッグストアで働くに当たって必要なスキルなどをまとめました。ドラッグストアの仕事に興味がある方は是非参考にしてください。
病院薬剤師は給料が安い?
病院薬剤師は医療の最先端で働く事が出来るやりがいのある仕事ですが、他の薬剤師に比べて給料が安いと言われています。病院薬剤師の給料は本当に安いのか、給料の相場をまとめました。また、病院薬剤師の今後やキャリアパス、スキルアップするには?という内容も紹介していますので是非参考にしてください。
上がらない給与の原因と対処法
薬剤師は一般的な仕事に比べて給料や時給が高い傾向にあります。そんな薬剤師でも給料が安いと悩んでいたり、給料が上がらないと不満を持つ方もいます。薬剤師で給料が安い職場の傾向や給料が上がらない時の原因と対処法などをまとめていますので、給料について不満を感じている方は是非参考にしてください。
薬剤師がもらえる手当まとめ!
薬剤師は職場によっては基本給のほかに手当がつく場合があります。薬剤師手当や夜勤手当などがその例なのですが、その他に貰える手当を詳しくまとめました。貰えるはずの手当てが貰えていない!というトラブルがおこらないよう、良く確認して、しっかりと手当をもらいましょう。